モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 六甲山ハイキング 〜穂高湖・天狗塚〜

<<   作成日時 : 2009/09/21 16:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

シルバーウイーク2日目の昨日、お天気も爽やかで気持ち良かったので、六甲山にハイキングに行ってきました。

阪急六甲から山手に向かって登っていきます。
しばらく住宅街が続きます。住宅街っていってもお金持ちのお屋敷ばかりですが(笑)


海と山が接近したいかにも神戸らしい風景。海キリンが見えますね^^
画像



お天気はピーカンです♪
画像



ようやくハイキングコース入り口に到着。この時点で既にバテバテ(^o^;
画像



なのでいきなり休憩(爆)
画像



ちなみに徳川道とは、慶応3年(1867年)、外国人との紛争を避けるため、神戸の外国人居留地近くを通る西国街道を迂回する新道として六甲山中に造成されたものです。しかし、完成後すぐに江戸幕府が政権を失い、大名の参勤交代の必要がなくなったため、一度も使われず廃道となりました。現在は杣谷(そまたに)から布引谷のゲートロックまでを徳川道と呼んでハイキングコースとして利用されています。



見上げると雲ひとつない青空。真夏ではないので空気も爽やか♪
画像



木漏れ日が気持ちいい。
画像



綺麗な清水
画像



階段も多い。まもなく目的地かと思ったらまだしばらく階段が続きました(^o^;
画像



ようやく目的地に到着。穂高湖です。
画像



さて、1年以上前から当ブログをご覧頂いている方々はこの名前に記憶があるかもしれませんね。
そう、昨年の7月に早朝撮影でここを訪れているんです。
そのときの写真はこちら

『朝焼けブラザーズ 第3章(その1・穂高湖畔)』
http://yamataka320i.at.webry.info/200807/article_7.html

早朝の幻想的な光景とはずいぶんと違いますね(^^;
というか、ここまで歩いて来たことに自分でもびっくりです(笑)


画像




帰りは別のコースを歩きました。
こちらはアップダウンの激しい、かなりキツいコースだったのですが、途中に長峰山の天狗塚というスポットがあるので行ってみたかったのです。
天狗塚とは、長峰山山頂にある巨大な岩で、ここからは360度の眺望が得られます。
はっきりいってここにたどり着くまでキツかったのですが、この展望が疲れを癒してくれました♪


芦屋・大阪方面
真ん中にいつもベランダから撮っている芦屋のマンションが見えます。
画像



そしてこちらが神戸方面
真ん中にメリケンパークのオリエンタルホテルや神戸ポートタワーが見えます。
画像




素晴らしい眺めを堪能し、しっかり休憩もとって再び下山を始めましたが、帰りのコースは非常に足下が滑りやすく、ちょっと油断をするとズルッと滑って谷底に落ちそうになるのでかなりしんどかったです(^_^;
2時間近くかけてようやく阪急六甲まで帰ってきましたが、足は筋肉痛でガクガクでした(笑)
今日もまだガクガクです(>_<)

今回のコースはちょっとハードでしたが、爽やかなハイキング日和に、素晴らしい景色を見ることができてよかったと思います。


でもまあしばらくは山登りは勘弁して!といった感じですが(爆)




画像
≪撮影機材:すべてNikon D40 + AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II 4枚目トリミング≫



2009.9.20 神戸 六甲山




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
私も口ではだいぶん以前から登山に挑戦すると言ってますがなかなか実現できていません。恐らく同じように足腰がガクガクブルブルになると思います^^;
どりさま
URL
2009/09/21 17:21
大変体力を消耗されたご様子ですね^^; でも引き換えにこんな素晴らしいお写真、景色に出会えたのですから〜♪

おっと私は何の苦労もせず、ビール呑んで呑気にこのお写真を拝見してるのでした(笑)
お疲れ様でした♪
昇り龍
2009/09/21 22:38
お疲れ様でした〜(^^)/
高台からの景色を楽しむためには、このくらい頑張らないと駄目なのでしょうね、

私はここからお写真を拝見しながら一杯やらせて頂きます(笑)
Toshi
URL
2009/09/22 00:06
おはようございます。
すごい眺望ですね。これは高い!
先日散策にいった時、参拝したお寺の裏山へ登ったのですが、
かなりの急勾配で、やはり足ガクガク、翌日筋肉痛でした^^;
清水のお写真、秋の色ですね〜♪
kouko
URL
2009/09/22 08:47
こんにちは〜
ハイキングお疲れ様でございます。

1枚目、やはり神戸のイメージはコレですね。
海→平野部の港町→坂道

徳川道なんてあるんですね、その名の由来を知ってるだけでも歩いたときに感慨深そうです。

えーっと、穂高湖!?
あの穂高湖が昼間はこんな表情を。
ボート遊びしてる人も多いんですね。

天狗塚、いい眺望ですね。
ここから見えるであろう綺麗な朝景・夕景を想像しましたが、遭難しそうですね。(^^;
とっぷん
URL
2009/09/22 09:27
 気持ちよさそう。
 六甲山、一度くらい登ってみたいですね、私も♪

 と言ってももついつい車でぱぱっと頂上まで。

 ・・・・・油断していると、足腰弱くなるかも ^^;
RKROOM
URL
2009/09/22 15:10
わたしの家の近くを歩かれていたんですね(笑)
ちょっと西側ですが。
ボーイスカウトのとき引率で摩耶山を上ったことがありますが、岩が崩れやすくすごかった思い出があります。
穂高湖は行ったことないですね。
一度トライしないといけませんね。
SHIN
URL
2009/09/22 19:49
こんばんは!
六甲山は結構ハードですよね!
みんなカヌー?に乗ってるんでしょうか?
歳をとると筋肉痛が翌朝出てきてしまいますね!
arcteryx1971
URL
2009/09/23 02:26
どりさまさんこんにちは!
昨年の富士登山はさすがにある程度気合いが入らないとなかなかふんぎりがつきませんでしたが、六甲山は気軽に行けるので割と気負いなく行くことが出来ますよ♪

ただ、今回のコースは思っていたよりもキツかったのですが・・・(^_^;
yamataka
2009/09/23 11:44
昇り龍さんこんにちは!
その日のうちに筋肉痛になったということは私もまだまだ若いということでしょうか(爆)
帰りのコースは山を下って行くはずなのにちょっと下ったと思ったらまた上り道になったりで、気分的に倍疲れました(^o^;

いえいえ、ビール呑みながら酒の肴にこの景色を楽しんでくださっているのなら私も撮って来た甲斐があるというものです(笑)♪
yamataka
2009/09/23 11:47
Toshiさんこんにちは!
この景色を見たときは、それまでの疲れも吹き飛んだような気分になっていましたが、その後の下りのコースがかなりキツかったので下山したころにはすっかりヘトヘトになってしまっていました(^▽^;
yamataka
2009/09/23 11:50
koukoさんこんにちは!
足、特にふくらはぎの筋肉がガクガクになりましたが、苦労して登っただけの景色だったと思います^^
もう一度行けるかと言われたら当分はごめんこうむりたいところですが(爆)

翌日筋肉痛、いやーまだまだお若いですね〜
さすがフットワークよく撮影をこなされているだけのことはありますね(^_-)-☆
yamataka
2009/09/24 11:22
とっぷんさんこんにちは!
いやーほんとに疲れました^^;
徳川道、参勤交代用に作ったと書いてありましたが、あんな険しい道、馬や駕籠に乗って行けるとはとても思えませんでした。
昔の人はすごいですね〜(笑)

穂高湖、とっぷんさんとは昨年ご一緒しましたからお分かりだと思いますが、あそこまで徒歩で行くってすごいことですよね(笑)
それにしてもあの幻想的だった穂高湖、昼間見ると普通の公園にある池みたいでしょう(^o^;

天狗塚、ここからの夜景や夜明けを撮ってみたいですが、夜にここへ行くのは至難の技かも。生きて帰って来れる気がしないのですが(爆)
yamataka
2009/09/24 11:23
RKROOMさんこんにちは!
お天気にも恵まれ、とっても気持ちよかったですよ〜(*^o^*)
このスポットまで車でぱぱっと行けたらいいんですけどねぇ(笑)
途中までは車で行けるのですが、そこからはどうしても歩くしかありません(^^;

足腰、もっと鍛えなきゃいかんなあと思いました♪
yamataka
2009/09/24 11:24
SHINさんこんにちは!
帰りにSHINさんのマンションの前を通りましたよ(笑)
山道は確かに崩れやすい岩があってちょっと怖かったです。
穂高湖、歩いていくのはなかなかハードですが、バス停がすぐ近くにあるので、いざとなればバスで手軽に行けるスポットですよ♪
yamataka
2009/09/24 11:25
arcteryx1971さんこんにちは!
そうなんですよ。
六甲山は標高が低くて手軽に行けるハイキングコースではありますが、険しい場所も多く、ラクラク行ける道ばかりでもないんですよね。
カヌーに乗っていたのはみんな子供たちでした。指導員みたいな人が漕ぎ方を教えていたのでカヌー教室みたいなのが開かれていたのかもしれません。
今回は当日に筋肉痛になったので私もまだまだ若い♪♪かな(笑)
yamataka
2009/09/24 11:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
六甲山ハイキング 〜穂高湖・天狗塚〜 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる