モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS CAMERA LIFE Vol.16

<<   作成日時 : 2013/12/20 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 8

『CAMERA LIFE(カメラ・ライフ) Vol.16』
数ヶ月に1回のペースで発行されるフィルムメインのカメラ・写真の雑誌(ムック)です。

もともとフィルムカメラメインのムックとしてスタートしたカメラ・ライフ、号を重ねるごとに徐々にデジタルのウエイトが高まってきていることは以前から書いてきていましたが、今回のVol.16は特にデジタル色が強くなったなあという印象を受けました。

ライバルのフィルムカメラ専門誌だった『カメラマガジン』が月刊化によってデジタル/フィルムの総合カメラ雑誌になりデジタル色を強めてきたのと同様、この『カメラ・ライフ』のデジタル色強化も時代の趨勢なのでしょう。

私自身はフィルム/デジタル両刀使いですし、デジタルカメラの新製品情報を見るのも大好きなのでフィルムだけにこだわっているわけではありませんが、デジタルカメラの情報でしたら他にもいくらでもカメラ雑誌はあるので、やはりこの2誌にはフィルム専門誌として残って欲しかったなあという気はします。

とはいうものの、新製品が事実上ほぼ出てこないフィルムカメラだけで記事を維持していくのは編集者の方々も大変だと思いますし、商業出版物である以上、採算がとれるだけの部数が売れなければ続けて行くことは困難でしょうから、今の状況は致し方ないのかなあとは思いますが。。。

とまあいろいろ書きましたが、今号の特集「マイ・ベスト旅カメラを探し出せ!」は個人的には楽しかったです。
ただ、この特集も以前のカメラ・ライフだったらフィルムカメラの中の「マイ・ベスト旅カメラ」だったんだろうなあとは思いますが・・・




画像
≪撮影機材:SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 1.8-4.9/10.4-37.1≫





【関連記事】
『CAMERA LIFE Vol.4』(2009年11月16日)
『CAMERA LIFE Vol.8』(2011年2月1日)
『CAMERA LIFE Vol.9』(2011年5月4日)
『CAMERA LIFE Vol.10』(2011年8月17日)
『CAMERA LIFE Vol.11』(2011年11月23日)
『CAMERA LIFE Vol.12』(2012年4月11日)
『CAMERA LIFE Vol.13』(2012年11月20日)
『CAMERA LIFE Vol.14』(2013年6月7日)
『CAMERA LIFE Vol.15』(2013年9月18日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにもコメント失礼します。

CLの特集で「旅カメラに最適な小型フィルムカメラ特集」があった号を持っていますが、この時は一眼レフ、コンパクトなどの全モデルがフィルムカメラでした。
たしかにフィルムカメラは新製品のネタがないので雑誌作りも限界があるのだろうなと思っていました。yamatakaさんがおっしゃるように、ネタ切れか販売部数の問題か、なのでしょうね。

逆にデジタルカメラ関連の雑誌はあふれるほどありますよね。
CLが無理にデジタル化した場合、競合相手が増えることで逆に販売に影響が出るってことはないのでしょうか。まあ、いらぬ心配なのでしょうけど(^^ゞ
raisuke
URL
2013/12/21 05:47
三たび〜^^)v

あまりの多忙さに、本屋さんにも行けてない状態でした。
今行くと、逆に新鮮かも。
銀塩カメラは新製品がほぼないので、編集者も大変かと思います。
過去の評価とダブり、トリプリがあるからです。

ニコンがDfを出したことで、デジタルカメラも活気づくのではないでしょうか!
ニコン社も富士フィルムがXシリーズの評価を観て、Dfの販売を決めたらしいですからね〜。

明日は本屋にCL目指して直行!か!?(笑)
sonic800
2013/12/21 23:17
こんにちは〜
こちら購入しました。
やっぱり今はフィルムカメラだけの雑誌は難しいのかもしれませんね
でもこの号結構面白かったですよね^^
arcteryx1971
URL
2013/12/22 15:59
こんばんは♪

おっ!カメラライフ買われていたんですね。
僕はパスしました。
でも、yamatakaさんの記事を読むと
買えばよかったとちょっと後悔。。。(>_<)
あっ!カメラマガジンの12月号は
すごく良かったですよ!
masa+
URL
2013/12/23 00:11
raisukeさんこんにちは!
こちらにもコメントありがとうございます♪

CLはカメラマガジンと違ってはじめから100%フィルムカメラの雑誌ではありませんでしたが、それでも誌面の9割以上はフィルムカメラ関連の記事で占められていました。
でも、徐々に特集記事がデジタルカメラになっていき、今では誌面の半分以上がデジタルに。
フィルム専門誌として刊行されてきた『カメラマガジン』がデジタル専門誌の『F5.6』と統合して月刊誌『カメラマガジン』として生まれ変わったのとアプローチこそ違えど、同じ方向に向かっていっていますね。
新製品が出ない、フィルムの種類がどんどん減ってきているといった状況で記事づくりをしていくのは本当に難しいだろうなあと思います。

かといってデジタルカメラに傾倒していくとraisukeさんがおっしゃるように既にあまたあるカメラ雑誌との競合になり、それはそれでこれまで以上に厳しい状況になるような気もしますね。
カメラマガジンもCLも、もともと月刊誌ではなかったのですから、年に2回ぐらいの発行にして、その分記事の充実を図っていってほしかったなあというのが本音です。
yamataka
2013/12/24 11:13
sonicさんこんにちは!
三たびコメント、ありがとうございます(^O^)/

カメラマガジンもカメラ・ライフもそうでしたが、ここ最近は同じようなネタの焼き直しみたいなのが多かったですよね。
新製品が出ない以上、撮れる写真の世界が広がるわけでもないので誌面を膨らませるのも大変だと思います。

デジタルカメラも黎明期とは異なり、今では数年前のモデルでも十分綺麗に撮れるため、単なるスペック競争だけでは買い替え需要を喚起することも難しく、価格下落に陥る(買う側としてはありがたいですが、笑)だけなので、Dfや富士フイルムのXシリーズみたいに趣味性を高めた付加価値商品への展開が図られていくのではないでしょうか。

その富士フイルムがまもなく、一眼レフタイプの形状のXシリーズを発表するそうです。
デザインは往年のフィルムカメラ、フジカSTに似たものになるとか。
レトロ調のデザインがどうとかこうとか批判する人がいますが、デジタルからカメラを使い始めた人たちからすれば逆にこういうデザインのほうが新鮮味があるのかもしれませんね^^
yamataka
2013/12/24 11:29
arcteryxさんこんにちは!

私もここ最近のCLの中では今回の号は面白かったと思います。
今年は北海道、沖縄と旅行して、どちらへもD700を持って行きましたが、やはり旅カメラはもっと軽量コンパクトな方がいいなあとつくづく思いました(^^;
次に購入する機材としてDfを狙っていますが、これも旅カメラにするには少々大きくて重たいですよね、どうしよう・・・(笑)
yamataka
2013/12/24 11:33
masa+さんこんにちは!

なんだかんだ言ってカメラライフはVol.1からすべて買ってしまってたりします(^^;
カメラマガジンはまだ見てないんですけどよさげなんですね〜(^^)!
今月、既に2冊もカメラ関係の書籍を買ってしまったのでどうしようか悩みます。
とりあえずヨドバシに行ってみようかな(笑)
(結局買ってそう・・・笑)
yamataka
2013/12/24 11:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
CAMERA LIFE Vol.16 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる