モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS カメラマガジン 2014.10

<<   作成日時 : 2014/10/22 21:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

約1ヶ月遅れのネタですが・・・(^^;
『CAMERA magazine(カメラマガジン) 2014.10』のご紹介です。



画像





フィルムカメラ専門の季刊誌『CAMERA magazine(カメラマガジン)』が、デジタルカメラ専門誌『F5.6(エフゴーロク)』と統合して月刊誌としてリニューアルされたのが2013年8月。
それからわずか1年余り。
月刊誌としてのカメラマガジンはこの10月号が最終となり、再び季刊誌に戻ることとなりました。

カメラマガジンは、他のカメラ雑誌とは違った切り口で、カメラや写真を楽しむライフスタイルマガジンとして独自のポジションを確立し、クオリティの高い誌面がお気に入りだったのですが、月刊化されると聞いたときに、このクオリティを月刊誌で維持していけるのだろうかという危惧がありました。
以前、拙ブログでもそのことについて書いたことがあります(こちら → )

月刊化されてからもそれなりに頑張っていたとは思いますが、やはり限界があったのでしょうかね。。。



下は月刊化されてから購入したカメラマガジン。
月刊化第一号の2013年8月号、ライカ特集の2014年7月号、そして月刊誌としては最終号である2014年10月号。
結局、月刊化されてから購入したのはこの3冊だけ。

画像



月刊化される前のカメラマガジンは全号買ってたんですけどね〜(笑)


画像
≪撮影機材:すべてSONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 1.8-4.9/10.4-37.1≫




カメラマガジン、今後はひとつのテーマ、特集を1冊に凝縮したスタイルで、季刊ペースで年4回発行していくとのこと。
ちなみに、季刊誌復帰第一弾は11月14日発売予定で、マイクロフォーサーズレンズ特集号となるそうです。

マイクロフォーサーズは我が家の撮影機材でもニコンFマウントに次ぐシステムとして今後強化予定なのでどんな記事なるのかとっても楽しみです。





【関連記事】
『CAMERA magazine no.10』(2009年6月29日)
『CAMERA magazine no.14』(2011年2月5日)
『CAMERA magazine no.15』(2011年7月6日)
『CAMERA magazine no.16』(2012年2月21日)
『CAMERA magazine no.17』(2012年6月18日)
『CAMERA magazine no.18』(2012年11月30日)
『CAMERA magazine no.19』(2013年6月22日)
『カメラマガジン 2013.8』(2013年8月7日)
『カメラマガジン 2014.7』(2014年6月25日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
せっかく月刊化になったのに
今度は年4冊しかでないとは残念です。 毎月楽しみにしていたのになあ
arcteryx1971
2014/10/25 14:05
こちらにも♪
順番が前後してしまいました。

わたしもカメラマガジン月間最終号買いました。
月刊誌を作るのってすごく大変だと思います。
CMは内容もかなり充実していたので、スタッフの苦労がうかがえます。
季刊でいいと思います。スタッフと私の財布の負担も軽くなるので…。
復帰第一弾はマイクロフォーサーズレンズ特集なら、yamatakaさんは買い!ですね!
sonic800
URL
2014/10/26 13:19
arcteryxさんこんばんは!
昨晩はありがとうございました^^

私は年4冊ぐらいにしてくれたほうがお財布にやさしいので助かります(爆)
まあ、月刊化される前は誌面のクオリティの低下を懸念していましたが、けっこう頑張っていましたよね。
それでももういっぱいいっぱいだったんじゃないでしょうか。
これからはより「濃い」内容が楽しめるものと期待しておきましょう(^^)v
yamataka
2014/10/27 23:22
sonicさんこんばんは!
こちらにもコメントありがとうございます♪
(私も順番前後してしまいました、笑)

カメラマガジンのライバル(?)、カメラライフももう半年以上発行されていませんよね。
この手の雑誌はなかなか短いサイクルで出版するのは大変なのだと思います。
この1年余り、よく毎月発行できたものだと思いますよ^^;
そうそう、私も季刊誌のほうがお財布にやさしいですし(笑)、発行回数を減らすことによって1冊1冊のクオリティがアップするのであれば今回の英断は個人的には歓迎です(笑)
yamataka
2014/10/27 23:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
カメラマガジン 2014.10 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる