モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 攻めよ、表現者。ニコン「D750」登場!!

<<   作成日時 : 2014/09/13 06:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

ニコンから新型FXフォーマット(フルサイズ)のD750がうわさどおり発表されました。
ニコンのFX機としては初めてのチルト式液晶モニター搭載モデルです。

製品の詳細は例によってデジカメWatchの記事をご参照ください(笑)
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140912_666520.html


画像




まあ、予想通りD810とD610の間に相当するモデルには違いないわけですが、思いっきりD610寄りでしたね(笑)
「D750」という名称から、D700の正当な後継機を期待した方にとってはがっかり感は否めないと思います。


画像



ただ、「750」という名称は抜きにして、「新型のコンパクトタイプFX機」としてこのD750を見た場合には、なかなか魅力的な機体であると個人的には思いました。少なくとも、表面的なスペックだけで見た場合、シャッター速度が1/4000までしかないことを除けばD700に劣っているところは何もないわけですし。

-3EV(ISO 100・20℃)という低輝度環境下にまで対応したAFというのもニコンでは初めてです。
(D4SやD810でも-2EVまで)
これも非常に魅力的に感じます。

画像




また、チルト液晶を搭載しながら、D600/610よりもほんのわずかとはいえサイズ、重量ともにダウンさせたこともすごいと思います。特に薄型化したことが個人的には気に入っています。
以下にD750とD600の厚さの比較を。


D750を上から見たところ
画像


D600を上から見たところ
画像



D750を下から見たところ
画像


D600を下から見たところ
画像



ペンタ部やグリップのでっぱりがあるため、カタログ上の厚みはそれほど大きく変わらないですが、ボディ本体部分がかなり薄くなっているのが分かります。しかもチルト液晶をつけてこの厚みですからね。

現在使用している愛機D700を手放してまで欲しい、というわけではありませんが、小型のFX機としてかなり魅力的な機体であると思っています。早く実機に触れてみたいです。



さて、今回、D750と同時に交換レンズも1本発表されました。
FXフォーマット対応の単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」です。
ニコンの20mm単焦点レンズとしてはなんと20年ぶりのニューモデルだそうです。
ナノクリスタルコート採用でしかもF1.8の大口径と、なかなか魅力的なレンズですね。
それにしてもニコンのF1.8シリーズ、充実してきましたね!


画像









【参考資料】

■メーカー公式発表資料(ニュースリリース)/製品情報
『デジタル一眼レフカメラ「ニコン D750」を発売』
『焦点距離20mm、開放F値1.8の大口径超広角単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」を発売』
『製品情報(Nikon D750)』
『製品情報(AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED)』



■デジカメWatch
『ニコン、FX初のチルト式液晶を装備した「D750」』
『ニコン、小型軽量の超広角「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」』




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ニコン、新作出すんですね!
そういえば、ミラーレス一眼でニコン1のS2とJ4とV3って何が違うのでしょう?
画素数は少し違うようなのですが、根本的にここが違う!ってところもあるのですか?
この前CANON M2を買ったばかりなので、ミラーレスはもう買えませんが、ニコン1とパナのGMに興味があって見ていたのです。
で、ニコン1の方はいくつか種類があって何が違うのかなぁと思った次第です。
店で見ていたら画素数の高い方が安かったので。
S1の方が新しく出たから高いのかな??
小雨
URL
2014/09/13 14:31
【yamataka さん】
おはようございます^^)/

D750、ついに発表になりましたね〜。
最初にこのD750を見たとき「小さいな…」と思って、背面画像を見ると「やっぱり…」という感じでした。
そして、機能などを確認すると、なかなかすばらいいと思いました。
D700の後継機?かな、という考えについては 
↓ ↓ こちらをごらんください。
http://sonic800.at.webry.info/201409/article_3.html

f/1.8シリーズほんとに充実してきました。
大三元的レンズは誰でも買えません。
こんなコンパクトなレンズが、車の宣伝じゃありませんが「ちょうどいい」です。
sonic800
URL
2014/09/14 08:11
D700とD300sの後継機を待っているのですが「ああ、また違ったよ・・・・」って感じですね。D700の現役続行が決定です。

ただ、改めて見てみるとニコンのFXの製品ラインナップの充実ぶりはすごいことになっていて、D700の後継機が入り込む余地は無いですね。
それ以前にD700の後継機って何だろう?とかいろいろ考えちゃいます。

で、D750について考えてみると、yamatakaさんのコメントにもあるように非常に魅力的なモデルですよね〜



58Caddy
2014/09/15 10:13
小雨さんこんばんは!
お返事が遅れて申し訳ありません。。。

ご質問の件ですが、ニコンのミラーレス一眼(ニコン自身は「ミラーレス」とは呼ばず「レンズ交換式アドバンストカメラ」と呼んでおりますが・・・笑)、「ニコン1シリーズ」には大きく分けて4つのシリーズ(V、J、S、AW)があります。
そのうちの「AW」はレンズ交換式デジカメでは世界初の防水カメラで、ちょっと特殊なモデルになるので大きく分けると「V」「J」「S」の3つのシリーズで構成されています。
「V」はニコン1のフラッグシップモデルで、初代「V1」、2代目「V2」はEVF(ビューファインダー)内蔵、そして現行の3代目「V3」は外付け式のEVFを取り付けることでファインダーを覗いての撮影ができます。
「J」はニコン1のスタンダードシリーズで、ファインダーは外付けも出来ないので背面液晶を見て撮る、いわゆるコンデジと同じ感覚で使えるカメラです。
「S」も「J」と同様、ファインダーレスのタイプですが、「J」よりも1ランク下の製品という位置づけで若干の機能の差別化がされています。
ただ、画質そのものはどれもそれほど大きくは変わらないと思います。

長くなったので続きます(笑)
yamataka
2014/09/18 17:31
続きです(笑)
パナのGMはオリンパスPENと同じマイクロフォーサーズ規格のミラーレス機なので、もしまだ小雨さんがPENをお持ちなら、それのレンズを取り付けて撮影することもできますよ。
つい先日、GMの後継機(?)の「GM5」が発表されました。GMはファインダーレスでしたがこのGM5にはEVF(電子ビューファインダー)が内蔵されています。
スタイルもミニライカ的で面白いかなあと、個人的にはちょっと興味を持っています(笑)

画素数と値段は比例しないですよね。たとえばニコンで一番高い「Nikon D4S」は約1,600万画素で、ニコンの現行商品の一眼レフの中では最も画素数が少ないですし(笑)
キヤノンも同じく、最上位モデルの1DXは約1,800万画素で、それよりも下位モデルである5D Mark3や6Dは2,000万画素越えですからね(笑)
yamataka
2014/09/18 19:13
sonicさんこんばんは!
お返事遅れてすみません。。。

D750に対して否定的な意見を述べている人は、「750」という番号でD700後継機を期待してしまった人だと思います。
D750って、中身は明らかにD600系列の製品ですものね。本来、D700の後継機は、sonicさんもブログで書いておられるとおり、D800であり、Dfであるのでしょう。

私の意見も、メカ的な部分ではD800が後継機であり、フラッグシップモデル(D3あるいはD4)のセンサーを搭載した超高感度モデルというコンセプト的な部分ではDfがD700の後継機的なポジションであると考えています。

ただ、今月発売のカメラ雑誌に書いてありましたが、D750の高感度性能はズバ抜けていて、D610よりも2段は優れているそうです。そういう意味では元「高感度番長」であるD700の流れも汲んでいるのかなあとも思いました^^

D750、私にとってはかなり「ストライク」な製品です(笑)
yamataka
2014/09/19 19:25
58Caddyさんこんばんは!

D700、D300/300Sユーザーからすれば「これじゃない」的な気持ちになるのは当然だと思います。せめて型番が「750」じゃなかったらここまで叩かれることはなかったでしょうね(笑)
D700の後継機はsonicさんへのお返事にも書きましたが、メカとしてはD800、低画素超高感度機としてはDf、という風にいくつかのモデルに派生して受け継がれているような気がします。しかしその一方で「高速連写機」としての部分を引き継いだモデルがないのが叩かれる最も大きな要因かもしれませんね。
その上、同じタイミングで(APS-Cではありますが)キヤノンがEOS 7D MarkIIを出してきたのもD700、D300系ユーザーからすれば歯がゆい部分でしょう。

私は動体はほとんど撮らないので、フルサイズでありながら軽量コンパクトでオールラウンドに対応できるD750がとっても魅力的に見えてしまうんですよね〜(笑)
yamataka
2014/09/19 19:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
攻めよ、表現者。ニコン「D750」登場!! モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる