モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 8年前のチラシに見るカメラ業界(って、大げさなタイトルですが・・・笑)

<<   作成日時 : 2010/12/27 10:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

部屋を片付けていると、なつかしいチラシが出てきました。
今から8年前、2002年12月の『カメラのナニワ』の歳末大感謝祭のチラシです。



画像




当時はまだまだフィルムカメラが中心だったんですね〜
京セラコンタックスも健在でした。かなり強気なお値段ですね(笑)
今なら中古で3万円台でも買えるNikon F100ですが、当時はかなりいいお値段していました。

画像




OMシステムも現役でした。
この1年後にOMシステムは約30年の歴史にピリオドを打ち、デジタル専用のフォーサーズマウントを採用したオリンパスE-システムに移行するわけです。

画像




ソニーのサイバーショット、このデザインも懐かしいですね〜
当時のサイバーショットはソニーらしい、とんがったデザインでしたね。
このカメラ、当時私も欲しいと思っていました♪
ミノルタのDiMAGE(ディマージュ)は独創的な技術により、この薄さで光学3倍ズームを実現していました。

画像




デジタル一眼レフはようやくちょっと手を伸ばせば買えるかな、という価格帯のモデルが出始めたばかりでした。
とはいえそれでも多くの人々にとってはまだまだ高嶺の花。

一般に広く普及する起爆剤となったキヤノンのEOS Kiss DigitalNikon D70がデビューするのはこれよりも後のことでした。

画像
≪撮影機材:すべてNikon D40 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G≫



8年前(2002年)といえばサッカーの日韓ワールドカップが開催された年です。
それほどずいぶん昔という印象はないのですが、こうして当時のチラシを見てみると、カメラ業界はすっかり様変わりした感があります。
まだまだフィルムカメラのほうがたくさん掲載されていましたからね。


現在のカメラ業界、8年後にはどんな風に変化していることでしょうか・・・



さて、2010年も残すところあと5日になってしまいました。
年の瀬、みなさん慌しく過ごされていることでしょう。

当ブログは年内あと1回か2回更新する予定にしておりますが、なかなか思うようにみなさんのブログにお邪魔する時間が取れないかもしれませんので、本日あたりから年末のご挨拶をして回ろうかなあと思っております。

寒さも非常に厳しくなってまいりました。みなさんも風邪など引かぬよう、暖かくしてお過ごしくださいね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントに懐かしい気持ちになってしまいますね♪
私はこの頃はNikon D1xが欲しくてもとても買えずに、D100を買ってしまいました。今こうして当時の価格を見ると、デジタルカメラはべらぼうに高いですね〜^^;
昇り龍
2010/12/27 22:26
 たった八年前なのに、カメラ業界って当時の影も形も見出せないほど様変わりしましたね。

 あの頃はまだフィルムが主流で、カメラ趣味なんて金持ちの道楽(笑)だと思っていたのですが、今や、カメラを持っていないほうがめずらしと言う。。。。。。

 なんたって、携帯にもカメラがついていますからねぇ。。。。。今は ^^;
RKROOM
URL
2010/12/27 23:40
EOS1DSが100万円近くしていたんですね(+o+)
今や1/10以下の価格で手に入る機種だって性能は方を行くんじゃないかな。
お嬢さんの世代は「フィルムって何?」ってなるんでしょうね。
デジタルの進化にはついていけな〜い
sky
2010/12/28 00:49
こんにちは〜
D100高いなあ〜 128MBのコンパクトフラッシュ
が付いて来ても当時としてはあれでも今のデジカメですと
使えませんね〜
arcteryx1971
URL
2010/12/28 05:20
昇り龍さんこんにちは!
わずか8年前のことなのに、今とずいぶん違うのでびっくりしました。
この当時のデジタル一眼レフと比べれば、今のデジイチは超高性能でありながらリーズナブルですよね〜^^
yamataka
2010/12/29 15:49
RKROOMさんこんにちは!
8年前は今とはずいぶんと市場も違っていましたね〜
今や数万円で買えるエントリークラスのデジイチでも、上の写真に載っているモデルが足元にも及ばないくらい、高性能になっていますものね。
一眼カメラの人口、確実に増えていると思います。

最初に携帯にカメラがついたとき、こんなん使い物にならんやろうと思ったものですが、今や画質も向上し、ちょっとしたスナップなら十分い使えるくらいになりましたね。
これも8年前には想像もつかなかったことですよね^^
yamataka
2010/12/29 15:49
skyさんこんにちは!
そうですよね〜
ボディの堅牢性といったフラッグシップモデルならではの部分を除けば、最新の10万円前後のモデルの方がスペック的にもはるかに上でしょうね^^
寂しい話ですが、フィルム売り場が縮小されたり、ラインナップが減少している現状を見れば、今の子供たちが大きくなる頃にはフィルムカメラというのは一部のお金持ちが楽しむ非常に贅沢な趣味になっている可能性がないともいえないでしょうね。
それにしてもデジタルの進化のスピードにはついていけないですね〜(>_<)
yamataka
2010/12/29 15:53
arcteryxさんこんにちは!
D100の価格、当時としてはずいぶんと下げてきたなあと思いましたが、それでも今のデジタル一眼レフと比べると非常に割高感はありますよね。
しかもおまけのコンパクトフラッシュが128MBって・・・(笑)
いくら8年前のカメラとはいえ、D100でも128MBでは容量が少なすぎですよね、50〜60枚ぐらいしか撮れないような気が・・・(^o^;
yamataka
2010/12/29 15:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
8年前のチラシに見るカメラ業界(って、大げさなタイトルですが・・・笑) モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる