モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS CAMERA LIFE Vol.19

<<   作成日時 : 2015/09/10 21:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

『CAMERA LIFE(カメラ・ライフ) Vol.19』
数ヶ月に1回のペースで発行されるカメラ・写真の雑誌(ムック)です。

創刊当初は『カメラマガジン』のライバル的存在というか、ほぼフィルムメインな中身で、毎号なかなか興味深いテーマで楽しめたのですが、次第にネタが尽きてきたのか(笑)、デジタルカメラの話題が増えてきて、徐々に焦点がぼやけた雑誌になりつつありました。
そんなカメラ・ライフ、今回のVol.19で久々に本気(?)を出してきました(笑)

特集は『今、買いたい!フィルムカメラ101』(しかも「完全保存版(爆)」)です^^


画像



とはまあ言っても、中身の誌面は特に目新しいところがあるわけではなく、これまでもカメラ・ライフやカメラマガジンで何度も紹介されてきたことの焼き直しみたいなものです。

でもこれは無理もない話で、フィルムカメラ自体、事実上ほとんど新製品は出ていないわけで、おすすめの機種と言われてもこれまでと同じ機種を掲載せざるを得ないのでどうしても既存のフィルムカメラ特集と似たような記事になってしまうのも致し方ないことだと思います。

それでも本誌でセレクトされた101台のフィルムカメラはどれも魅力的なものばかりで、単純にフィルムカメラカタログとして楽しめました。


画像




ちなみに、現在私が保有しているフィルムカメラは以下の6台。
写真左手前からNikon F3、Nikon F2、Nikon FG。右手前からLEICA M3、LEICA M4、Rolleiflex 2.8FX。
(Rolleiflexは借り物です)
もうこれ以上増やさないつもりですが、こういう本を見るとまた欲しいカメラが出てきてしまう・・・(笑)

画像
≪撮影機材:すべてSONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 1.8-4.9/10.4-37.1≫



とはいえ、フィルムを取り巻く状況はますます厳しくなってきております。
ヨドバシカメラのフィルムコーナーは縮小の一途をたどり、今やわずかな種類が寂しく並べられているだけとなっております。そのわずかな種類のフィルムも価格が高騰しており、1本あたりの単価が非常に高くなってしまいました。
1本百数十円で買えたDNPセンチュリアがなつかしいです(泣)


すぐにフィルムがなくなってしまうということはないと思いますが、今後ますますお金のかかる趣味になっていくのは間違いないでしょう、寂しい話ですが。。。





【関連記事】
『CAMERA LIFE Vol.4』(2009年11月16日)
『CAMERA LIFE Vol.8』(2011年2月1日)
『CAMERA LIFE Vol.9』(2011年5月4日)
『CAMERA LIFE Vol.10』(2011年8月17日)
『CAMERA LIFE Vol.11』(2011年11月23日)
『CAMERA LIFE Vol.12』(2012年4月11日)
『CAMERA LIFE Vol.13』(2012年11月20日)
『CAMERA LIFE Vol.14』(2013年6月7日)
『CAMERA LIFE Vol.15』(2013年9月18日)
『CAMERA LIFE Vol.16』(2013年12月20日)
『CAMERA LIFE Vol.17』(2014年5月12日)
『CAMERA LIFE Vol.18』(2014年5月12日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます〜♪

yamatakaさんのCLの紹介、いつも楽しみにしてますよ〜
わたしも本屋さんが好きで、行きたいんですが、平日は仕事が終わってからだと閉店しているし、休日は他にすることが多く、なかなか、カメラ関係の本のチェックができないので、yamatakaさんの書籍紹介は貴重な情報源なんですよ〜!!

フィルムカメラは新製品がないのに、こうやってムックが販売されるくらい愛されているのに(表現がへたでごめんなさい)、新製品が出ないのは、売れないからなんでしょうね。
ヨドバシが、博多に来たときは、フィルム売り場はかなりのスペースを占めていましたが、確かにいまは、他のコーナーの中に埋もれた状態ですね。

yamatakaさんの所有のフィルムカメラは、まさに「THE 銀塩」という感じです。
シルバーボディは金属にしかできない独特の輝きを持ってますよね!
当時、F3がブラックボディのみの販売と発表されたときは、新しい時代が来た!と、感じました。当時のブラックボディって、高価でプロカメラマン印象がありました。
ローライ…、借り物だったんですね!安心しました(笑)。
SONIC800
URL
2015/09/13 05:51
こんにちは。
この本ね、もちろん買いました買いました(笑)
すぐには手に入らないカメラもそこそこ載っていたのと、実売価格が結構違っていたのでそこが残念でしたが。
でもあんなの読んでたらまた欲しくなりますよねぇ。
同じカメラで違うフィルム数本で同じ景色を撮るっていう画像が出ていたらもっと良かったのに。
カメラってフィルムで全然変わりますもんね。
最近はフィルムも高くなっちゃって、手が出ないようなのも…
特にコダックは上げすぎかなと。
あ、でも富士ももうすぐ30%近く値上げなんですよね…
小雨
URL
2015/09/15 11:35
SONICさんこんばんは!
お返事が遅れて申し訳ありません。。。

SONICさんもご所有のフィルムカメラのご紹介記事をupされていますね。FマウントとMマウントで構成されているのは私と同じですが、台数が圧倒的に違いますね〜(^m^)b
フィルムの種類削減及び価格の高騰でこれからますますフィルムカメラで撮影する機会が減ってしまいそうですが、魅力的なフィルムカメラは世の中にまだまだたくさん存在するので、この手の本を見るたびに物欲がふつふつと沸いてきてしまって困ったものです(笑)

ローライ、さすがに現行機の2.8FXは自分では買えません(>_<)
yamataka
2015/09/22 01:52
小雨さんこんばんは!
お返事が遅れて申し訳ありません。。。

この本、小雨さんもチェックされていましたか。
私的にはこの本で残念だったのは、内容がこれまで数多く出版されてきたカメラマガジンやカメラライフの結局は焼き直し(本文にも書いたとおり、新製品が出て来ない以上、どうしても同じような機種の紹介にならざるを得ない、といった事情はありますが)だったことと、その割にこれは絶対にはずせないだろうと思われる機種が載っていなかったりした点ですね。
それでも久々にフィルムカメラ特集の本が出たのは喜ばしい限りですが。

そうはいってもフィルムは種類も減ってしかも価格は高騰し、なかなか気軽に楽しめる趣味とは言いづらくなってきているのはたしかです。種類が減っていくのは致し方ないにしても、価格の高騰は厳しいですよね。でもそれだけフィルム業界が厳しい状況におかれているということなのでしょうね。
yamataka
2015/09/22 02:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CAMERA LIFE Vol.19 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる