LEICA D-LUX 4

7月29日の記事に突然出てきた撮影機材名について、ご興味を持たれた方も多いのではないかと思います。
(多くないか、笑)
まだ詳しく触れていなかったのでご紹介させていただきます。


LEICA D-LUX 4です。
店頭で見かけることもほとんどないし、あまり雑誌等にも出てくることもないので馴染みのないという方も多いことでしょう。




画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D≫




カメラに詳しい方ならご存知かと思いますが、このD-LUX 4はパナソニックのLUMIX DMC-LX3と基本的にハードが同じで双子の関係にあります。
(絵づくりはパナソニックとライカで微妙に違うそうですが)

外観は正面から見るとグリップの有無やロゴなど、パッと見同じカメラには見えませんが、背面から見るとまったくといっていいくらい同じです(よく見るとボディに印刷されているフォントが違うんですけどね)。

このようにほぼ双子といっていい両機種でありますが、一番の違いは価格。
なんと、ライカの方がパナソニックよりも2倍くらい高いんですね(^o^;
いくら「LEICA」のバッジがついているとはいえ、実質まったく同じハードのカメラが倍も値段が違うというのはいくらなんでもぼったくりだろうという気がしないでもありませんが(笑)、見た目のたたずまいはしっかり「ライカ」していて個人的には好きなデザインではあります。

ただ、このブログを以前から読んでくださっているみなさんは、私が以前から、普段持ち歩けるコンパクトなデジカメが欲しいということで、リコーのGRDやらGXやらオリンパスのマイクロフォーサーズやらと何度も書いてきた中で、このD-LUX 4の名前が出たことは一度たりともなかったので、「なんでまたこの機種にしたの??」といういきなり感が強いことと思われます。

実は私も以前は「こんな高いコンデジ、誰が買うねん!」って思ってました(爆)
なんたって私の持っているD80(ボディ)よりも高いんですからね(>o<)
(でもRICOHのGR DIGITAL IIIが8万円近くすることを思えばさほど高すぎるとも思わないのは私の金銭感覚がマヒしているせい(笑)?)

ではなぜよりによってこのカメラを選んだのか。
それは7月29日の記事のコメントにも書きましたが、家内への誕生日プレゼントとして買ったものだからであります。





画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm F2.8D≫




話は遡ること昨年の10月、オープンしたばかりの梅田のショッピングビル『BREEZE BREEZE』に行ったときのこと。
とあるセレクトショップのショーケースに展示されていたカメラを見て、家内が「このカメラ、すごくかわいい♪」と言いました。
それがLEICA D-LUX 4との出会いでした。

それ以前から存在は知っていましたが、「パナソニックのデジカメを外装を変えただけのものなのに値段はいっちょまえに高いカメラ」というイメージがあって(笑)、まったくのアウトオブ眼中だったんです(^_^;

もちろん、パナソニックのLUMIX LX3がコンデジとしては非常にポテンシャルの高い機体であることは知っていました。ですからこのライカのデジカメも名ばかりのものではなく、中身もしっかりしたものであるということは分かっていましたが、いかんせん高すぎるという印象がありました。

家内はカメラのことはまったく詳しくないので、別にライカだからいいとか、そういう考えはまったくなくて、ただ単に見た目だけで気に入ったのだと思います。しかし、それ以来、私もこのカメラのことが心のどこかで引っかかっていました。とはいえ、その時点ではまさか後日購入することになるとは夢にも思っていませんでしたが(笑)





画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D≫





それからしばらく経って今年の4月、ふと、家内が一人で芦屋や三ノ宮などを散策しているときに目に止まったものを気軽にスナップできる、愛着の持てるカメラがあればいいなと思ったとき(4月13日の記事)に思い浮かんだのがこのカメラでした。
個人的にも使ってみたいと思ったので(笑)、これをプレゼントして家内が使わないとき(たぶん私よりも圧倒的に使用頻度が少ないと思うので)は私が借りて使おうと(p ̄ー ̄)p

というわけで、このカメラが晴れて我が家にやって来たのであります♪

で、当初の目論見どおり・・・じゃなかった(爆)、思ったとおり、買ってからの使用頻度は私の方が圧倒的に多いですが、2人で出かけるときは彼女にこのカメラを存分に使わせてあげたいと思っています。




画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D≫




ときには上の写真のように、銀塩のM3のサブとして、このD-LUX 4とのライカ2台体制でスナップに出かけたいと思っています♪







とまあ、そういうわけで、私のレンズ購入計画も、マイクロフォーサーズ導入計画も先延ばしになってしまったわけですが・・・(^▽^ゞ







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック