モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 1955-2011

<<   作成日時 : 2011/10/08 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

アップルの創業者であり、偉大なカリスマ経営者でもあったスティーブ・ジョブズ氏が10月5日、亡くなりました。
アップルの最新製品、iPhone 4Sの発表が行われたのが10月4日。
ジョブズ氏の後継者であるティム・クック氏の最初の大仕事をまるで見届けたかのようなタイミングでした。

私は決して熱狂的なアップルファンでもなんでもありませんが、これまでPowerBook、iBook、iPodそしてiPhoneと、それなりにアップル社の製品はいくつか使ってきました。
アップル製品のムダのないシンプルなデザイン、そして優れたインターフェイスが好きでした。

既にCEOを退いた後だったとはいえ、今後のアップル社の経営に、ジョブズ氏の死が与える影響は決して小さくはないでしょう。
これからもみんなをワクワクさせてくれる製品を出し続けてくれるかどうかは、残されたメンバーの手腕にかかっています。
ジョブズ氏のDNAを受け継いだ者たちによって、素晴らしい製品が出てきてくれることを願ってやみません。

最後になりましたが、スティーブ・ジョブズ氏のご冥福を心よりお祈り申し上げます。






画像
≪撮影機材:LEICA D-LUX 4≫






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんとうに残念な人を亡くしました。
彼は「成功の秘訣は、成功するまであきらめないこと」などと語っていますが、わたしもそういう語録に影響を与えられてきました。

スティーブ・ジョブスがAppleTやUを出した時、わたしは大学生で、そのニュースやパソコン雑誌の記事に夢中になった記憶があります。

当時はTandy、コモドールPET2001などのパソコンが世の中に出たばかりのころ。

わたしの研究室にもシャープのMZ-80Cがあり、赤外線のスペクトル解析などに使っていました。
わたしが基本的な機能やマシン語を覚えたのも、80Cのおかげです^^

わたしがPCを初めて買ったのがPC-8001。
それからしばらくはNECのファンになりました。

もうご存じだと思いますが、2005年のスタンフォード大学卒業式で行った彼のスピーチは伝説的な、感動的な内容です。
(URL参照)

これから彼のようなビジョンを持った希代の人物は現れるんでしょうか?
SHIN
URL
2011/10/08 09:02
こんにちは〜

↑MZ-80C、懐かしい〜
父が電気屋だったこともあり、このパソコン(マイコン?)と幼少期を過ごしました。
コヤツのせいで視力が一気に悪くなりましたねぇ(笑)
APPLEで記憶に残ってるのはapple2ですかねぇ

大学の研究室がMACだったこともあり、しばらくはAPPLEに拒否反応だったんですが
iPADで復活しました。

映像=MACの図式でしたんで、写真をしてる人もMACな人多いですね。
早すぎる死、とても残念です。
ご冥福をお祈りし、今後のAPPLE社の活躍にも期待したいですね。
とっぷん
URL
2011/10/08 15:29
あ、とっぷんさんもMZ-80C使いだったんですかあ^^

後輩が家からもってきていたんです。

後輩は、カンフルBASIC(基本機能を拡張するソフト)やクロック周波数のupなどもやっていました。

そのころ個人的にはプログラム電卓しか買えなくて、カシャカシャやっていました^^;

PC-8001の次はPC-9801F、9801R、そしてDOS/Vマシンへ。。。

アップル製品はひとつも買ってないですが、いつも憧れでした。
SHIN
URL
2011/10/09 00:23
おはようございます!
アップル製品はすごく好きですね〜
ジョブズ氏がいなくなったアップルはどうなるんでしょうか?
ちょっと心配です。

次はi phone5だと思っていましたが4Sなんですね〜
5まで待つか迷っています。
arcteryx1971
URL
2011/10/09 03:27
連投すいません
子供のころにMSXやPC-88シリーズを使っていました。それからウインドウズ3.1のPCを使っていましたが、大学の研究室で先生がMacユーザーで、互換性を持たせるためにパフォーマ=>iMacを所有していました。

私個人に車以外の工業製品に性能+デザインの重要性を感じさせた最初の出会いでした。

社会に出て職場にあわせてウインドウズにしていますが、アメリカのアップルストアは良く行きました。店員さんのフレンドリーさや品物のデザインや質感、性能の良さなのにとても良心的な値段だと思います。

現在のデザインセンスにつながるiMacも青白筐体のG3も格好良かったですが、Power Macシリーズの筐体も憧れでした。この時代はアップルデザインのプリンターがキヤノンのOEMだったと思いますが、デザインが調和してとても好ましかったのを覚えています。
今はどうなのでしょう。アップルデザインの周辺機器も出てきたらコロッといってしまいそうです(笑)。アップルストア詣でも次のパソコン何にしようかと探すのが目当てだったので(笑)
marusuke
2011/10/09 04:48
スティーブ・ジョブズ氏がデジタル一眼作ったらどうなっていたんでしょ。。。

モックアップだけでもみたかったなあ。。。

電源付けたら、STAY HUNGRY, STAY FOOLISHと文字が出てきたりして。。。
SHIN
URL
2011/10/09 08:39
SHINさん、こんにちは
反応していただき、ありがとうございます。

私はLkit16→MZ-80C→PC-8001→PC-8801の流れでした(笑)
父の仕事の関係でマイコンと呼ばれる頃からのつきあいですが、当時は一般家庭には必要のないシロモノでしたね。
MZ-80発売当時は小学生だったかな、BASICなら何とかわかる程度のレベルでプログラムの打ち込みなどして遊んでました。
I/OとかASCIIとか(^^)

当時の雑誌の広告に掲載されてたAPPLEパソコン、ほんと憧れでした。
懐かしいですねぇ〜
いまもMACには憧れあるのですが、長年のWin暮らしなのでチェンジできないまま。

>yamatakaさん
私的なレス、ご勘弁を(^^)
とっぷん
URL
2011/10/09 09:27
とっぷんさん、全然かまいませんよ〜(^o^)/
ひとつの話題でこうやって盛り上がっていただけて私も嬉しいです♪

>みなさまへ
バタバタしていてみなさんへのお返事が遅れてしまっておりますが、あらためてきちんと書かせていただきますね(^_^;
yamataka
2011/10/09 09:44
とっぷんさん

Lkit16ですか、TK-85(A)じゃなく^^
このLkit16のCPU開発グループで、家電制御用に4ビットマイコンを開発(家電用では世界初?)した方とお友達です^^;
クロックサイクルは確か100kHzかそこらでした。

もちろん私よりはるかに年上で、来年定年だったと思います。

そうそう、スティーブ・ジョブズとアップルとの関係、イコールではないんですよねー。

1996年、アップルが彼が設立したNeXT社を4億ドルで買収することに合意し、次期OSの基盤技術として、NEXTSTEPを採用すると発表したときのこと。
ジョブズは、アップルに非常勤顧問という形で復帰しました。このとき、アメリオCEOからプレゼントされた20周年記念Macintosh (Spartacus) を、窓から投げ捨てたという噂があります。

つまり、ジョブズは彼の作ったマックなら認めるが、他の人が作ったマックなら「ゴミ」なんですよね。。。

もしジョブズが今後の製品ロードマップをアップルに残していたとしたら、アップル製品に彼の魂が残りますが、そうでないなら、別のアップルになるでしょう。
SHIN
URL
2011/10/09 10:21
こんにちは
わたくしはアップル社の製品は使用したことがないのですが、他社の製品は少なからず(というか、大いに)影響を受けているはずなので、間接的に恩恵を受けていると思います。
高校生の頃、パソコン好きの先生はみなアップル社を使っていたのをなつかしく思い出されます。
sonic813
URL
2011/10/09 23:30
>yamatakaさん

お言葉にあまえまして

>SHINさん

はい、マイナーLkitの方です。
そうですかLkitCPU開発者の方と。
新しモノ好きの父なので16bitに惹かれたのかも(笑)

dos/v〜win95初期まで、ほとんどパソコンに触れておらず
アップルの状況も全然知りませんでした。
ですので、今回の報道で知ったことも多いです。
SHINさんの書かれてるエピソードも初めてしります。
職人になればなるほど他人に任せられなくなりますからねぇ。

ロードマップ
性能的なロードマップはジョブズでなくても考えられるでしょうし
具体的な製品イメージのロードマップとなると流行もありますし、よほど革新的なアイデアでないと・・・。
今後もトップダウンの形態を維持していく方針のようですので、クック氏のお手並み拝見といったところでしょうか。
とっぷん
URL
2011/10/10 09:31
sonic813さn

>他社の製品は少なからず(というか、大いに)影響を受けているはずなので、間接的に恩恵を受けていると思います。

そうそう、WindowsもマックOSがなければ生まれてきていませんし、多くの電気製品(その他製品も)がiMacのまねをしてポリカーボネート製のブルーやピンクの透明筐体を採用しました。

iPodが出る前はソニーもシリコンオーディオを発売していたものの、さっぱりでした。
iPadも似たようなものが過去にありましたが、アップルが出してから盛り上がりました。

影響力は絶大ですね。

とっぷんさん

新し物好きな、素晴らしいお父さんだったんですね♪

わたしの父は兼業農家で貧乏だったのに、当時最新の一眼レフカメラAE-1持ってました^^;
今は形見としてわたしの手元にあります。
わたしがあの世に行ったら、最新のデジタル一眼レフ見せてあげようと思います^^

「天才経営者」は会社が躍進する大きな原動力になりますが、「最大のリスク」でもあります。
天才を失った後の会社はこのリスクをどう乗り越えるか、今後の動向が気になります。
SHIN
URL
2011/10/10 11:54
みなさんこんにちは!
たくさんのコメント、ありがとうございました!
まるで掲示板みたいな雰囲気で楽しいです(笑)
昔のコンピューターのお話、お恥ずかしながらまったくついていけていませんので(ごめんなさい!笑)、お返事はお許しください(^o^;


>SHINさん

ジョブズ氏がカメラを開発するとしたら、既存の概念では図れないようなものを作るような気がしますね。
出来る限り人間の五感に訴えかけるような、極力直感的に操作できるような。
究極的には目で見たままを撮るような、そんなカメラを作るような気がします^^


>とっぷんさん

BASICとか、私はチンプンカンプンでした(笑)
パソコンを本格的に触りだしたのはWindows95からですし・・・(^^;
MacはPowerBook G3が最初です。有機的なデザインが特徴のノートブックでした。
その後iBook G4を買って、これは今でも使っていますし、今年の春までは我が家のメイン機でした(笑)
7年くらい、第一線で活躍してくれました♪


>arcteryxさん

arcteryxさんはアップルのヘビーユーザーさんですよね〜
ジョブズ氏の影響力は大きかったので、彼亡き後のアップルは難しい舵取りを余儀なくされるでしょうね。
iPhoneは次期モデルが5なのでしょうね。
私も5を買うかどうか迷っています^^


yamataka
2011/10/11 16:53
続きです。


>marusukeさん

>品物のデザインや質感、性能の良さなのにとても良心的な値段だと思います。

私もここ、ポイントだと思っています。
たとえばカメラ業界ですと、ブランド力やデザインではライカが最高峰だと思いますが、はっきり言ってお値段まで最高峰になっちゃっていますからねぇ(笑)
それに引き換え、アップルはブランド力もデザインも他を抜きん出ているにも関わらず、お値段は非常に庶民的ですからね。
ここがアップルがここまで大きくなれた重要なポイントのような気がします。


>sonicさん

アップル社の製品が他社に与えた影響は非常に大きいと思います。
今のスマホやタブレットなんてまさにそうですよね。
市場を作り上げ、業界全体を牽引する力がジョブズ氏率いるアップル社にはあったような気がします。
ティム・クック氏をはじめとする後継者たちがどこまでこのアップルの舵取りをしていけるか、見守っていきたいと思います。


>みなさま

まとめレスになってしまってすみませんでしたm(__)m
yamataka
2011/10/11 16:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
1955-2011 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる