モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS OLYMPUS ボディーキャップレンズ BCL-1580

<<   作成日時 : 2017/10/01 14:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久々の機材紹介です。
今回は、オリンパスのボディーキャップレンズ「BCL-1580」です。


画像
≪撮影機材:Nikon D750 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D≫



ブログ友達のbibendum1971さんが、マイクロフォーサーズの機材を手放すというので、安く譲って頂きました^^

「ボディーキャップレンズ」とはよく言ったもので、横から見ると本当にボディキャップにしか見えません(笑)
下のレンズ(「LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 ASPH.」)を装着した写真と比較してみて下さい。


画像
≪撮影機材:Nikon D750 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D≫
画像
≪撮影機材:Nikon D750 + Ai AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D≫



実際にこのボディーキャップレンズを装着して撮ってみた写真がこちら。
これは三脚に固定して撮ったものなのであまり参考にならないかもしれませんが、思っていたよりはよく写るなあと思いました。

画像
≪撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M5 + BCL-1580≫



バッグにカメラをしまうのにレンズを装着していない状況でもボディキャップ代わりにこれを装着しておけば、いざというときに非常用ではありますが写真を撮ることが出来ます。
オリンパスのサイトの商品紹介のページにも下記のように記されております。


「薄さ9mm、カメラマウント用のボディーキャップと見紛うほどの超薄型のレンズです。3群3枚のオールガラスのレンズ構成で、焦点距離30mm相当(35mm判換算)の単焦点広角レンズとして使用できます。広角で被写界深度も深いため、パンフォーカスレンズとして普段使いできる他、マニュアルフォーカスも可能です。近接撮影距離は30cmです。レンズ保護バリア付きなのでカメラに付けて、そのままポケットへ。普段はボディーキャップとして、撮影時には、スナップ用パンフォーカスレンズとして、すばやく気軽に写真を楽しめます。ボディー内手ぶれ補正機構搭載のOM-DやPENと一緒に使えば、手ぶれ補正も有効です。」


OM-Dだとややボディも大柄なので、OLYMPUS PENのPMシリーズやパナソニックのLUMIX GMシリーズのようなコンパクトなボディと組み合わせたいところです。
(どちらも絶版となりましたが・・・。また復活させてくれませんかね。)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
マイクロフォーサーズオーナーなら、持つべきレンズというか、アクセサリーなんでしょうか?
以前はボディーを買えば、付いてきたアクセサリーだったような気がします。
この手のレンズは接写や室内より屋外の晴天時に使った方が良い結果が得られると思います。
ホントにボディキャップですね。
大切使ってください!
SONIC800
2017/10/01 21:23
>SONICさん
コメントありがとうございます♪

オリンパスにはもう一つ、魚眼のボディキャップレンズがラインナップされていますが、汎用性が高いのは今回ご紹介した15mmのほうですね。
MFですし、F値も大きく、あくまでも非常用ですけどね^^;

それでもいざというときはこれとボディの組み合わせで写真が撮れるわけで、リーズナブルな価格も相まって持っていても損はないなと思いました。
yamataka
2017/10/24 00:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
OLYMPUS ボディーキャップレンズ BCL-1580 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる