モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 月桂冠 米焼酎 琥珀の調べ

<<   作成日時 : 2017/12/29 23:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年も残すところあとわずか。
忘年会や仕事納めの打ち上げ等もそろそろピークが過ぎつつありますが、12月は例月にも増してお酒を呑む量が増える季節だと思います。

私は普段からそれほど頻繁に呑みに行ったりしませんし、家でもあまり呑みません。
でも、お酒が嫌いなわけではなくて、少したしなむ程度に呑むのが好きなんです。

外で呑むときはやはりビールが多いですが、家だとビールも呑みますが、日本酒やワインを呑むことの方が多いですね。呑む、といってもほんのグラス1杯程度なんですけどね。

焼酎は外でチューハイ(笑)を呑む程度で、わざわざ買ってきて家で呑むことは今までなかったのですが、たまにはと思って今回、月桂冠の米焼酎「琥珀の調べ」を購入してみました。


画像




お酒の知識があまりないというのもありますが、恥ずかしながら最近になって初めて、焼酎に「甲類」と「乙類」があることを知りました(笑)

蒸留方法の違いによる分類なのですが、チューハイやリキュール、カクテルなどのベースになっているのが「焼酎甲類」で、お湯割りやロックなど、焼酎本来の風味を楽しんで呑むものが「焼酎乙類」(「本格焼酎」ともいわれる)なのだそうです。

今回購入した「琥珀の調べ」はラベルにも記載されている通り「焼酎乙類」にあたります。


画像
≪撮影機材:2枚ともNikon D750 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D≫



ところで、月桂冠といえば日本を代表する日本酒メーカーの一つであり、焼酎を作っているイメージはあまりないのですが、日本酒の雄が作る米焼酎だから美味しくないはずがない(と思ってます、笑)。

そんな月桂冠の米焼酎「琥珀の調べ」の特徴、呑み方のおすすめについてメーカーより下記のように紹介されております。


◆月桂冠の米焼酎

月桂冠では日本酒造りで培った技術を生かし、低温で発酵させたもろみを「低温減圧蒸留」(減圧しながら低温で蒸留)する米焼酎づくりをしています。香り高く、まろやかな舌触りが特徴です。
中でも「琥珀の調べ」は樫樽でじっくりと貯蔵された焼酎原酒をブレンドしているため、色は琥珀色、より芳醇で香り豊かな焼酎に仕上げました。
一口、二口と口の中に広がる樫と米焼酎の香りをお楽しみください。

◆飲み方のススメ!

少し濃いめの炭酸割りがお奨めです。
もちろん、オンザロックや水割り、キンキンに冷やしたストレートでもバランスのとれた香りと味をお楽しみいただけます。

◆「琥珀の調べ」に合う一品

華やかに広がる樫の香りと深い味わいの「琥珀の調べ」にはお刺身(特に白身魚)など素材本来の味を楽しむ料理、また味付けが比較的淡白なものが良く合います。



来年のお正月に開封予定ですが今から楽しみです(笑)♪



【追記】
お正月を待てずに開けちゃいました(^o^;
メーカーのうたい文句通り、口の中に木の香りがふわ〜っと広がり、味は濃厚でした。
今回はロックでいただきましたが、メーカー推奨の少し濃いめの炭酸割りも試してみたいと思います♪

お酒に興味はありますが知識がまったくないので大したインプレッションにもなっておらずすみません(笑)





米焼酎 琥珀の調べ 25.6度 720ml [京都府]
月桂冠

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 米焼酎 琥珀の調べ 25.6度 720ml  [京都府] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
月桂冠 米焼酎 琥珀の調べ モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる