モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンタックス、デジタル一眼レフの新製品「K-r」を発表!

<<   作成日時 : 2010/09/10 12:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ペンタックスは9日、デジタル一眼レフカメラの新モデル、K-rを10月中旬に発売すると発表しました。





画像





実質的には現行モデルであるK-xの後継機ですが、当面はレギュラーカラーに限り、K-xも継続販売するもようです。
(K-xのオーダーカラー受注は2010年9月30日をもって終了予定)

K-xの後継機ということで、エントリーモデルではありますが、各部がブラッシュアップされ、非常に高機能なモデルに仕上がっています。

まず、現行のK-xでも非常に評価の高かった高感度特性ですが、画素数はK-xと同じ1240万画素で据え置きではあるものの、最高感度がK-xのISO6400からISO12800に引き上げられ、さらに拡張設定でISO25600までの利用が可能となっております。

ちなみに、上位モデルK-7の最高感度は通常設定でISO3200、拡張設定でISO6400ですから、今回のK-rがいかに高感度に強くなっているかがお分かりだと思います。


また、現行のK-xではスーパーインポーズ機能が付いていないことが指摘されていましたが、これについても今回のK-rではしっかり搭載されてきました。
その影響でペンタ部分がやや大きくなり、K-xに比べ高さが約5.5mmアップしましたが、K-7とよく似た形状に変更され、個人的には今回の方が好ましいデザインだと思います。


背面の液晶モニターはバリアングルこそ採用されませんでしたが、サイズがK-xの2.7型から3型に大型化され、ドット数も23万ドットから92万ドットへと高精細化されたのも今回の改良点です。




画像





そして、現行K-xでも採用されていたカラーバリエーションがこのK-rでも引き続き採用されました。

今回はボディカラー12色とグリップ10色で合計120通りの組み合わせとなっております。
(ブラック、ホワイト、ピンクのレギュラーカラー以外は受注生産)

ちなみに、K-xはボディカラー20色とグリップ5色で合計100通りの組み合わせでした。




画像





しかも今回はK-rの発表と同時に新しい単焦点レンズDA 35mm F2.4 ALが発表されたのですが、なんとこのレンズもK-rのボディカラーバリエーションと同じ12色から選べるようになっております。
(ブラック以外は受注生産)




画像




その他、K-rはペンタックスのデジタル一眼レフカメラとしては初めて赤外線通信機能(IrSimple/IrSS)が搭載されました。
そしてこの通信機能を利用して、Exif情報を使った簡単な通信対戦ゲームも楽しめるようになっています。

カラーバリエーションや通信対戦ゲームなどと書くと、このカメラがイロモノに思えてくる方がおられるかもしれませんが、基本をおろそかにしてこういうギミックばかりを搭載していたら確かにイロモノと見られても仕方がないのですが、このK-rの場合、基本が非常にしっかりと仕上がっているので、カラバリやゲーム機能はプラスアルファのお楽しみぐらいに思っておけばいいと思います。


従来のK-xを上回る高感度特性を備えたこと、スーパーインポーズが付いたこと、大型で高精細な液晶モニターが搭載されたことに加え、連続撮影枚数も6コマ/秒と、エントリーモデルとは思えないレベルに引き上げられており、非常に魅力的なモデルに仕上げられているなあと、個人的には思います。

さらに今回、バッテリーは専用のリチウムイオンタイプに変更(K-xでは単3乾電池だった)されたのですが、オプションの単3型電池ホルダー「D-BH109」を使えば、いざというときには単3乾電池での使用も可能となります。
(下の写真)


画像




これだと海外旅行等で万が一バッテリーの残量がなくなって充電できなくなったとしても、乾電池さえ手に入れば撮影可能となりますし、もしこのカメラを(少ないとは思いますが)10年以上使用したとして、予備の専用バッテリーの供給がなくなり使えなくなったとしても、単3乾電池およびエネループ等で使い続けていくことも可能です。

以上、長々と書いてきましたが、このペンタックスK-r、個人的にも非常に気になるモデルであります。
マウントを増やすことになるので購入は非現実的ではありますが、以前からペンタックスのリミテッドレンズに興味のある私としては、軽量コンパクトボディとリミテッドレンズ2,3本でのんびりスナップしてみたいという願望がありました。

メインは今後ももちろんニコンですが、たまに気分を変えてこういうカメラで写真を撮ってみたいなあと。
まあ、私にとっては銀塩カメラっぽい使い方といえるでしょうか。

だったら素直に銀塩カメラを使っておけ、というツッコミもあるでしょうけど・・・(^o^;




(おまけ)

ペンタックスからK-rと同時にこんなカメラも発表されました(笑)


画像




ダイヤブロックでおなじみのカワダとのコラボモデルです。
ボディの前面がナノブロックとなっており、付属のブロックを自由に取り付けられる他、市販のナノブロックも使って自由にデコレーションすることができるそうです。

このコンセプトの可否はともかく、最近のペンタックス、いろいろと面白いアイデアを考えますね。
それだけ、デジカメ業界の生き残り合戦が非常に厳しいということでもあるんでしょうけど・・・



画像



ところでこれ、どうやって持つんだろう??






【参考資料】

■メーカー公式発表資料
ニュースリリース『簡単操作の小型軽量デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-r」新発売
─多彩な写真表現が手軽に楽しめるハイスペックエントリーモデル─』
http://www.pentax.jp/japan/news/2010/201013.html
ニュースリリース『カメラもレンズも「アナタ色」に
世界最多!120種類のボディカラーと12色の交換レンズから
好みに応じて選べるオーダーカラー受注サービスを開始』
http://www.pentax.jp/japan/news/2010/201014.html
ニュースリリース『カワダの「ナノブロック」とのコラボレーションモデル
「PENTAX Optio NB1000」新発売』
http://www.pentax.jp/japan/news/2010/201018.html
製品情報『K-r』
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/slr/k-r/feature.html
製品情報『DA 35mm F2.4 AL』
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/lens/index35_normal.html#n-da35f24al
製品情報『Optio NB1000』
http://www.pentax.jp/japan/imaging/digital/compact/optio-nb1000/feature.html


■デジカメWatch
『ペンタックス、6コマ/秒・手持ちHDR対応の「K-r」
〜通信対戦ゲームやスーパーインポーズも搭載』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100909_392090.html
『ペンタックス、12色から選べる小型軽量レンズ「DA 35mm F2.4 AL」』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100909_392155.html
『ペンタックス、「K-r」「DA 35mm F2.4 AL」のオーダーカラー受注サービス』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100909_392157.html
『ペンタックス、カワダ「ナノブロック」でデコレーションできるデジカメ』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100909_392603.html
『ペンタックス、「K-r」の新製品発表会
〜ナノブロックとコラボレーションした「Optio NB1000」も登場』
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100909_392685.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
yamatakaさん、こんばんわ〜(^^)

新作カメラがいろいろと発表されていますね。
私のは3年間に購入したのですが、もう旧機種に・・・(^^;
でも、まだまだ使えるのでいつもお供に歩いてます。
と言いつつも新しいものは気になりますね!

ペンタックスのカメラ、なかなか良いみたいですね。
見ててちょっとほしくなっちゃいました(^^)
それにしても・・・なんという数の色のバリエーション!
シンプルに黒か白が無難なのでしょうけど、
黄色とか緑色もなかなかおしゃれな感じもしますね。

ナノブロックカメラですか。
レゴブロックのカメラなら持ってます(笑)
hiyopin
2010/09/10 22:40
 おマケのカメラが欲しい(笑)
RKROOM
URL
2010/09/10 23:22
おはようございます。
最近はフィルムばかり使っているので、
あまり新製品情報を確認していないのですが、
こちらのブログで情報をいただけるので助かります(^^)
昨日のニコンのコンデジも興味がありますが、
このペンタックスもいいですね〜。
M42マウントのレンズを手に入れてからというもの、
ペンタックスのデジタルにもちょっと気持ちが惹かれております(^^;)
でも、それこそそんなにマウントを増やしてどうする!という心の声が・・・。
kouko
URL
2010/09/11 07:12
ひょえ〜〜〜・・・一枚目、おお、わたしの好きなペンタじゃんって思ってクリックっしたら、なんと今日はカラフルなアップざんしょ・あ、僕じゃないって??ペンタですよね(笑)もう・・・なんという、色ざんしょ。わたしはクールで黒かシルバーだな。
今日はFmiちゃんと元町スナップしてきま〜す。ツァイスのキャノン仕様をゲットしたので、デジはそれで、フィルムカメラもあのリコー・・しかない。
ライカがほしい・・・・なぜだかわかりますね。昨日調べていたら、CMで福山さん、M9つかってたらしい・・ほんとうの愛用はなんだろうね・・・ライカ・・ほしいいいいいいいい・・・・

べいべ
2010/09/11 08:39
hiyopinさんこんにちは!
今年はフォトキナもあるので各社この時期に集中して新製品を発表しますよね。
ペンタックスやニコンはあともう1機種、もうすぐ発表するといわれていますし、オリンパスやパナソニックもまもなく新製品の発表があるようです。

デジタル製品は毎年のようにモデルチェンジするので買ったカメラもすぐに旧製品になっちゃいますよね。かといって写真が新製品が劇的に画質が良くなるというわけでもないですし、ユーザーとしてはいちいち買い替えていられないですよね(笑)

今回のペンタックス、これはなかなかバランスのとれたいいモデルだと思います。
本文中にも書きましたが、以前からペンタックスのリミテッドレンズに興味があったので、このボディと組み合わせて使ってみたいなあという気になりました(^o^;
もし仮に自分が使うとしたら、無難に黒かシルバーあたりにすると思うんですけど、ちょっと他の色で遊んでみたいなあという気もします(笑)

レゴブロックのカメラをお持ちなんですか!?
私は子供の頃、カワダのダイヤブロックで育ちました(^^)♪
yamataka
2010/09/12 06:29
>RKROOMさんこんにちは!

>おマケのカメラが欲しい(笑)

私もです(笑)
あれが外付けファインダーになってたら面白いですね〜(^o^)♪
yamataka
2010/09/12 06:32
koukoさんこんにちは!
そうおっしゃっていただけると嬉しいです。ありがとうございます♪
この時期は各社一斉に新製品を発表するので業界が活気づきますよね。
自分が買うわけではなくても新製品の話題は華やかで楽しいものです^^

前記事のニコンのコンデジは、気軽にバッグに入れておけるスナップカメラとして非常に魅力的ですよね。
そして今回のペンタックスK-rはカラバリなどの話題性に目が行きがちですが、一眼レフとして非常にしっかり基本が作り込まれていて好感の持てる機体だと思います。
リミテッドレンズ専門で使ってみたいなあと思わせてくれるカメラなのですが、私もkoukoさんと同じく、そんなにマウントを増やしてどうする?という心の声が・・・(^o^;
yamataka
2010/09/12 06:43
べいべさんこんにちは!
おおっ、昨日はFmiさんと元町さんぽでしたか♪
楽しんでこられましたか〜(^o^)/
ペンタックス、このカラバリすごいですよね〜(笑)
実際はほとんどの人が無難にブラックを買うのでしょうけど、現行のK-xでもときどきブルーやイエローのモデルを街で見かけますから、今回のK-rでもゴールドとかパープルとか見かけるようになるかもしれませんね^^

福山雅治の愛機は変わってなければ今でもライカのM4のはずですよ。
私も使っているモデルです♪
(ちなみに、先日の京都オフのときに持っていたのはM4ではなくてM3のほうでした^^)
yamataka
2010/09/12 06:51
財布にやさしいペンタックス!?(笑)
コンパクトな単焦点はまります!!
sonic813
URL
2010/09/12 08:52
こんにちは〜

いやはや凄い機種ですねぇ
ハイエンドな機種と比べて見劣りするのはペンタミラーぐらいなもんでしょうか。
それプラス遊び要素がありますし。

私なら黄色の軍艦、赤のボディ、青のDA35mmかな。
これにて信号K-r(笑)
とっぷん
URL
2010/09/12 11:43
高性能ですね〜!!
高感度に強いんですね!
高感度撮影時の画質も気になります。
ところでスーパーインポーズ・・・っていうのは何でしょうか?
赤外線通信や、カラーバリエーションの豊富さなど
遊び心も満載ですごいですね〜。
レンズも色が選べるとは・・・!

ブロックのカメラ、かわいいですね〜!!
部屋に飾っておきたい感じです☆
shakasha19
URL
2010/09/13 09:53
sonicさんこんにちは!
K-rはエントリー機とは思えないくらい高性能で、しかもコンパクトでお値段も手ごろでちょっと気になっています。
レンズシステムはニコンでひととおりそろっているので、ペンタは単焦点(リミテッド)専門であまりシステムを広げずに使ってみたいです♪

ニコンがリミテッドレンズみたいなコンパクトで高品質の単焦点を出してくれたら私としてはそれが一番幸せなのですが(笑)
yamataka
2010/09/13 10:16
とっぷんさんこんにちは!
ほんとに、ペンタミラー以外はK-7と比べても見劣りするところがほとんどないですよね。
エントリー機でここまで性能が上がってきたら、中級機以上のモデルはどんなすごいことになるのでしょうね^^

私ならピンク(あるいは赤)のボディにブラウンのグリップでシャア専用ザクとか考えてしまいました(笑)
yamataka
2010/09/13 10:16
shakashaさんこんにちは!
もともと前モデルのK-xが、APS-Cではトップクラスの高感度特性といわれていたのですが、今回のK-rはそれを上回る高感度の強さを誇っているそうです。
スペックについては十分すぎるほどの性能なので、あとは実際の画質を見てみたいですよね。

スーパーインポーズというのは、ファインダーを覗いたときに、ピントの合った位置が赤く光るかと思いますが、あれのことです。
現行のペンタックスK-xにはその合焦した位置が光る機能がなく、どこにピントが合っているのか分かりにくいという指摘が以前からあって、それがこのカメラの弱点だと言われていたんですよ。
今回のK-rではその弱点も克服して、隙のない、バランスのとれた機体に仕上がったと思います。

レンズもコーディネートできるのは遊び心があって面白いですよね☆
yamataka
2010/09/13 10:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ペンタックス、デジタル一眼レフの新製品「K-r」を発表! モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる