モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS KYOTO STATION AM10:00 後編

<<   作成日時 : 2012/03/22 06:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像





京都駅の続きです。
今回はOLYMPUS PEN E-P2で撮った写真を。



画像




どのカメラを使おうとも、結局同じようなもんばっかり撮ってるんですけどね(^o^;



画像




↓の写真だけ、アートフィルター「ジオラマ」で撮ってます。

画像




そうこうしているうちに、集合時間の10:30が近づいてきました。
そそくさと集合場所に移動です(笑)

昨年の9月にここを撮ったときとは違って、あいにくの曇天。
ま、オフ会本番のときはお天気も持ち直してきましたけどね^^


画像
≪撮影機材:すべてOLYMPUS PEN E-P2 + M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8≫





さて、本日(3/22)はいよいよNikon D800Canon EOS 5D Mark IIIの発売日です。
奇しくも同じ発売日(キヤノンがニコンにぶつけてきた?)のライバル機、どちらも完成度が高く魅力的なモデルに仕上がっていることでしょう。

実は私、まだD800の実機を見ておりません。
D700のときは発表されてすぐにニコンプラザへ展示機を見に行きましたが、今回は忙しくてなかなか足を運ぶ機会がなく、結局発売日まで実機に触れずじまいでした。

もともと私、D800を購入する気はまったくなかったのですが、だんだんと気持ちがゆらいできています(笑)
もちろん、お値段がお値段だけに、すぐには買えません。早くても1年以上先になるでしょう。

しかし、3600万画素級という高画素だと気になるのは、巷でもよくいわれている、使えるレンズが限られてくるのではないかということ。

ただ、これも、単純に画素数だけを見るとたしかに多すぎるように思えますが、画素ピッチで考えると、APS-C機のD7000と同等、むしろ1200万画素クラスのフォーサーズ機よりも余裕があるので、そこまで神経質になるほどでもないのかなあという気も。

いずれにせよ、これからネット上にも購入されたユーザーの作例がバンバン上がってくることでしょう。
それらを見てからゆっくり考えたいと思っています。


その前にそろえたい機材がたくさんあるし・・・(笑)




2012.1.29 京都駅ビル


(オフ会本編、いよいよ次回からスタート!)


【2012.1.29 京都オフ会シリーズ】
『KYOTO STATION AM10:00 前編』(2012年3月19日)
http://yamataka320i.at.webry.info/201203/article_7.html
『KYOTO STATION AM10:00 後編』(2012年3月22日)
http://yamataka320i.at.webry.info/201203/article_8.html
『2012.1 京都オフ(その1・建仁寺 −Nikon FG編−)』(2012年3月23日)
http://yamataka320i.at.webry.info/201203/article_9.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
D800気になりますよね〜
確かにあの高画素だとレンズを選びそうなので、そちらの方も高くつきそうですね
フィルム機と違ってデジタルは機種が違うだけで、出てくる画が違うので悩ましいですね
セーニ
URL
2012/03/22 21:02
セーニさんこんにちは!
D800がうわさどおり3600万画素級で出てきたとき、D700とはまったく異なる路線だったこともあり自分にはまったく必要のないモデルだと最初は思いました。
しかし、もしD800がD700と同じ路線(画素数控えめの高速連写・高感度番長)だったら既にD700を持っている私にとってはそれこそ必要のないモデルであり、D700とは別コンセプトであるからこそ、すみ分け(使い分け)出来るかもしれないなあと。
つまり、買い替えではなく買い増しなわけですが・・・

フルサイズ2台持ちって、やっぱり贅沢ですかね〜(笑)


あ、それと、高感度が想像以上に優れていそうなのも魅力です♪
yamataka
2012/03/23 14:01
昔は、誤解を恐れず言えば
ボディより、レンズ、レンズよりフィルムの技術改良が一番「画質」にインパクトがあったように思います(考え方によってはボディの寄与はあまり無いかもしれません)。

今は、ボディが一時のパソコンのようにスペックアップしていくので、悩ましいですね。どこかで区切って新機種の買い替えをしないで撮影に打ち込むのもありなのですが、そうできないのもまた悩みの種ですね。
marusuke
2012/03/25 17:44
marusukeさんこんにちは!
確かに、フィルムの時代は(少なくとも画質に関して言えば)ボディの性能よりもレンズやフィルムの性能に依存するところが大きかったですね。
今は、ある意味ボディが「フィルムそのもの」でもあるので、ボディの性能が上がれば上がるほど画質の向上に寄与していきますね。
ただまあ、それももうある一定のレベルにまで達してしまったような気はしますが・・・

なので、これからはもっとレンズや周辺機材に投資をしたほうがいいと頭では分かっているつもりなのですが、新型が出るとどうもそっちのほうが気になってしまうという・・・(^o^;

yamataka
2012/03/26 10:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
KYOTO STATION AM10:00 後編 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる