モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS BMW 320i

<<   作成日時 : 2011/07/08 06:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 16

とうとうこの日がやってきました。




画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm f/2D≫




今年も車検を通すつもりだったのですが、ついにクルマを買い替えることに。
私のブログのURLの由来ともなった「BMW 320i」とのお別れです。
昨日、業者の方に引き取られていきました(泣)
私が会社に行っている間だったのでお別れには立会いできず、でした。




画像
≪撮影機材:Nikon D80 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED≫

「2008年3月、早朝のポートアイランドにて」




このクルマを購入したのは1998年7月。
当時私は仕事の関係で横浜に住んでいました。
納車されて3日後、大阪に異動との辞令が・・・( ̄Д ̄;) ガーン
BMWに乗って東京や横浜の街をドライブする夢はもろくも崩れ去りました(笑)
(その後、一度だけクルマで東京へ遊びに行ったことがあり、そのときは渋谷や表参道なども走りました)


以来13年、20代の終わりから40代のはじめまで、ずいぶんと長い年月、このクルマとつき合ってきました。





画像
≪撮影機材:Nikon D40 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18-200mm f/3.5-5.6G IF-ED≫

「2008年8月、富士山をバックに」





まだまだ乗りたかったのですが、家族も増えたことだし、これも人生の節目のひとつかなということで、乗り換えを決意しました。

新しいクルマの納車はまだ少し先になります。
なので、しばらくはクルマ無しの生活になります。
といっても10日間ほどですけど。


たくさんの思い出が詰まった愛車とのお別れは悲しいのですが、新しい家族(クルマ)がやってくるのが楽しみでもある今日この頃です(^o^;





画像
≪撮影機材:NTT docomo SO902i≫

「2011年7月、最後の洗車。まるで別れを悲しむかのように涙雨が・・・」



わが愛車320i、13年間、たくさんの思い出をありがとう!!





画像
≪撮影機材:iPhone 4≫

「2011年7月、別れの朝。最後の撮影」




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは〜

七夕の別れ、
13年も乗ってると自分の手足のようになりますよねぇ。
20代の終わりだと随分ヤンチャな乗り方もされてたのでしょうか (^^)

10日後には納車ですか
ファミリータイプですかねぇ
ちなみに子供いると車内メッチャ汚れます(笑)
とっぷん
URL
2011/07/08 09:56
「320i」良いクルマです。
13年ですか〜。大事にされてたんですね〜。
浮気者のわたしはほぼ3年で乗り換えです。
買うときは「今度こそ長く乗ろう!」と思ってるのですが、飽きっぽい性格なんですね。

小さいときは、車内が汚れます。
自転車に乗り始めると、ボディが傷だらけに・・・(子どもと友達が容赦なく駐輪(笑))。
新車は何かな〜?
納車が楽しみですね♪
sonic813
URL
2011/07/08 21:40
ここんにちは。
しばらくご無沙汰してましたが、ああ、ついにE36とお別れですか。
この型は私が社会人になった年にモデルチェンジされたんでよく
覚えていますね。E30の末期モデルでM-technicというのがあって、
それと迷った挙げ句にAUDI90を選んだんですが、E36が出ていたら
確実にこちらにしていたと思います。
でも、これ、いい車でしたよね。私もBMWは乗っていたことがあり
ますが、やはりBMWの神髄は3シリーズのストレート6に尽きると
思います。
それにしても愛車との別れというのはなかなか寂しいものがあり
ますよね。13年もひとりのご主人に仕えて、車の方もよい人生
を送ることができたのではないでしょうか。
さて、次の車は何でしょう?
レタス
2011/07/08 21:41
同じモデルを、友達が持っていました。当時学生だったmarusukeにはとても高嶺の花でした・・・

ドイツの車は、気の利いた快適装備は少ないかもしれませんが、着座感が自然で運転すると周りの雰囲気がすごく車から伝わってくるのが素敵です。ちょっとはまっています(笑)。
marusuke
2011/07/09 22:33
こんにちは〜
やっぱり愛車とのお別れはさみしいですね〜
いろんな思い出もありますしね〜

新しい車はなんでしょう? 楽しみですね〜^^
arcteryx1971
URL
2011/07/10 12:31
とっぷんさんこんにちは!
お返事が大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。。。

20代〜40代、ずいぶん長いことこのクルマにはお世話になりました。
わりとジェントルな乗り方でしたよ〜(^m^)

来週の今日、新しいクルマが納車されます。
ファミリータイプ、といえばファミリータイプでしょうか。
以前、お話していたように、子供が汚すことも想定して、中古でレガシイのツーリングワゴンあたりと考えていたのですが、結局、まったく別のクルマに。
「なるほど、そう来たか」と思われるかも(笑)
また朝ブラかオフ会でご披露いたしますね^^♪
yamataka
2011/07/11 13:58
sonicさんこんにちは!
お返事が大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。。。

3シリーズ、特にE36はパッケージングが巧みで良いクルマだったと思います。
最近のBMW(に限らずどこのメーカーもですが)はボディが肥大しすぎです。
だからどうしても欲しい、というクルマもなく、これまで13年間も乗ってきました(笑)

新しいクルマは一週間後にやって来ます。
なにせ13年ぶりの新車なので楽しみです♪
yamataka
2011/07/11 14:19
レタスさんこんにちは!
お返事が大変遅くなってしまいました。申し訳ありません。。。

E36、本当にいいクルマで気に入っていたのですが、ここらがちょうど買い替えの節目かなあと思いまして・・・
歴代3シリーズは他社がお手本にするほど完成度の高いモデルが多いですが、中でもE36は5ナンバーというコンパクトなボディながら優秀なパッケージングにより、ボディのプロポーションを損なわずにキャビンを最大限広くとっていたという点では秀逸なクルマだったなあと思います。
そしてなんといってもストレート6、おっしゃるとおりBMWの神髄ですよね。
いまやこのレイアウトを採用しているのはBMWだけになってしまいました。

13年間連れ添った愛車との別れ、つらいものがありました。
別れの場面に立ち会えなかったのは残念だと思う一方、これでよかったのかなあと思う一面もあります。
次のクルマは一週間後にやってきます。
私なりにこだわって選んだ1台、さて、このクルマとも長く連れ添っていけるでしょうか・・・(^^)
yamataka
2011/07/11 14:32
marusukeさんこんにちは!
私が大学生のとき、金持ちの後輩がこれに乗っていました。
いっぽう私は親父のマークII、しかも中古でやっすい値段で買ったクルマでした(笑)

いつかは私もBMWと思いつつ、その後就職して中古のソアラ(これも学生時代からの憧れのクルマでした)を買って乗り、ようやく実車を手にしたのが13年前でした。
ドイツ車は剛性感がしっかりしているなあというのが私の感想です。
街乗りではさほど変わりませんが、高速でスピードに乗ると路面に吸いつくような安定感がたまりませんでした。
marusukeさんもドイツ車なんですね。
私は次は○○車です(笑)
yamataka
2011/07/11 14:47
arcteryxさんこんにちは!
そうですね〜、13年間といったら私のクルマ人生の半分以上を占めていますからねぇ。
やはり思い入れはそうとうなものがあるので、別れはつらかったです。
壊れて手放すわけではなく、まだまだ元気に走れるだけに・・・
次のオーナーのもとでかわいがってもらえたらなあって本当に願っています。

新しいクルマ、ちょうど一週間後にやって来ます。
これまで苦楽を共にしてきた愛車との別れが寂しい一方、新しいクルマがやって来るのも楽しみだったりします^^
yamataka
2011/07/11 14:51
13年間・・・お疲れ様でした!と言う感じですかね?
ビーエム君も いい「オーナー」に当たって(?)幸せでしたね! で・・・・まだ・・・次のオーナーに・・・ですかね?(いいオーナーに出会えるといいのですが・・・・)
うちの車も・・・うちに来て12年・・・・娘が生まれる前に買ったので・・・娘は「車=これ」・・になっています・・・なので・・・「この車じゃなければダメ!」・・・と・・・・。と言うことで・・・・動かなくなるまで・・・乗り続ける事になりそう・・・?
よんちゃま!
2011/07/12 05:46
新しい車が来るのは嬉しいけれど、乗り慣れた慣れ親しんだ車とのお別れは何とも悲しいものですよね。
車好きには特に悲しい場面です…
私も自分の車を新しくして、納車の時、新しく来る車の嬉しさよりも前の車とのお別れの方が数倍悲しかったです。
前日眠れなかったですからね。
車の中で寝ようかと思いました(笑)
下取りとして車が去っていくのを見て私の頭の中ではドナドナの歌が流れていたことを思い出しますよ…
あの時、下取りに出した車は92のレビン、私が初めて自分のお金で買った車だったので別れも一入でした。

私はディーラーセールスをしていたので、そういうお別れを何度も見てきましたが、中でも一番心に残ってるのが、86レビンを下取りに出したお客さんのことです。
彼も私と同じように、そのレビンを初めての車として買ったそうで、子供が出来たのを機にハードトップに買い換えされたのですが、レビンをとても大事にされていて、納車の時「車、ピカピカにしておきました」と言ってエンジンルームを開けられると、エンジンカバーまで綺麗にワックスがかけられていました。
あぁこの人はこの車が本当に好きだったんだなと思いました。
私がその86に乗って帰ろうとすると、見えなくなるまで奥さんと二人見送られていたのがとても印象的でした。
yamatakaさんもそんな感じだったのでは?

長々とごめんなさい。
また新しい車の納車を楽しみにしていますね。
あらいゆう
URL
2011/07/12 14:34
よんちゃま!さんこんにちは!
ありがとうございます♪
本当にお疲れさま・・・でした。
おそらく次のオーナーに引き継がれることになると思いますが、是非、大切に乗っていただきたいものです。
我が家の場合は娘はまだ0歳なので、新しく来るクルマが娘にとっての「車=これ」になることでしょう(笑)
私も家内も次のクルマも出来るだけ長く乗っていきたいと考えていますので、10年以上は乗ることになるでしょうね^^
yamataka
2011/07/13 10:24
ゆうさんこんにちは!
まったくそのとおりで、新しいクルマがやって来る喜びよりも、長年連れ添ってきた愛車との別れのほうが数倍つらいです。
今回は私が会社に行っている間に引き取られていったので、ドナドナされる場面には立ち会わなかったのですが、その前のクルマ(ソアラ→BMW)のときは、BMWが納車されたその足でソアラが引き取られて行ったので、別れが本当に辛かったのを覚えています。
新しいクルマが届いて嬉しいはずなのに、その瞬間はなんだかちっとも嬉しくないんですよね。
もちろん、BMWも気に入って選んだクルマなので嬉しいことには違いないのですけどね。
今回は当日立ち会えないということもあって、前日の晩に駐車場で、クルマに乗り込んで最後にステアリングやシフトノブの感触を確かめたり、運転席から見える眺めを少しでも記憶にとどめておこうとしました。
車の中で寝ようとまで思う気持ち、私もよく分かりますよ(笑)

古いクルマをピカピカに磨いて大切に乗られている方って素敵だなあって思います。
私の実家の近所に、古いセドリックを大切に乗られている方がいましたが、いつも週末には家の前で愛車を手入れされていて、そのセドリックはいつ見ても新車のように綺麗に輝いていました。
機械であるはずクルマが、なんだかとても喜んでいるように見えたのが今でも印象に残っています。
あの人、今でもあのセドリックに乗っているのかなぁ・・・

・・・って、私も長々と書いてしまいました。
なので長文コメント、大歓迎です(笑)

来週には新しいクルマをお披露目できるかと思いますので、お楽しみに!!
yamataka
2011/07/13 10:39
13年大事にしてきた車を手放すのは、さぞかし辛い別れだったと思います。

でも、次の車に何を選んだのか、ものすごく気になります。
家族が増えたことを機に車を買い替えるということで、恐らくミニバン系ではないか?BMWからの乗り換えだから日本車は除外して「VWのSharan」と勝手に予想してみました。
58Caddy
2011/07/14 11:17
58Caddyさんこんにちは!
そうなんです、長年連れ添っていると思い入れも一入なので、別れは辛かったです。
仕事の関係でドナドナの場面に立ち会えなかったのですが、そのほうがかえって良かったのかもしれません。

そして、次のクルマですが、ご推察のとおり、国産車ではありません(笑)
ミニバン系、とは少し違うかもしれませんが、これまで乗ってきたセダン系とも違います。
来週の今頃には発表できていると思います。楽しみにしていてくださいね♪
yamataka
2011/07/14 15:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
BMW 320i モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる