モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 超マイナーチェンジモデル?? 「Nikon D610」

<<   作成日時 : 2013/10/09 23:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 8

さて、いきなりですが間違いさがしクイズです(笑)
D600とD610、いったいどこが違うのでしょうか(^^)?


正面から見た画像。
エンブレムを見れば一目瞭然ですね。
画像

画像



背面から見た画像。
違いがまったく分からん。あ、かろうじてモードダイヤルの「Qc」モード(D610)で判別できるくらいか・・・
画像

画像



側面。
もはや違いが見出せません(笑)
かろうじてエンブレムの部分で判別できるかどうかといったところ・・・(^^;
画像

画像




というわけで、うわさどおりとはいえ、本当にほとんど寸分たがわないモデルのようですね(^^;

一応、スペック上の違いはあって、

@連写速度がD600の5.5コマ/秒から6コマ/秒に向上。
AD600の静音撮影と同レベルというシャッター音で3コマ/秒の連写が可能な静音連写モード追加。
B撮影頻度の高いシーンでのオートホワイトバランスの制御を最適化することで、屋内外を問わず、自然な印象の色再現を実現。

だそうです。
正直言って、1年でモデルチェンジする必要が本当にあったのかと思わざるを得ません(笑)

『デジカメWatch』の記事によれば、メーカーの言として「連写性能への不満からD600の購入を躊躇していたユーザーの声を反映した」と記載されていますが、「連写性能への不満からD600の購入を躊躇していたユーザー」が、連写速度が5.5コマ/秒から6コマ/秒に向上したからといって購入に踏み切るとはとても思えないのですが・・・(笑)

今回のD610はうわさが出てきたのも突然でしたし、いろいろと謎の多いモデルではありますが、真相はやはり「D600のダスト問題」に起因するのでしょうか。

D600のダスト問題はシャッターユニットの機構そのものに問題があったとも言われており、機構部分を改善(シャッターユニットの変更?)した結果、D600とは別型番にせざるを得なくなり、さらにその恩恵として連写速度向上と静音連写モード追加という「副産物(?)」を得ることになったのかもしれません。
(あくまでも想像ですが・・・)


いずれにせよ、異例ともいえる1年でのモデルチェンジとなったD600シリーズ、手頃なサイズで手が届きやすいフルサイズ機として、これからどんな展開を見せてくれるのか注視していきたいと思います。


ちなみに私は、今すぐには手が出ないので、1年後に「D620(笑)」が出る頃に安くなったD610を買おうかと・・・(^m^)



【追記】
今日の会社帰り、ニコンプラザに寄って、早速D610の実機を見てきました。
見た感じから触った感じまで、まんまD600とまったく同じでした(笑)

カタログももらってきました(下写真中央)。
表紙はD600のそれ(左)よりもカッコいいですが、まだ簡易カタログなのでしょうか、表紙含めてわずか8ページしかないペラペラのものでした(^^;
右はD610と同じ日に発表されたPENTAX K-3のカタログ。
商品自体も新機能満載で非常に気合の入ったモデルですが、カタログも商品同様、しっかりとしたものでペンタックス(正確にはリコー)の意気込みのようなものが感じられました。
手前のカタログは少し前に発表されたNikon 1 AW1のカタログ。実はひそかにこのモデルが気になっていたりします(笑)


画像
≪撮影機材:SONY DSC-RX100 Carl Zeiss Vario-Sonnar T* 1.8-4.9/10.4-37.1≫




【参考資料】

■メーカー公式発表資料(ニュースリリース)/製品情報
『軽量、コンパクトなニコンFXフォーマット デジタル一眼レフカメラ「D610」を発売』
『製品情報(Nikon D610)』

■デジカメWatch
『ニコン、小型軽量フルサイズ一眼レフ「D610」』

■デジカメinfo
『ニコンが「D610」を正式発表』


【関連記事】
『FXフォーマット最小最軽量!! Nikon D600発表!』(2012年9月14日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【連写に強い軽量フルサイズ】デジタル一眼レフ「D610」
Nikonのフルサイズセンサー搭載機種では最軽量で、静音連続撮影モードが特徴 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2013/11/17 13:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
こりゃどっちがどっちかわかりません
フォーカスポイントをもっと真ん中ばかりじゃなく
広げてくれれば買い替えも検討しますが・・・
ダスト問題も実際使ってみてホントにそうなのかなと思っちゃいます^^
arcteryx1971
URL
2013/10/10 05:21
たしかに...かなり微妙なモデルチェンジですね。
最近は一眼レフカメラを持ち歩かない軟弱者になってしまったので...お店でD600を触ってみても重くて大きくてビックリしちゃいます(笑
ささ
2013/10/10 11:10
arcteryxさんこんにちは!

実機見てきましたが、エンブレムを除けばもうまったくといっていいくらい、見わけがつきませんでした(笑)
どちらかというとこれ、強いていうなら「D600s」ですよね^^

思うに、D600のダスト問題、初期ロットに関しては実際にあったのでしょう。ニコン自身がわざわざHP上でアナウンスするくらいですから。
しかし、後期モデルについてはもうそこら辺は改善されていたような気がします。
ただ、「D600=ダスト」のイメージがついてしまったため、このイメージを払しょくするために、「D610」という「ニューモデル」にしたのではないでしょうか。

シャッター音が静かでコンサート撮影にも向いているD600は個人的にも興味のある機体なんですけどね〜^^
yamataka
2013/10/10 11:55
さささんこんにちは!

私も最近は一眼レフよりもミラーレス機等のコンパクト系のほうに興味があります。
基本的にはマイクロフォーサーズでシステムを組んでいく予定ですが、上の記事の【追記】にも書きましたようにNikon 1 AW1にも興味がありますし、まもなく発表されるソニーのα7/α7Rも非常に楽しみです♪
yamataka
2013/10/10 12:01
こんばんは(^-^)/
Yamatakaさん。かなりのご無沙汰です。
相当忙しくて(>_<) 壊れたPCもそのままです。
おじゃまするのも、ホントに久しぶりです。

D610。何でしょうか?このカメラは…。
D600オーナーとしては、新製品が出た悔しさは、ほとんどないです(笑)。
これは、ニコンらしい新製品の出しかたではないですね。
D600オーナーと言っても、忙しすぎて、ほぼ未使用状態(苦笑)。

また、おじゃましますね〜(^_^ゞ
身体は健康です!
ソニック813
2013/10/10 21:25
実は私もNikon 1 AW1に興味が(^^
はじめて欲しくなってしまったNikon 1!お気軽ダイビングの時とかシュノーケルの時に楽しそうです。
ささ
2013/10/11 15:17
ソニックさんこんにちは!
ご無沙汰していました!お元気でしたか(^^)?

PC、まだ直っていないのですね。まだまだお忙しそうですね、どうかお身体だけはご健康に(^^)v

D610、微妙なモデルですよね〜
実質ほとんど何も変わっていないような気がします。
キヤノンのEOS Kiss X6iとX7iもこんな感じでしたね。型番を変えてでも新製品として出さなくてはならない何か事情があるのでしょう。
とはいうものの、たしかにD600は他のモデルと比べるとダストが出やすい可能性はあるので、ソニックさんのD600も保証期間のうちにシャッターユニットを交換してもらっておいたほうがいいかもしれませんね。

それでは、またお時間あるときにでも遊びに来てくださいね〜(^O^)/
yamataka
2013/10/11 16:58
さささんふたたびコメントありがとうございます!

おっ、さささんもやはりAW1気になっておられましたか♪
本格的なダイビングに使えなくても、シュノーケリングや子供との川遊び、プール遊びのときに使えるので楽しそうかなと^^
これ買っちゃうとNikon 1のシステムも増殖していってしまいそうではありますが・・・(笑)
yamataka
2013/10/11 17:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
超マイナーチェンジモデル?? 「Nikon D610」 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる