モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士フイルムからマニュアル一眼レフスタイルのX-T1発表!

<<   作成日時 : 2014/01/29 23:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

28日、かねてよりうわさのあった富士フイルムの新しいXシリーズミラーレス機「X-T1」が正式発表されました。
発売は2月15日、店頭実売予想価格は、ボディのみで約15万円、レンズキットで約19万円とみられています。


マニュアル銀塩一眼レフを彷彿とさせるデザインですが、中身は「X-Pro1」「X-E2」と同じくXマウントを採用したミラーレスカメラです。
Xシリーズとしては初めて防塵・防滴構造を実現しました。

詳細な機能やスペックは例によって(笑)富士フイルムの公式サイトかまたはデジカメWatchの記事をご覧ください(^^;


正面
画像


背面
画像


背面液晶はチルト式
画像


外付けストロボ「EF-X8」が同梱
画像


オプションの縦位置バッテリーグリップ「VG-TX1」を装着したところ
画像


ハンドグリップ「MHG-XT」も用意
画像




ボディ上部には、@シャッタースピード、A露出補正、BISO感度、Cドライブモード、D測光モードを設定するための5つのダイヤルを搭載。カメラの電源を入れなくても、設定状況がひと目で分かり便利です。
画像


画像




電子ビューファインダーの課題であった表示タイムラグを、従来モデルの約1/10以下の世界最短0.005秒と極限まで短縮した「リアルタイム・ビューファインダー」を搭載。236万ドットの有機ELを採用し、光学ファインダーに迫る美しい映像を見ながら撮影できます。
ファインダー倍率はデジタルカメラでは最大の0.77倍。
画像



X-T1と同時に新しい交換レンズも発表されました。
ポートレート撮影等に適した大口径中望遠レンズ、「XF 56mm F1.2 R」です。
発売は2月22日、実売予想価格は約11万円。

画像


XF 56mm F1.2RをX-T1に装着したところ
画像




以上、駆け足で紹介してきましたが(笑)、このX-T1、非常に商品力の高いカメラに仕上がっているようですね。
特に「世界最大表示倍率」なるビューファインダーは是非覗いてみたいものです。

初号機のX100、そしてレンズ交換式第一号機のX-Pro1の登場以来、富士フイルムのXシリーズには興味がありましたし、フジノンレンズも魅力的なのがそろっているので使ってみたいのですが、一からシステムをそろえていくとなるとかなりの出費となるので二の足を踏んでしまいます(^^;


私の場合、まずはやっぱりNikon Df貯金、かなぁ・・・(笑)





【参考資料】

■メーカー公式発表資料(ニュースリリース)/製品情報
『際立つ解像力と80年にわたり蓄積した色再現技術が生み出す卓越した写真画質
世界最大表示倍率、世界最短表示タイムラグの「リアルタイム・ビューファインダー」搭載
プレミアムミラーレスカメラ 「FUJIFILM X-T1」新発売』

『「Xシリーズ」の交換レンズラインアップにポートレートに最適な大口径レンズが登場!
「フジノンレンズ XF56mmF1.2 R」新発売』

『製品情報:FUJIFILM X-T1』
『製品情報:フジノンレンズ XF56mmF1.2 R』


■デジカメWatch
『フィルム一眼レフライクなデザインのミラーレス「FUJIFILM X-T1」』
『富士フイルム、“レンズ交換式Xシリーズの決定版”「X-T1」を披露』
『富士フイルム、大口径中望遠レンズ「XF 56mm F1.2 R」正式発表』


■デジカメinfo
『富士フイルムが「FUJIFILM X-T1」を正式発表』
『富士フイルムが「XF56mm F1.2 R」を正式発表』




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜
ついに出ましたね!
XFレンズはそこそこの大きさなので
一眼スタイルの方がボディーに合いますよね

CP+で見てきます!^^
arcteryx1971
URL
2014/01/31 11:54
arcteryxさんこんにちは!

XシリーズはAPS-Cセンサーなのでたとえボディがコンパクトになっても、レンズのサイズはマイクロフォーサーズやニコン1のように小型にするのは難しいので、見た目のバランス的には一眼レフタイプのX-T1に装着したほうがよく似合いますね。
いずれにせよ早く実機を見たいです。

CP+でぜひ実機を見てのレポート、お待ちしておりますね^^
yamataka
2014/01/31 14:19
こんばんは〜^^)/

X-T1はダイヤルを中心として直感で操作できるのが○(丸)ですね。
デザインは次回に期待します。
sonic800
2014/02/01 21:09
sonicさんこんにちは!

Xシリーズの上位モデル(X-Pro1、X-E2、X-T1)は絞り、シャッタースピード、ISO感度等をダイヤルで直感的に操作できるのが私も気に入っております。まさにマニュアルフィルムカメラを操作する感覚ですね^^
デザインは好みがありますからね〜
全体的にはよくまとまったデザインだとは思いますが、個人的にはやはりペンタ部のロゴはもう少し大きくしたほうがバランスがいいような気がします。
yamataka
2014/02/03 12:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
富士フイルムからマニュアル一眼レフスタイルのX-T1発表! モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる