モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 朝焼けブラザーズ 第9章(その1・弥生ロマン 唐古・鍵遺跡)

<<   作成日時 : 2009/09/17 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

昨年の5月にスタートしたとっぷんさんとのコラボ企画、『朝焼けブラザーズ』シリーズも9回目を迎えることとなりました。
第9章の舞台は奈良です。
今回はNikoさんも参加されての3人ブラザーズ(&シスターズ)と相成りました♪


午前4時(!)に集合した私たちは、とっぷんさんの運転する車に乗って最初の撮影地に向かいました。
みんな早朝からハイテンションで、車内ではワイワイガヤガヤと盛り上がりました。

そして着いたのがここ、唐古・鍵遺跡です。





画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫





唐古・鍵遺跡は田原本町にある弥生時代を代表する環濠集落遺跡です。
環濠集落とは、周囲に堀をめぐらせた集落のことをいいます。

なお、写真に写っている楼閣は、出土された土器に描かれていた絵をもとに復元されたものです。





画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫



遺跡と関係のない写真も何枚か混じっておりますが・・・(汗)
画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Zoom-Nikkor 35-135mm F3.5-4.5≫


画像
≪撮影機材:Nikon D700 + Ai AF Nikkor 35mm F2D≫




はるか昔の弥生時代の人々も同じ景色を見ていたのだろうかと思うと感慨深いものがあります。
唐古・鍵遺跡、ここは悠久のロマンを感じさせてくれる場所でした。




2009.9.12 奈良 唐古・鍵遺跡


(朝焼けブラザーズの続きはこちら)


【朝焼けブラザーズ 第9章】
『朝焼けブラザーズ 第9章(予告編)』(2009年9月12日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200909/article_9.html
『朝焼けブラザーズ 第9章(その1・弥生ロマン 唐古・鍵遺跡)』(2009年9月17日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200909/article_12.html
『朝焼けブラザーズ 第9章(その2・世界文化遺産 法起寺 そして秋桜)』(2009年9月24日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200909/article_16.html
『朝焼けブラザーズ 第9章(最終回・斑鳩の寺 法輪寺)』(2009年9月29日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200909/article_20.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
朝焼けブラザーズも第9章ですか?
しかしこうして拝見しますと、太古のロマンを
感じますね!
さぞかし、道中の車の中は楽しかったんでしょうね!
arcteryx1971
URL
2009/09/17 14:18
1枚目素敵ですね!
タイムスリップしたみたいですね。
遺跡の建物の屋根からくるんとしたものが出ているのが面白いです。
こういう建物は初めて見ました。
てんてこ
2009/09/17 23:43
だんだんと夜が明けていく感じが良くわかります。
暗過ぎず、明る過ぎずの微妙な時間帯が一番綺麗なんですね(^^)
そう考えると、撮影できる時間帯は案外短いのかもしれません。
Toshi
URL
2009/09/17 23:45
 色が・・・・・ッ、あのブルーが・・・・・ッ!!!!!

 うっとりするくらい、すてきだぁ〜。

 私も明日撮りに行こうかなぁ・・・・・・・

 ん?
 明日?

 仕事だ(笑)
RKROOM
URL
2009/09/17 23:47
arcteryx1971さんこんにちは!
いつの間にか第9章まで来ました(笑)
でもarcteryxさんとの『男子カメラ』シリーズも既に3回やっていますよ♪
(勝手にシリーズ化している、笑)

戦国時代や江戸時代の建物はあちこちに残っていますし、なんとなく生活の様子も分かりますが、弥生時代というのは農耕をやっていたということ以外はどんな時代だったのか想像もつかないので余計にロマンを感じるのかもしれません。

車中、すごく盛り上がりましたよ。笑いっぱなしでした(^o^)
yamataka
2009/09/18 18:04
てんてこさんこんにちは!
この場に身を置いていると、ほんとにタイムスリップしたような気持ちになりました。
この建物は土器に描かれていた絵をもとに復元したものなのですが、屋根の「くるん」は、おそらく土器に描かれていた絵のとおりに作ったからではないかと思います。
昔の壁画や壷とかに描かれている絵って、なんかこういう装飾が施されていたりしますよね^^
yamataka
2009/09/18 18:05
Toshiさんこんにちは!
1枚目の空の色が一番好きなんです。
この色って、日没直後と日の出直前のわずかな時間しか見られませんよね。
このわずかな時間帯を「ブルーモーメント」というそうなのですが、私はこのブルーモーメントが大好きなんですよね〜(*^o^*)
yamataka
2009/09/18 18:05
RKROOMさんこんにちは!
ですよね〜♪このブルー(*^o^*)

今日は残念ながら仕事ですね。
でも明日から5連休なんじゃないですか(^o^)?

さあ、RKさんも是非朝ブラに参加しましょう(笑)♪♪
yamataka
2009/09/18 18:06
夜明けの写真いいですね。
カーブミラーと路地の写真もいい感じです。
早朝の撮影なんて、しばらくしてないな〜。
明日も仕事か〜・・・(* *)。
sonic813
URL
2009/09/19 06:58
こんにちは〜
おっ、本編スタートですね。
普段は寡黙な私も思わず盛り上がってしまいました(笑)

青みのある時間帯と楼閣との組み合わせ、いいですね。
遺跡以外も撮られてましたが、カーブミラーを撮られてたとは。
小さな祠は私も惹かれました。
接近すると緻密なデザインにビックリ
まさに弥生ロマンでしたね。(^^)
とっぷん
URL
2009/09/19 11:13
ハイテンションの朝焼けブラザースの皆様の様子が彷彿されます
遺跡をみると、その時代に来てしまったような錯覚をしてしまいそうです
青い時間帯。。ヒンヤリとした空気にまだ覚めやらない夜明け前の雰囲気がよく解ります
コケ魔女
2009/09/19 18:13
今晩は!
当日は早朝から話が弾みましたね。
撮影は苦労しましたが、アドバイスを頂けて助かりました!!
朝ブラの楽しさ、満喫できたのもお二人のお陰。
本当に楽しい時間をありがとうございました!!
シスターズと入れてもらえて嬉しいです☆

ところでこの楼閣、弥生人が遺したものではなかったのですね。
今、読んで冷や汗たらり。
すっかり誤解していました。
早速、ブログで訂正しました!ほっ!
(yamatakaさんの文章を名前入りで引用させていただきました。事後承諾でごめんなさい。)

楼閣だけでなく、周囲の写真もちゃんと撮っていたのですね。
素晴らしいな!
どれも素敵ですが、特に1,4,6,8枚目が気に入りました。
悠久の時を感じることができて、ここよかったですね〜(^^)
また、機会があったら、シスターズもご一緒させてくださいね
Niko
URL
2009/09/19 23:58
sonic813さんこんにちは!
早朝撮影、久しぶりでしたが、この時間帯の空の色が好きなので出来ることならもっとあちこち撮影に行きたいです。
朝が苦手な方にはつらいでしょうが、私は朝早く起きるのは全然平気なのでそれだけは助かっています(^^)v
yamataka
2009/09/21 11:03
とっぷんさんこんにちは!
「予告編」でいつものごとくロケットスタートをしたにも関わらずあえなく失速、いつの間にかとっぷんさんもNikoさんも連載を終えられてしまいましたね(^o^;
在庫が溜まる原因はこういうところにあるのでしょう(苦笑)

この楼閣は本当に心惹かれるものがありましたね。
ここに着いて最初に、真っ暗闇の中にぼんやりと浮かび上がる楼閣を見た時の何ともいえない不思議な感覚が忘れられません^^
弥生時代って昔すぎて、私たちにはいま一つピンと来ない年代ですが、一瞬とはいえ、その当時の人たちの生活の一部に触れたような気がしました♪
yamataka
2009/09/21 11:12
コケ魔女さんこんにちは!
まさにおっしゃるとおりで、真夜中から朝方のしんとした時間帯にこの遺跡(特に楼閣)を見ていると、なんだか自分が弥生時代にタイムスリップしたかのような錯覚になりました。
クルマの中、そして撮影中、とても楽しく時間を過ごすことが出来ました^^
「写真」という趣味をきっかけにたくさんの方とこうして知り合うことが出来て本当に良かったと思います(^^)♪
yamataka
2009/09/21 11:16
Nikoさんこんにちは!
こちらこそ楽しい時間をありがとうございました(^o^)/
いやほんと、車中では盛り上がりましたね〜
朝ブラ、是非また行きましょう(^_-)♪♪

楼閣の件ですが、私も最初は本当に弥生人たちが作ったものがそのまま遺されているのだと思っていたんですが、現地の説明プレートに確か復元って書いてあって、一応家に戻ってからネットで調べたらやはり復元と書いてあったんです(^^;

1,4,6,8枚目ありがとうございます♪
三脚を立て、1枚1枚ゆっくりと撮りながらボーッと楼閣を眺めていると、弥生時代の人々もこの景色を眺めていたんだろうかと、太古に思いを馳せている自分がいました^^
yamataka
2009/09/21 11:26

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
朝焼けブラザーズ 第9章(その1・弥生ロマン 唐古・鍵遺跡) モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる