モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS リコー、GRD初の手ブレ補正搭載モデル「GR DIGITAL IV」発表!

<<   作成日時 : 2011/09/15 20:57   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

かねてからのうわさどおり、本日(15日)、リコーより「GR DIGITAL IV」が発表されました。
今回も基本的にキープコンセプトではありますが、GRDシリーズとしては初めて手ブレ補正機構が搭載されました。
発売予定は10月中旬、店頭実売予想価格は8万円前後です。



画像




デザインは初代からおなじみのGRDデザインを完全に踏襲しています。
下に初代から今回の4代目までの写真を並べてみました。
現在、これだけ頑なにデザインコンセプトを守ってきているカメラはGRD以外ではM型ライカ、それにシグマDPシリーズぐらいではないでしょうか。
私は個人的にそういう方向性、好きです。


画像
GR DIGITAL IV

画像
GR DIGITAL III

画像
GR DIGITAL II

画像
GR DIGITAL



逆に言えば、ここまでデザインを守ってくると、パッと見でどこがどう変わったのか訴求しにくいのでモデルチェンジも難しいでしょうね。

もちろん、細かくはいろいろと改良されています。
まずなんといってもGR DIGITALとして初めてイメージセンサーシフト方式ブレ補正機能を搭載しました。
F1.9の明るいレンズと相まって、さらに暗いシーンに強くなりました。

画像処理エンジンも「GR ENGINE III」から「GR ENGINE IV」に進化し、高感度撮影時の色ノイズの低減を実現しました。

また、初代GR DIGITAL以来省略されていたパッシブAFセンサーが復活し、外部AFセンサーとコントラストAFを組み合わせることでフォーカス時間を短縮するというハイブリッドAFシステムを採用しました。
このAFシステムの採用により、AF合焦時間は最短約0.2秒、「GR DIGITAL III」と比べて最大約1/2に短縮されました。

画像設定モードに新しく2モードが追加されました。往年の名フィルムを思い出させる「ポジフィルム調」と、低彩度かつ高コントラストで、銀残しのイメージが得られる「ブリーチ バイパス」です。

他にもあげるとキリがありませんが、2年分の進化はしっかりと遂げていて、スキのない製品に仕上がっているものと思われます。

とはいうものの、8万円という価格はやはりちょっと高いと感じざるを得ないのも事実です。
2年分の進化はしているというものの、じゃあGR DIGITAL IIIは旧製品だからIVよりも大きく劣るかというとそうではなく、今なら価格も安くなっているIIIを買うほうが賢明、という見方もできるかもしれませんね。

私ならどっちを買うかなあ・・・
手ブレ補正がついて、AFシステム・画像処理エンジンも進化し、「GR史上最高画質」と謳われるIVはもちろん魅力的ですが、基本的なスペックはIIIもそう大きくは変わらないとすれば、半額近い価格で買えるIIIのほうがいいような気もするし・・・

8万円出せばミラーレス機もターゲットに入ってきますしね^^
でもミラーレス機を買っちゃうとレンズ沼が・・・(笑)

う〜ん、悩みどころです(^_^;



ところで、今回のGRD4、数量限定ですがホワイトモデルが初めて登場しました。
こちらはノーマルモデルよりもさらに5千円高い8万5千円だとか・・・(-_-#



画像
GR DIGITAL IV ホワイトエディション

画像
GR DIGITAL IVとGR DIGITAL IV ホワイトエディションの2ショット





【参考資料】

■メーカー公式発表資料
『「ハイブリッドAFシステム」「GR ENGINE IV」を搭載し速写性と画質を高めたデジタルカメラ「GR DIGITAL IV」を新発売』
http://www.ricoh.co.jp/release/2011/0915_3.html
『GR DIGITAL IV 限定カラーモデル「GR DIGITAL W ホワイトエディション」を新発売』
http://www.ricoh.co.jp/release/2011/0915_2.html
『製品情報:GR DIGITAL IV』
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital4/
『製品情報:GR DIGITAL IV ホワイトエディション』
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/digital4/whiteEdition.html


■デジカメWatch
『リコー、手ブレ補正を搭載した「GR DIGITAL IV」』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110915_477425.html
『リコー、1万台限定の「GR DIGITAL IV ホワイトエディション」』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110915_477651.html



【関連記事】
『開放F1.9の大口径!デザインはキープコンセプト、RICOH GR DIGITAL III 』(2009年7月27日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200907/article_15.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
 GR・・・・・・いいなぁ。。。。。。

 確かにお値段もいいですが、撮れる写真も結構なものですからねぇ・・・・・・・



 ------------------- ほしい(笑)
RKROOM
URL
2011/09/15 23:39
yamatakaさんおひさしぶりです。
イメージセンサー式手ぶれ補正、おそらくPENTAXの技術ですね。
早くも買収の相乗効果が出始めているのかも。
空の書斎
URL
2011/09/16 09:23
わたしは9/21発表するとされるニコンのミラーレスを見ないことには他の機種のことはいまは何も考えられません^^;
SHIN
URL
2011/09/16 21:23
身近に持ってる人がいないということは、やはりプロカメなのかな〜!?
形が変わらないというのは、最初から完成されたものということ。
でも、中身は全然違うんでしょうね。
わたしのGX200も使いやすいですよ。
でも、やっぱりマイナーなカメラです。
sonic813
URL
2011/09/17 00:32
RKROOMさんこんにちは!
いまはエントリー一眼の値段が安くなったので、どうしてもGRDは割高に感じてしまいますが、それをはねつけるだけの魅力があることも確かですよね。

通勤カバンにぽんと放り込んでおけて、いざという時のシャッターチャンスを逃さないスナップシューターとしては孤高の存在ですね♪

yamataka
2011/09/18 08:10
空の書斎さんこんにちは!
こちらこそご無沙汰していました。コメントありがとうございます♪
PENTAXの技術が入っているなあと感じたのはイメージセンサーシフト方式ブレ補正機能が採用されたことと、画像設定モードに銀残し調のブリーチバイパスが追加されたことですね。

個性の強い両メーカーの良い部分を共有し合って、さらに魅力的な製品になっていくのは楽しみです^^
yamataka
2011/09/18 09:50
あれ?
スナップ用としては28mmは短すぎませんか?
35-50mmが使いやすいですが。。。
SHIN
2011/09/18 10:23
SHINさんこんにちは!
私も最終的な機種選定は、9/21のニコンのミラーレスを見てから決めますよ。
何台も買える余裕はありませんからね・・・(涙)

あと、焦点距離ですが、これは個人差があるのではと思います。
私個人はたしかに35oや50oが街角スナップとしては一番使いやすいですが、かといってLEICA D-LUX 4を使うときは24oでも普通に撮っていますし、28mmのGRDで素敵なスナップショットを撮られている方はそれこそ世の中に無数にいらっしゃいます。

もちろん、GRDで素敵なスナップを撮られている方がたくさんいらっしゃるからといって、私もそれを使いこなせるというわけではありませんが・・・(^o^;
yamataka
2011/09/18 10:44
sonicさんこんにちは!
GRDは私の身近でもユーザーさんはけっこうおられますし、ブログでも所有されている方が非常に多いので、決してプロカメということはないと思いますよ^^
形は銀塩時代からのイメージをそのまま踏襲していますし、完成度が高いというのはそのとおりでしょうね。

GXシリーズ、実用性からいえばGRDよりもよっぽど優れていますし、GRに(光学)ズームがあればなあというニーズはそれなりにあったと思いますので、いいところを突いた商品だと思うんですけどね〜

GXRが決して商売上うまくいっているとは思えないので、ここらでGX300を出してみてもいいような気もするのですが・・・
yamataka
2011/09/18 10:49
確かにGXRはマニアック過ぎて、今ひとつ踏み込めない。
「どうせ買うならミラーレスを・・・」という人が多いと思います。
GRDのホワイトモデル、結構良い線いってると思います。
実物見たら衝動買いしそうな感じ(笑)。
GX300出しても良さそうな雰囲気です。
ペンタとよく話し合って発売して下さい(爆)
sonic813
URL
2011/09/18 17:53
sonicさんこんにちは!
お返事が遅くなってしまいました。申し訳ありません。。。

残念ながら、おそらくGXRはこのまま終息していくような気がします。
本来なら、このまましばらくは生きながらえていけたかもしれないのですが、ペンタックスを買収したことにより、コンパクトカメラはリコーブランド、レンズ交換式システムカメラはペンタックスブランド、という風にブランドを明確にしていったほうがユーザーにも訴求しやすいと思うので・・・
なにしろペンタックスブランドで、Qよりも大きなセンサーを採用した、新たなミラーレス機を開発しているということですからね。

GX300を待ち望んでいる人は多いのではないかと思われます。
(少なくともGXRよりは)

カラバリのノウハウはペンタックスが持っているので、それをうまく活用してリコーブランドも展開していって欲しいですね♪
yamataka
2011/09/20 12:09
こんにちは。こんどのGRDWは絶対に買いと思います。半年も過ぎれば、5,6万円台になっているでしょう。
僕は、GRD2、GRD3を下取りに出して、GRDWを買おうと思います。
ライカMシリーズ、DPシリーズ等と同様に、他のデジカメと比較するのは的を得ていないと思います。
ue
URL
2011/09/20 20:04
yamatakaさん

わたしもブログで書きましたが、リコーの新しいミラーレスはGXRを終息させるかわりに設計を流用してペンタックスとして出すのだと思います。

つまり、センサーはAPS-Cサイズでしょう。
どのマウントかは気になりますが、現在、654、K、ライカM、Qの4つを出しているので、さらに追加するのは開発効率とラインナップの混乱が多いので、既存のに準拠するでしょう。

ライカMなら面白いですが、それだと、リコーはMマウント用ミラーレスレンズを新たに出さなくてはいけないので、しんどいと思います。

可能性が高いのは、マウントはKとし、従来のKマウント用レンズが簡単なアダプターで使用可能となり、ライカM用のアダプターも純正で出すと言う手です。
もちろんミラーレス用レンズはKマウントでも新規開発になりますが、Kレンズの設計が流用できると思います。
SHIN
URL
2011/09/21 09:31
GRDは高級コンパクトというジャンルを確固なものとした歴史的意味のあるカメラだと思います。
しかし、現在の状況からすると、やはり中途半端な気もします。

単焦点レンズでもセンサーを1インチか4/3型など、もう少し大きくするとか、ズームをつけると使いやすくなったんですが。。。

でも、前者ではニコンのきょう発表予定のミラーレス、後者では富士フィルムのX10が立ちふさがっているので、やはりいまの立ち位置しか存在感がだせなく。。。
SHIN
URL
2011/09/21 09:40
ueさんこんにちは!
GRDIV、私もとっても魅力的に感じています。まさに孤高の存在ですよね。
フトコロに余裕があれば、GRD確実買いでさらに追加でPENかNEX-7、あるいは今日発表されるといわれているニコンのミラーレスを買いたいところなのですが・・・(^^;
とりあえずまずGRDIVを買って、その後ゆっくりと貯金してそのとき一番魅力的なミラーレス機を買う、というスケジュールになりそうです♪
yamataka
2011/09/21 11:14
SHINさんこんにちは!
私も今度新しく出すペンタックスのミラーレスはAPS-Cだと思います。
そして、アダプター経由でKマウント対応という、いわゆるマイクロフォーサーズやソニーのEマウントと同じようなアプローチではないかと思われます。
リコーブランドのGXRは終息させ、GX300を出したほうがすっきりと分かりやすいラインナップになっていいのではないかと思います。

GRDは今の立ち位置でいいのではないでしょうか。
どのメーカーも同じようなモデルばっかりでは面白くありませんし(笑)
スナップシューターとして愛用している人が多いということは、つまりこの商品のコンセプトは現時点では正しいのだと思います。
もちろん、時代が変わればニーズも変わるでしょうし、技術が進歩すれば、いずれ今よりも大型のセンサーを搭載したGRDも出てくるのも流れとしては十分あり得るでしょうね。

ズームをつける・・・それこそまさに今までのGX100/200の路線ですよね(^^)
だからGXRを終息させて、レンズ交換式システムカメラはペンタックスブランドに集約させて、GX300を出せばユーザーにも分かりやすいですし、選択肢も増えるしいいかなあと・・・

ニコンのミラーレス機、まもなく発表ですが、ネット上にリークされた画像がホンモノならちょっとテンションダウンかも・・・(^_^;
yamataka
2011/09/21 11:41
こんにちは〜
久々のコメ、失礼します。

今頃は記事を執筆されてる頃でしょうか(笑)
早くも賛否両論あるようですが、
サンプルの画質に関しては予想よりもいい感じでした。
画質に関してはですね(苦笑)

あっ、GR4ですね (^^;
お気軽スナップカメラとして新規購入、買換え購入がありそうですねぇ。
私は少々大きくてもマイクロフォーサーズとともに歩んでいく決意でございます。
・・・たぶん(笑)
とっぷん
URL
2011/09/21 16:21
とっぷんさんこんにちは!
ご多忙中のなか、コメントくださりありがとうございます♪

ついに出ましたね〜
実は忙しくてまだ発表記事をちゃんと読めていないんですよ(^o^;
今日は手抜き記事になりそうです(爆)

まだスペックや機能等、ちゃんと把握していないので、パッと見の印象しかないのですが、正直デザインに関してはかな〜り微妙なとこですね(^_^;
個人的には、往年のニコンSシリーズのような硬派なデザインを期待していたんですけどね〜
でも、サンプル画質はよさげなのですね。では中身に期待することにしましょうか(笑)

GRD4、従来のGRユーザーからの買い替えも多そうですねぇ。
通勤カバンに放り込んでおけるサイズなので私も欲しいのですが・・・
で、これとは別にミラーレス機も欲しかったり(^m^)
オリンパスPENか、NEX-7か、はたまた今日発表されたニコンのミラーレスか、どれにしようかなと思っておりましたが、ニコンはやや微妙になってきました(笑)


とっぷんさん、「たぶん(笑)」っていうとこがかなりあやしいですよ〜(爆)
yamataka
2011/09/21 17:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
リコー、GRD初の手ブレ補正搭載モデル「GR DIGITAL IV」発表! モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる