日本カメラ 8月号

雑誌『日本カメラ』を久々に買いました。
日カメを買うのはいつぶりだったかなと、我が家の蔵書を確認してみると、最後に購入したのがなんと2010年4月号でした。実に7年ぶりの日カメ購入です(笑)


画像



今回、なぜ日カメを購入したかというと、付録の冊子『極(きわみ)ニコン』目当てでした。

画像



この『極ニコン』は、ニコン創立100周年を記念して赤城耕一氏が特別編集したもので、希少品から王道カメラまで、ニコン歴代の名機が多数掲載されています。全部で50ページ近くと、付録としてはなかなかボリュームもあり、また非常に珍しい機体が多く掲載されていることから資料的価値も高いものとなっております。

画像




ちなみに、今日(2017年7月25日)は、日本光學工業株式會社(日本光学工業株式会社、現在の株式会社ニコン)」が設立されてちょうど100周年という記念すべき日であります。

100周年に合わせて何かビッグなサプライズの発表があるのではないかとうわさもされているのですが、果たして、私たちファンの心を震わせてくれるようなビッグサプライズはあるのでしょうか(笑)?





【関連記事】
『「ニコンカメラの60年」』 (2008年3月20日)
『ニコン コンプリートファイル』(2017年7月14日)






この記事へのコメント

2017年07月25日 23:35
こんばんは~ 私もポンカメ買いましたよ~
D850の開発発表ですよね~
正直高くなりそうで厳しいなあ  o(*>Д<)ゝ
2017年07月29日 22:15
bibendum1971さんこんばんは!
そうそう、「ポンカメ」でしたね(^^;
D850、高画素と高速連写を両立させたカメラということで、D800系とD700が合わさったようなモデルになるようですね。
かな~り魅力的なカメラになることは間違いなさそうですが、昨今の各社の価格高騰を見ていると、D850もそうとういいお値段しそうな気がします(^_^;

この記事へのトラックバック