モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS ニコンファンミーティング2018に行ってきた!

<<   作成日時 : 2018/09/23 21:21  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ニコンは昨年、創業100周年を迎え、会社として初めてのファンミーティングを開催しました。

(そのときの記事がこちら →   )

そして創業101周年の今年、2回目となるファンミーティングが開催されたのです。


画像




昨年のニコンは創業100周年という記念すべき年でありながら、業績は低迷し、前半は決していい状態とはいえませんでした。
ネット上などでも、「大丈夫か、ニコン!?」という意見が多く見られました。

しかし、8月末に高性能一眼レフ「D850」が発表されて状況が一変しました。
「一眼レフの完成形」ともいえるようなハイスペックと、そのスペックからすれば「安すぎるのではないか」とすら言われた価格設定で、9月に発売されてからも品薄状態が何か月も続くほどのヒット商品となり、少なからずニコンの経営を救ったのではないかと言われています。

そんなD850発表、発売のタイミングで昨年のファンミーティングは開催されました。
当然、会場の主役はD850です。
D850のタッチ&トライに多くの人が殺到しました。
これが昨年のファンミーティングの様子でした。


そして2018年。
今年の主役はなんといっても先月発表されたニコン初のフルサイズミラーレスカメラ「Z7/Z6」です。

画像


会場はほぼZシリーズのプロモーションの場といってもいい状況でした。
もちろん、お客さんの一番の関心事がZシリーズであることから、そうなるのは当然といえば当然ですが。
私もこの会場で初めて実物のZに触れました。

画像


ソニーのα7シリーズよりは大きいとはいえ、一眼レフと比較すれば十分コンパクトなボディ。
かつてのフィルムカメラに近い感覚でした。
握りやすいグリップ、ニコンの一眼レフを使っている人ならばほぼ違和感なく操作できるレイアウト、そして非常に高精細で綺麗なファインダー(EVF)。

あまり「ミラーレス」ということを意識せず、普通にこれまで使っているカメラと同じような感覚で扱えるのが特徴といえば特徴でしょうか。

画像


ネット上などでは、やれ瞳AFがないだの、カードスロットがシングル(しかもSDではなくXQD)だの、スペック的に大したことないだの、さんざんな言われようをしているZシリーズですが、実機を手にとってみると、そんなことはまったく気にならず、普通に「いい写真機だな」と思わせるものがあります。

画像


確かに動きもの等に対しては、いまだ一眼レフの方に一日の長があると思われますが、それ以外の撮影シーンについては一眼レフともうほとんど差はないのではないでしょうか。
「差」というのは、スペック云々ということではなくて、使い心地、使い勝手といった面のことです。

画像


もちろん、光学ファインダー(OVF)と電子ファインダー(EVF)という違いはありますから、どうしてもOVFでなければ、という方もおわれるだろうし、逆に一度EVFの利便性を知ってしまうとOVFには戻れない、という方もおられることでしょう。
それは好みの話ですからどちらが正しいとか、間違っているとかいうことではありません。

画像


私個人のことで言えば、どちらかというとOVF(一眼レフ)の方が好みです。
でも、EVF(すなわちミラーレスカメラ)の良さも十分理解しているし、今後こちらが主流になっていくであろうことも分かっているつもりです。ですから、一眼レフが好みであり、当分はメインとして使っていくことに変わりはないが、ミラーレスを使用することに対してもなんら抵抗はありません。

画像


なんだか「ニコンファンミーティング」とは直接関係のない内容ばかりになってしまいました(笑)
話をファンミーティングに戻しましょう。

昨年同様、今回も「ニコン クイズグランプリ」が開催されました。
優勝者はなんと、昨年もグランプリを獲得した人だそうです。つまり2連覇というわけです。
画像



昨年も設置されていた、ファンからニコンへのメッセージコーナーです。
今年はやはり「Z」に関するコメントが多かったですが、昨年同様、「Df2」を望む声も相変わらず見られました。
画像
≪撮影機材:以上すべてNikon D750 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D (1枚目トリミング)≫


最後は恒例の集合写真。
昨年は最後まで会場にいなかったので撮影に加われませんでしたが、今年はしっかり写ってきました。といっても私の顔は半分以上隠れてしまっていますが・・・(笑)
撮影してくださったのは写真家の河野英喜先生です。
(クリックすると大きな画像で見られます)
画像



さて、8月23日にニコンZが発表されてから遅れること約2週間後の9月5日、今度はキャノンがフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を発表しました。これで短期間で2強のフルサイズミラーレスカメラが出そろったことになります。

画像



当初は先行するソニーとキヤノン、ニコンの三つ巴になるかと思われていましたが、さらにまさかのパナソニックが、9月25日にフルサイズミラーレスカメラを発表すると言われています。

これは当初、独自マウントで出てくると言われていましたが、どうやらライカのフルサイズミラーレスカメラ「SLマウント」にシグマ、パナソニック、ライカの3社連合で参戦することになるようです。

ここへ来てフルサイズミラーレス戦線が一挙に慌ただしくなってきました。特にパナ、シグ、ライカ連合の出方が非常に興味深く、どんなシステムになるのかとても楽しみであります。




2018.9.16 大阪市福島区



【関連記事】
『ニコンファンミーティングに行ってきた! 前編』(2017年9月6日)
『ニコンファンミーティングに行ってきた! 後編』(2017年9月20日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜♪
ニコンファンミーティングに行かれたんですね!
昨年開催の盛り上がりの状況から、今年もやってくれると思ってましたが、ホントに実現できて良かったです。
昨年のD850の発売後、業績が復調し、フルサイズミラーレス一眼の発売までできたニコンはもう大丈夫だと思います。
個人的には、高級コンデジを出してくれたらいいな〜と思ってるんですが…

私の地元での開催は、まだ先なんですが、仕事が入ってるので、何とかして別の会場に行きたいな〜と、計画をしています。
とにかく、会場に足を運ぶことがニコンファンの使命だと思います!!
集合写真のyamatakaさん、しっかりと確認しましたよ〜!
来年の開催時には、顔全部見せでお願いします(笑)。
SONIC800
URL
2018/09/24 18:47
>SONICさん
コメントありがとうございます♪
お返事が大変遅くなってしまって申し訳ありません。
公私ともに鬼のように忙しくて、ほとんどブログの確認もできませんでした。
仕事の方が昨日でようやく落ち着いたので、やっとブログもゆっくり見ることができました(笑)

ファンミーティング、楽しかったですよ。集合写真、すぐに分かっちゃいました(笑)?
昨年に引き続きの参加ですが、改めて、ニコンは多くのファンに支えられているなあと感じました。
Zシリーズはいろいろ言われていますが、普通に使いやすい、いいカメラだと思いますよ。もちろん、ソニーのαやキヤノンのEOS Rも同様です。今どき「悪いカメラ」なんてないと思いますし(笑)
Z7はたしかにお高くておいそれとは手が出ないですが、まもなく発売されるZ6はバランスの良いスペックで少し値段がこなれてきたらけっこう売れるんじゃないかなと思っています。

かくいう私も、Z6が気になっていたんですが、ヨドバシに行ったときに、Z7の横に並んでいたDfを触ってみて、今さらですが欲しくなってしまいました(笑)
今となってはデザイン以外は特筆するようなカメラではないかもしれませんが、性能的にも画質的にも必要十分な水準を保っていますし、おそらく今後も後継機は出ないと思いますが、その分長く現行モデルとして販売され、愛用できるのではないかと。

ただ、カメラの総数としては今後減らしていこうと思っていますので、これから機材の整理が必要ですが(笑)
yamataka
2018/11/04 00:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ニコンファンミーティング2018に行ってきた! モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる