モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS ついに解禁!ニコンのフルサイズミラーレスカメラ「Nikon Z7/Z6」

<<   作成日時 : 2018/08/23 22:58  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

かねてよりの情報通り、本日13時、ニコン初のフルサイズミラーレスカメラ「Nikon Z7/Z6」が発表されました。

画像



マウントは新たに開発された「ニコンZマウント」を採用。
「ニコン Z マウントシステム」は、大口径の新マウント採用のミラーレスカメラ、それに対応するNIKKOR Z レンズおよびアクセサリーで構成するシステムです。
新次元の光学性能を追求し誕生したこのシステムは、デジタル一眼レフカメラ「D」シリーズを中心に培ってきた画作りや優れた操作性、高い信頼性などの、ニコンクオリティーを継承しているとのこと。

画像



NIKKOR Z レンズは、大口径の新マウントの採用により、レンズ設計の自由度が格段に上がり、光学性能の驚異的な向上を実現。ニコン史上最高(※ニコンカメラ用の交換レンズにおいて)の開放F値0.95の極めて明るいレンズなど、多彩な高性能レンズを今後提供していくそうです。

画像


画像


画像



また、「マウントアダプター FTZ」を介して、豊富なレンズバリエーションを誇るニコン一眼レフカメラ用NIKKOR F レンズが使用可能です。

画像


画像



さすが満を持して登場しただけあって、出し惜しみの感じられない、気合の入った製品に仕上げられています。
「ニコワンの失敗(?)」を教訓に、今回は大方のユーザーにとって満足のいく仕様になっていると思います。

製品カテゴリも「レンズ交換式アドバンスドカメラ」なんていうわけのわからない(失礼、笑)名称はやめて素直に「ミラーレスカメラ」になっていますし(笑)


画像




機能やスペックはあまりに満載でここでは書ききれない(単に書くのがめんどくさい?笑)ので、個人的に気のついた点をいくつか。

【1】サイズ
今回登場したZ7/Z6のボディサイズは約134×100.5×67.5mmです。
ちなみに以前私が所有していたデジタル一眼レフカメラ「D80」のサイズが約132 x 103 x 77mm。
かねてより、D80ぐらいのサイズのフルサイズ機があればなあと言っていた私にとってまさにジャストサイズです。


【2】ボディ内5軸手ブレ補正
ついにニコンのカメラにもボディ内手ブレ補正が搭載されました。
Zマウントのレンズラインナップがそろうまでにはまだ時間がかかるので、当面はマウントアダプター「FTZ」を介してFマウントのレンズを使用したり、今後サードパーティーから各種マウントアダプターが出てきて、(ソニーのα7シリーズのように)オールドレンズの母艦としての使用も増えてくることが多くなると思いますが、そんな場合でもボディ内手ブレ補正が付いているのは非常に心強いです。


【3】マウントアダプター FTZ
ZボディとFマウントレンズを結びつけるマウントアダプター「FTZ」ですが、正式発表されるまで、膨大な種類と歴史を誇るニコンFマウントレンズのどこまでをカバーしてくれるのかというのが注目の的でした。
GタイプのレンズまではAFもきちんと作動するだろうとは思っていましたが、気になっていたのは「DタイプのレンズがAF作動するのかどうか」という点でした。

私の所有するニッコールレンズのほとんどがDタイプなので、これが普通にAF作動してくれるなら、まずはボディとマウントアダプターだけでも当面は楽しめそうだからです。

しかし残念ながら、メーカー発表を見る限り、DタイプレンズについてはAFは作動しないようです。古いレンズだから仕方ないとはいえ、れっきとした現行レンズなのでここは何とか頑張って欲しかったところです。


【4】Li-ionリチャージャブルバッテリー EN-EL15b
Z7/Z6に使用されるバッテリーは「EN-EL15b」。これは私が現在所有している「D750」「Nikon1 V1」とも共通して使用できるバッテリーなので予備を買わなくても使いまわせそうです。

ただし、同じバッテリーを使用するD750の撮影可能枚数が約1230コマなのに対し、Z7の撮影可能枚数はファインダーのみ使用時で約330コマ、画像モニターのみ使用時で約400コマ(CIPA規格準拠)と、一眼レフと比べるとかなり少ないですね。一眼レフと比べるとバッテリーの持ちが悪いのはやむを得ないとしても、ライバルのソニー「α7III」がファインダー使用時約610枚、液晶モニター使用時約710枚であることを考えると、まだまだこれから改善の余地がありそうです。



以上、ざっと挙げてみましたが、いくつか惜しい点があるとはいえ、フルサイズミラーレスの初号機としてはなかなか頑張った方ではないでしょうか?
これだけでも十分物欲をそそられています(笑)

気になるお値段ですが、高画素機の上位モデル「Z7」が市場想定売価でボディ約44万円、FTZ マウントアダプターキットが約45万9,000円。
バランス重視のオールラウンドモデル「Z6」がボディ約27万円、FTZ マウントアダプターキットが約29万4,300円となっています。

やはりフルサイズでしかもこれだけハイスペックだとなかなかのお値段ですね〜(泣)
すぐには買えませんが、今の機材をちょっと整理して資金作りを始めるかな(^^;



最後に、当面のライバルとなるであろうソニーα7シリーズとのボディサイズ比較を。
αの方が一回り小さいですね。Zも十分に小さいですが。

画像

画像





キヤノンもそう遠くないうちにフルサイズミラーレスを投入することが確実視されています。
いよいよミラーレスもフルサイズの時代に突入ですね!




【参考資料】

■ニコンイメージング
『フルサイズミラーレスカメラ「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」を発売』
『「NIKKOR Z 24-70mm f/4 S」「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 50mm f/1.8 S」「マウントアダプター FTZ」を発売および「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」を開発』
『製品情報 ニコンZ7』
『製品情報 ニコンZ6』
『製品情報 NIKKOR Z 24-70mm f/4 S』
『製品情報 NIKKOR Z 35mm f/1.8 S』
『製品情報 NIKKOR Z 50mm f/1.8 S』
『製品情報 AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR』


■デジカメWatch
『ニコン、フルサイズミラーレスカメラ「Z7」「Z6」を正式発表』







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
D850の登場以来、勢いのあるニコンが満を持して出してくれましたね〜。
スペックは申し分なく、予約は予想を上回る注文数が入っており、Z7は供給数が追い付いておらず「一部のお客さまには、発売日当日のお届けができない場合がある。」とアナウンスしています。
SONIC的には、おいそれと買える価格ではないので、しばらくの間は様子見という感じでしょうか…

デザインは…。ペンタ(ファインダー)部と言っていいのか、軍幹部に取って付けたような丸っこいデザインはイマイチです。
小型軽量化を目指すと、このデザインになるんでしょうか?
前面のレンズマウントに自然に流れるようなラインのデザインにして欲しかったです。
あとは、レンズのラインナップも、せめて望遠ズームを同時発表して欲しかったですね。
ニコンとしては「マウントアダプターでFマウントのレンズを使ってください」ということなんでしょうが、これでは新規ユーザーの開拓はできないです。

色々、不満を書きましたが、それくらい出来の良いカメラの裏返しでもあります。
う〜ん、すぐに買える人たちがうらやましい…。
それにしても、マウント径はキャノンEFマウントより1ミリ大きい55ミリというところがライバル意識満載です!
でも、設計者たちは今までちいさなFマウント(登場時は最大だったそうです)で、軽自動車を作るようなイメージでレンズやボディを設計していたとか…
これからは、マウント径が大きくなったことで設計の自由度が広がったので、かなり楽になったと思います。

SONIC
URL
2018/09/01 08:38
>SONICさん
コメントありがとうございます♪

8/23にニコンがこのZ7/Z6を発表してフィーバーを巻き起こしつつある矢先にキヤノンも続いてまもなくフルサイズミラーレスカメラ「EOS R」を発表します。さらにまさかまさかのパナソニックが9/25にフルサイズミラーレスカメラの発表を行うという驚きの情報まで入ってきました。
そういえばオリンパスも以前からOM-D E-M1 Mark IIを超えるハイエンドカメラを出すとのうわさがあってもしかしてフルサイズでは、との声もありましたが、同朋のパナソニックがフルサイズを出すのであればオリンパスのうわさも一挙に信ぴょう性を帯びたものになってきますね。

ニコンが発表してまだわずか一週間あまり、なんだか一挙にフルサイズへの波が押し寄せてきましたね。

私もニコンZは当分様子見の方向ですが、他社も一挙にフルサイズを発表するのであれば、将来的にどのマウントを導入するかについてはしばらく行く末を見守っていくことになりそうです。

発表以来、ネット等でボロクソにたたかれているニコンZですが、私は一部不満点はあるものの良いカメラを作ったなと思っています。初号機なんですから粗削りな部分はあってもやむを得ないでしょう。モデルチェンジを経て洗練されていくと思っています。
キヤノンの「EOS R」、そしてフルサイズミラーレスカメラのパイオニアであるソニー「α7/9」、そして新たにマーケットに参戦するパナソニックとともに、どのメーカーも切磋琢磨し合って優れた製品を世に出していって欲しいものです。
yamataka
2018/09/02 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ついに解禁!ニコンのフルサイズミラーレスカメラ「Nikon Z7/Z6」 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる