モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS F5.6

<<   作成日時 : 2009/10/12 11:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

エイムックから新しいカメラ雑誌が発売されています。
『F5.6』と書いて「エフゴーロク」と読みます。

どういう雑誌かというと、簡単に言えば、同じエイムックから出ているフィルムカメラ専門誌『CAMERA magazine』のデジカメ版といったところでしょうか。
最初店頭で手に取ったとき、てっきり『CAMERA magazine』の最新号が出たのかと思いました(笑)
機材がデジタルカメラである、ということ以外は構成、誌面づくりが『CAMERA magazine』とそっくりです(^^♪

デジタルカメラとはいっても、巷にあるカメラ雑誌で取り上げられているような一眼レフカメラはほとんど載っておらず、例えばライカM9X1D-LUX 4、それにオリンパスE-P1リコーGR DIGITAL IIIシグマDP1/2キヤノンPowerShot S90など、カメラに対してちょっとこだわりを持っている人が使っていそうな機材をチョイスして取り上げられているのが特長です。

この雑誌を見ていると、デジタルカメラの世界もスペック競争がある程度落ち着いて来て、新しいステージに一歩踏み出したのかなというような気がします。趣味性の部分の占める割合が少し高くなったというか、多様化されてきたというか。。。

もちろん、カメラは工業製品でもありますから、メーカー同士の技術競争も大切です。これからさらに高画質や使いやすさに磨きをかけた製品がどんどん出てくることでしょう。

一方で、現行のデジタルカメラでも既に十分すぎるほど綺麗な写真が撮れるのも事実であり、これ以上のものを求めなくてもいいという人も多いのではないかと思われます。
10年前のデジカメと今のデジカメの画像を比べると明らかに今のデジカメの画像の方が綺麗ですが、今のデジカメの画像は10年後のデジカメと比べてもさほど見劣りすると思えないんですよね^^

そういう意味では、デジタルカメラも徐々に成熟の時期を迎えつつあるのではないかなあという気がするのです。
この『F5.6』を見ていてそう感じました。

なお、この『F5.6』は『CAMERA magazine』と同様、不定期刊行誌です。
今のところNo.2が出るのかどうか、出るとしたらいつごろなのか、正式には何もアナウンスされておりません。

1冊で終わってしまったりして(^o^;





画像
≪撮影機材:Nikon D40 + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II≫




さて、今日で世間は三連休の最終日ですね。
みなさまはどこかお出かけなさいましたか?

私はといえば今月下旬にある試験を受けるため、昨日も一昨日もその試験勉強をしておりました。
そして今日は今から泊まりがけで組合の研修に出かけなくてはなりません(-_-#
3日間、爽やかすぎるほどの秋晴れ、なのに三連休の間、まったくどこへも出かけられず。。。


うぅ、悲しすぎる・・・(ToT)






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
私、実はカメラそのものにあんまり物欲が感じられなくなっています。いえ、正確にはデジタル一眼レフに対する物欲が薄れてしまっているんですよね〜。
十年後、カメラの世界はどうなっているものやら。多分私は今のカメラをそのまま使ってるような気がします。不満もお金も、両方ないですから〜(笑)
昇り龍
2009/10/12 18:03
こんばんわ〜^^
何だか一眼を持っている人が増えていますね〜。回りにも数人始めた人がいますよ。雑誌業界も不況のようですが、デジカメ関連は創刊がおおいようで、ユーザーが増えているからでしょうね。 F5.6...あんまり使わないF値ですが...どういった中身なのか気になりますね^^
それでは〜
Tane Mahuta
URL
2009/10/12 18:38
わたしも一通りカメラを経験すると、いまは物欲が減ってきて、新しいカメラを見ても以前のようにほしいとは思わなくなりました。
いま持っている中級機でさえも重いので、フルサイズ機はよほど軽くなって価格が下がれば、買い替えという時点で購入を考えるでしょう。
いまちょっと興味があるのが薄型のAPS-Cデジタルカメラです。
Leica X1、ニコンの今週発表といううわさのコンデジ、キャノンが来年発表するというズーム・コンデジ、SONYのミラーレスDSC-RXなどです。一眼の生活が変わりそうな予感です。
SHIN
URL
2009/10/12 21:26
この雑誌の表紙のセンス、とても良い感じです。
本の表紙に綺麗な風景写真をいっぱいに使うところに、写真に対する意気込みを感じますね(^^)

私が一眼レフ以外のカメラで気になるのは、やはりGRD3でしょうか♪
Toshi
URL
2009/10/12 22:39
 デジタルは正直もういいかなぁ・・・・・・・物欲を刺激するカメラが出たら購入に踏み切るけれど。


 現段階だと、こんな感じでしょうね。
 もうここまで来たら、あんまり画素数も気になりません ^^;


 あ、もっとコンパクトな、メカニカルなマニュアルデジタルカメラが出たら買うかもしれません。



 ・・・・・ って、結構マニアックですね ^^;
RKROOM
URL
2009/10/12 23:16
私も昇り龍さんと同じで物欲がなくなってしまいました。欲しいレンズはあるんですけど、欲は不思議と制御できています^^おそらく今持っているカメラに対する満足度が高いからでしょうね。連休は真ん中がお仕事だったので最終日の今日はダラダラと過ごしてしまいました。
どりさま
URL
2009/10/13 02:17
こんにちは〜

F64なるカバンはありますが、F5.6なる雑誌もでましたか。
カメラマガジンはフィルム熱がますので読むの怖いのですが(笑)
この雑誌もヤバそうですね。

デジタル一眼レフへの欲求はほぼ満たされました。
D800がでようと5DmkIIIがでようとあまり興味ないのですが
コンデジ界はやばそうですね。
MFTは画質が向上していきそうですし、
APS-Cコンデジも時間の問題ですよね。
高嶺の花、M8もヤフオクで20万円台前半の落札も
あぶない、あぶない。。。
とっぷん
URL
2009/10/13 09:14
こんにちは〜。
カメラバッグ特集のムックかと思いました(笑)。
エイムックもいいところをついてきますよね〜。

最近は、画質の向上も行き着くところまで来たような感じで、カメラとしての質感やアートフィルターなど付加価値で勝負!みたいなとことがありますよね〜。
コンデジも一般向けとマニア向けのものといろいろあって機種選択の幅がものすごく広いですよね〜。
デジカメ普及初期の頃は、色の出方が結構こってりで、いかにもデジタル!みたいなところがあって、いまは自然な色を出すのが普通になってますよね。

先週、久しぶりにキタムラの中古コーナーを見ていたら、デジタル一色に変わっていて、銀塩カメラは隅っこの方に追いやられていました。
オートフォーカス一眼なんかこづかいで買えるような安価で販売されていて、またまた銀塩の衰退を感じた次第でした。

私は連休は仕事でした(接客業で仕方ありません)。
今日は平日公休で(仕事より)家事に忙しいです(笑)。


sonic813
URL
2009/10/13 10:06
CAMERA Magazineっぽいなーと思いました。
デジカメもようやく趣味性の強い機種が各社から登場してきて楽しい時代になりましたね!
F5.6は「これならメーカー分け隔てなく使ってみたいなー」と思わせてくれる本でした。
物欲は...まだまだ消えてませんよー(笑)
ささ
2009/10/14 07:42
昇り龍さんこんにちは!
実は私もそうなんですよ。
レンズは欲しいものがまだいくつかありますが、カメラボディ、特にデジタル一眼レフに関してはまったくというほど物欲が沸かなくなりました。
3台も持ってるんだから当たり前だろうといえばそれまでなのですが・・・(^o^;

普段バッグに気軽に入れておけるコンパクトタイプのデジカメや、中判フィルムカメラなどには興味が沸くんですけどね〜(笑)
yamataka
2009/10/14 15:08
Tane Mahutaさんこんにちは!
一眼(レフ)、リーズナブルなモデルが増えましたものね〜
だいぶ敷居が低くなりましたし、女性ユーザーも増えましたね。
カメラ関連の雑誌も増えました。内容もバラエティに富んできましたし。
この『F5.6』はカメラ雑誌ではありますが、いわゆる『アサヒカメラ』や『デジタルカメラマガジン』などとはずいぶんと雰囲気の異なる雑誌です。
是非書店で見てみてくださいね〜♪
yamataka
2009/10/14 15:09
SHINさんこんにちは!
私も今はデジタル一眼レフにはまったくといっていいほど物欲が沸かないですねぇ(笑)
レンズはいくつか手に入れたいものがありますが。。。
うわさのニコンAPS-Cミラーレス機、今日の時点では発表がありませんでしたね。
(D3SとAF-S Micro 85mm F3.5VRの発表はありましたが)
明日といううわさもあるのでひょっとして2日連続で新製品発表をするのでしょうか(笑)
yamataka
2009/10/14 17:17
Toshiさんこんにちは!
『CAMERA magazine』もそうですが、エイムックの表紙はとてもセンスがいいと私も思います♪
すっきりしていて、ごちゃごちゃとしていないのがいいですね。

GRD3いいですよね!最近はデジタル一眼レフの新製品が出てもあまりワクワクしませんが、この手のカメラの新製品が出ると気になってしまいます(笑)
yamataka
2009/10/14 17:22
RKROOMさんこんにちは!
画素数に関してはまったく気にならないですよね。
むしろこれ以上増やしてくれるなと(笑)

デジタルで物欲を刺激されるカメラがあるとすればまさにこの『F5.6』に掲載されているようなやつばかりです。
一眼レフには最近はピクリとも物欲を刺激されなくなってしまいました(^_^;
(あ、決して撮影意欲がなくなったわけではないので、レンズに関しては今でも欲しいものが何本かありますよ、笑)


>コンパクトな、メカニカルなマニュアルデジタルカメラ〜

あ、それ出たら私も欲しいかも(笑)
(私もかなりのマニアック(^_^;)
yamataka
2009/10/14 17:28
どりさまさんこんにちは!
私も一眼レフカメラに対する物欲はまったくといっていいほどなくなってしまいました(笑)
レンズは欲しいものがいくつかあるのですが、どりさまさんと同じくなぜか物欲が制御できています(^_^;
だからいつまで経ってもレンズが増えないのでしょうね(笑)
yamataka
2009/10/14 17:39
とっぷんさんこんにちは!
F64のカバン、つい先日思わず買いそうになってしまいました(爆)
カメラマガジンも読むとヤバイですが、私の場合、この雑誌に載っているようなカメラがまさに自分用に欲しいところなので、こっちの雑誌の方がヤバイかもしれません(^o^;

デジタル一眼レフについては、私もD700、D80、D40の3台体制で満足しています。
なので最近は新製品が出てきても以前ほど興味が持てなくなってしまいました。
レンズがあといくつかそろったら一眼レフシステムについては物欲がなくなってしまうかも(^o^;

その代わり、高性能コンデジや中判フィルムカメラ、M型ライカなど、余計な方向に興味が移って行ってしまっているのが怖いですが(爆)

なんと、M8が20万円台前半ですと!?
それはとっぷんさん、逝っとくべきでは(^m^)
yamataka
2009/10/14 17:48
sonic813さんこんにちは!
デジカメの画質、大半の方は現行モデルで不満はないと思います。
画素数競争もひと段落でしょう。もちろん、技術的にはまだまだ画素数を上げることは可能かもしれませんが、ユーザーがそれを求めているかというと、仕事の関係で大きく引き伸ばす必要がある人以外はそれほど求めていないような気もするんですよね。
その分、おっしゃるようにカメラそのものの質感やデザインであるとか、付加価値を高めることで商品力を維持していこうとしているのかもしれません。
我々としては選択肢が増えて楽しくなってきたと同時に、悩ましいことでもありますが(笑)

銀塩カメラ、本当にあっという間にアイテム数が激減して、売り場での存在感もなくなってきつつありますね。
その分、最近は中古カメラ屋さんを見る方が楽しくなってきました^^

その中古カメラ屋さんも、じわじわとデジタルカメラの割合が増えつつあるようですが。
yamataka
2009/10/16 10:15
さささんこんにちは!
デジカメもある程度技術競争が落ち着いてきて、バラエティのあるアイテムが増えてきましたね♪
特にコンパクトカメラが今は面白いです^^

とはいえ、一眼レフの分野も次から次へと強力なラインナップが登場してきています。
つい先日発表されたアレ、さささんはもちろん、「買い」ですよね〜(^_-)-☆
yamataka
2009/10/16 10:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
F5.6 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる