モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 神戸 北野異人館めぐりオフ(その4・英国館 #4)

<<   作成日時 : 2012/06/13 00:01   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 14

ここはロンドン、ベーカー街221B。
世界的に有名な、ある人物が住んでいたとされる家です。



画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫




その人物の名はシャーロック・ホームズ
イギリスの小説家、アーサー・コナン・ドイルが生み出した、世界一有名な探偵です♪

画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫




2007年、ここ英国館に、日本で初めて、シャーロック・ホームズの部屋が再現されました。
ホームズのファンなら思わずニヤリとするようなアイテムがいっぱい。

画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 24mm f/2.8D≫




以前、このブログで『真夏の夜にミステリーはいかが?』という記事を書いたことがありますが、そのときに記述したとおり、私は子供の頃から大のミステリー(推理小説)ファンでした。
中でもコナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズは夢中になって読みました。

シャーロック・ホームズの熱狂的なファンのことを俗に「シャーロキアン」と呼びますが、私はそこまでホームズについて詳しくはなかったものの、「プチ・シャーロキアン」ぐらいの知識はあったと思います(笑)

そんなわけで、この英国館には以前から行きたいとずっと思いつつ、なかなか訪れる機会がありませんでしたが、それが今回、ようやく実現したというわけです♪




英国館ではシャーロック・ホームズに関する文献や資料なども展示されています。

画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫



シャーロック・ホームズのトレードマークとされるインバネスコートと鹿撃ち帽。
(実際はホームズはこういう服装はしていなかったとされています)

観光客の方が自由に着て記念撮影できるようになっています。
画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


この日はちょうど中国人観光客の女の子たちが何人か来ていて、この服装で記念写真を撮っていました。
画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫


私はさすがにかぶっていません(笑)
画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫



シャーロック・ホームズに興味がない方でもここは十分に楽しめると思います。
英国館、おすすめですよ♪
画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D≫








2012.6.2 神戸 北野町


(オフ会の続きはこちら)


【2012.6.2 神戸オフ会シリーズ】
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その1・英国館 #1)』(2012年6月4日)
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その2・英国館 #2)』(2012年6月6日)
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その3・英国館 #3)』(2012年6月11日)
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その4・英国館 #4)』(2012年6月13日)
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その5・英国館 #5)』(2012年6月20日)
『神戸 北野異人館めぐりオフ(その6・ラインの館)』(2012年7月30日)




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ロンドン、ベーカー街221B
この部屋の主は・・・?さて、推理を始めよう。まずヒントになるのはこのシルクハット。 ...続きを見る
marble*marble
2012/10/07 23:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
英国館の1階の写真を見た時、2階にホームズがいたでしょ?っていったん書いたのですが、きっとこの写真が出てくると思って消しました(笑)
消して正解!
でも英国館っていいですよね。
異人館の中でも好きなところの一つです。
ホームズ、初めて見た時、「あ、おっちゃんそんなとこ入ったらアカンのに」って思いました(笑)
本物の人だと思ったんですよね〜

うちに書いて下さった新しいカメラのレンズについての助言ありがとうございます。
そのことでお聞きしたかったのですが、ここに書いていいですか?
返事なしに書いちゃいますが(笑)

yamatakaさんが紹介して下さったレンズはもう新品では売ってないんですよね?
あのレンズに近いので50mm F1.8Dっていうのがありますよね。
Gの方が新しいみたいですが、どちらかというとデジカメ用かなって思いながら見てました。
両方、フルサイズ用なので、使えるようではありますが。
価格コムなどの口コミを見ているとGをお勧めする声が多かったですが、軽さや見た目から言っても私はDの方がいいかなって思うのですが、yamatakaさんお勧めの1.8Sは1.8Dとどの辺りが違いますか?
それからもうすぐ(7月下旬)ニコンのパンケーキもいくつか発売されるようですね。
私が見たのは40mmだったと思うのですが。
これはどうでしょうね?
あと、もう少し広角のレンズを買うとしたらどれがいいでしょう?
ニコンはキャノンに比べてレンズの数がかなり多いので、選べるのはいいのですが、たくさんありすぎて選べない(笑)
ちなみに私の希望は明るくて、軽いレンズです〜

自分の聞きたいことばかりだらだら書いちゃってごめんなさい!
小雨
URL
2012/06/13 14:48
小雨さんこんにちは!

いえいえ、私のほうこそ小雨さんのブログのほうに、カメラのことばっかり書いてしまってすみません(笑)
今回は、この英国館のホームズの部屋を見に行きたくて異人館めぐりをすることにしたんですよ。
この日は全部で6館ほど回りましたが、最初に入ったこの英国館が一番のお気に入りでした。

たしかに、お部屋にいたホームズ、一瞬本物の人間に見えました(笑)

さて、レンズのことですが、私がご紹介した50mm F1.8Sは現在では発売されていません。
当時としてはとても珍しいパンケーキレンズだったと思います。

現行のニコンレンズでは、50mmだけで6種類も販売されています(笑)
うち4本がオートフォーカスモデルで、

Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G
Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

あとの2本がマニュアルフォーカスのモデルで

Ai Nikkor 50mm f/1.2S
Ai Nikkor 50mm f/1.4S

になります。

で、そのうち、小雨さんが今回購入されたFM10で使えるレンズは

Ai AF Nikkor 50mm f/1.4D
Ai AF NIKKOR 50mm f/1.8D
Ai Nikkor 50mm f/1.2S
Ai Nikkor 50mm f/1.4S

の4本になります。
yamataka
2012/06/13 15:24
長いので続きます(笑)

AF-S NIKKOR 50mm f/1.4GとAF-S NIKKOR 50mm f/1.8Gの2本はいわゆる「Gタイプ」と呼ばれるレンズで、この2本には絞りを操作する「絞りリング(絞り環)」がありません。
なので、フルマニュアルカメラであるFM10では絞りを制御することができないので実質的に使えないのです。

ということで、ご質問の1.8Dと1.8Gでは、必然的に1.8Dのほう、ということになります。
ただしFM10ではオートフォーカスは使えませんのでご注意ください。
カメラ自体がマニュアルフォーカス専用なので、はじめからマニュアルレンズのほうがいいということであれば、1.2Sか1.4Sという選択もありです。
ただ、マニュアル専用レンズは高いですので、中古で探してみるのもいいかもしれません。

1.8Dは現行のニコン50mmの中では一番リーズナブルな価格なので、このレンズでいいかなと私も思います。

ニコンのパンケーキが出るかもしれないという話は知りませんでした(笑)
もし出るとしたら楽しみですね〜
おそらく、絞りリングのないGタイプだと思うので残念ながらFM10では使えませんけどね・・・


長いのでもうちょっと・・・(笑)
yamataka
2012/06/13 15:25
連投すみません(笑)


もう少し広角ということでは、28mmあたりが使いやすいかなあとは思います。
FM10で使用出来る現行28mmレンズは

Ai Nikkor 28mm f/2.8S
Ai AF Nikkor 28mm f/2.8D

の2本です。Sはマニュアルフォーカス専用、Dはオートフォーカス用になります。
これよりもう少し広角がいいということであれば、同じく24mmのSとDがあります。
私は24mmのDタイプを持っています。このレンズをフィルムニコンに着けて撮った写真は、

http://yamataka320i.at.webry.info/201203/article_7.html

に掲載されていますのでよろしければ見てみてください。

以上、大変長々とすみませんでした(笑)

最後に、小雨さんがニコンユーザーになられたことを大歓迎いたします♪

yamataka
2012/06/13 15:27
こんにちは。
ありがとうございます。
いっぱいお返事頂いて、申し訳ないです…

早速ですが、yamatakaさんに助言頂いた、1.8Dを買いました(笑)
アマゾンに逆輸入のようでしたが、少し安いのが売っていたので。
キャノンのカメラでも思っていたのですが、やはり単焦点には勝てないんですよね。
だから単焦点に絞って考えていました。
おまけにフルマニュアルということもあって、設定部分がたくさんあるのに、ズームまで考えるのは無理だなぁと思っていたこともあって。

もう1本の単焦点は50mmを使いながらじっくり考えたいと思います。

そうそう、さっき書くのを忘れていたのですが、今回アップされていた写真で使われていたのは、F1.4のレンズですね。
綺麗ですよね!
私もキャノンマウントの30mm F1.4(シグマ)を持っていますが、あまりに綺麗で他のレンズを使えなくなりましたよ(笑)

では、またご相談すると思いますが、よろしくお願いいたします。
まずはお礼まで!
小雨
2012/06/13 18:09
子供の頃、良く読んでいました(*^^*)
調度品が、すごく佳い
感じですね!
marusukea
2012/06/14 05:13
おはようございます。
こんな場所があるのですね。
ロンドンに行ったときに見たシャーロック・ホームズ博物館の部屋とそっくりです。当たり前か^^;
ロンドンにはなかなか行かれそうにありませんが、ここならいつか行けるかも♪
私もミステリー好きで、特に英国ミステリーが大好きなのですが、
今思うと、yamatakaさんと同じように、子どもの頃の読書が発端だったように思います^^
kouko
URL
2012/06/15 07:10
小雨さんこんにちは!
早速1.8D、購入されたのですね、おめでとうございます♪
私もフィルムカメラではほぼ単焦点オンリーで撮っています。
ぜひFM10+50mmでの撮影を楽しんでくださいね!

↑では広角は28mmをオススメしましたが、個人的には35mmも大変気に入っています。
35mmだと準広角といったところですが、街のスナップでは50mmよりも使いやすいかもしれません。
って、あんまりいろいろ書くと迷われてしまいますよね、すみません(笑)

しばらくは50mmだけでも楽しめると思いますよ♪

それと、今回アップしている写真はおっしゃるとおりほとんど50mmF1.4Dで撮ったものです。
シグマ30mmF1.4も明るさとボケの綺麗さで定評のあるレンズですよね。

それでは、ニコン銀塩ライフ、存分に楽しまれてくださいね!
yamataka
2012/06/15 11:37
marusukeさんこんにちは!
marusukeさんもホームズファンでしたか^^
短編がメインで子供でも読みやすい作品が多かったですよね。

ここ英国館のホームズの部屋、調度品も本格的でとってもリアルでした。
本当にかつてここにホームズが住んでいたんじゃないかと錯覚しそうになるくらいに・・・(笑)
yamataka
2012/06/15 11:41
koukoさんこんにちは!
以前、koukoさんのブログでロンドンにあるホームズの部屋のお写真を見て以来、イギリスに行ってみたくて仕方がありません(笑)
でもなかなかイギリスまで行くのは難しいだろうなと思っていたらなんと地元神戸にもホームズの部屋が再現されているというではありませんか。
こりゃあ絶対に行くしかないなと^^
英国ミステリーといえばホームズ以外にもアガサ・クリスティ作品が有名ですよね。
エルキュール・ポワロやミス・マープルのシリーズ、大好きです♪
『そして誰もいなくなった』もお気に入りの作品です^^
yamataka
2012/06/15 11:46
こんにちは〜^^)/
先週もかなり忙しく土日も仕事でした。
英国館よいですね〜
神戸に行きたくなりました(笑)。

50mmレンズの画角は45〜46°で人間が一点を見つめたときの画角といわれています。
ズームレンズが当たり前の今では、若干画角が狭いと感じるんですが、初めて銀塩一眼レフを買った時は、お金がなくて1年くらい「標準レンズ」で修行を積みました。
今、この標準レンズの良さが見直されてきていますね〜。
sonic813
URL
2012/06/18 09:59
sonicさんこんにちは!
お仕事お疲れ様でした(^O^)/

英国館、良かったですよ!ここはオススメです。
神戸にいらっしゃる際は是非ここもコースに入れてみてください。
お時間合えば私がお供させていただきます(笑)

私も50mm一本でやっていた時期が長いのでなじみの画角ではあるのですが、正直「あともう少しだけ広ければなあ」って思えるときがありますよね。
街なかなどでは35mmもとっても使いやすいのですが、こちらは逆にもう少し狭くても・・・と思うときがあります。
そう考えると、ペンタックスのFA Limitedの43mmあたりは絶妙な画角なのかなあと思いますね^^
yamataka
2012/06/19 11:21
見学下さったホームズの部屋を企画・制作した者です。
素晴らしい写真の数々。 大変嬉しく思います。 本当にありがとうございます。

Arigato−ne.
2012/08/04 11:29
Arigato−ne.さんはじめまして!
コメントどうもありがとうございます♪
なんと、このホームズの部屋を作られたご本人さまからコメントをいただけるなんて感激です!!
子供の頃からのホームズファンとしては、これだけ作中のイメージに忠実に再現された部屋を見ることが出来てテンション上がりまくりでした(笑)
拙い写真ばかりですが、ご覧くださりありがとうございました^^
yamataka
2012/08/05 15:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神戸 北野異人館めぐりオフ(その4・英国館 #4)  モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる