モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS いきなり「5000」から始まって大丈夫(笑)? ニコンD5000発表♪

<<   作成日時 : 2009/04/14 17:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

うわさどおり今日、発表されましたね♪




画像





ニコンのデジタル一眼レフとしては初めて、バリアングル液晶が搭載されました。
ボディ下部に可動軸を持ってきたせいか、D90よりも背が高くなってしまいました。
(D90:103mm、D5000:104mm、ちなみにD60は94mm)

横幅はD60とほとんど変わらない(D5000の127mmに対してD60は126mm)ので、パッと見はコンパクトに見えると思いますが、触ってみると意外に大きく感じるかも。






画像







大きく感じさせるであろう要因のひとつとして重量も挙げられます。
約560gと、コンパクトなサイズにしてはやや重たくなったのもバリアングル液晶搭載の影響でしょうか。
ちなみにD90は約620g、D80は約585g、D60は約495gです。





画像







そんなD5000は、D90の下位、D60の上位に位置するモデルということです。
ということは、いずれD60の後継として、D5000の下位に位置するモデルが登場するということでしょうか。

D「5000」という型番も気になっていました。なんで「5000」から始まるのだろう?
これではまたあっという間に番号が涸渇してしまうのではないかと(笑)

ということは、D5000の下に新たにエントリーモデルが出るのではないかと勘ぐってしまいます。
当面はD60がエントリーモデルを務めると思いますが、次にモデルチェンジするときに例えばD1000という型番で出てくるのではないでしょうか。

そのときは、名機D40を彷彿とさせるコンパクト・軽量で秀逸なデザインのモデルを期待したいと思います。





画像






コンパクトなボディにD90ゆずりの高感度撮影に強い有効画素数12.3メガピクセルのニコンDXフォーマットCMOSセンサーを搭載し、バリアングル液晶による自由度の高い撮影スタイルを実現、D90に引き続き動画撮影機能「Dムービー」を搭載し、19種類のシーンモード、11点フォーカスポイント採用のAFシステム、指定した被写体をカメラが記憶し、被写体が動いても自動的に追いかけてピントを合わせるターゲット追尾機能(ライブビュー撮影時)など、多彩な機能を満載したD5000、発売は5月1日で、店頭実売価格はボディのみが84,800円、レンズキットが99,800円、ダブルズームキットが129,800円です。

強力なライバル、キヤノンEOS Kiss X3とがっぷり四つに組むラインナップ、価格構成でデジタル一眼レフ市場に打って出ます。


さて、EOS Kiss X3とともに、停滞するデジカメ市場を活性化させてくれる起爆剤となってくれるでしょうか。






【参考資料】

■メーカー公式発表資料

『デジタル一眼レフカメラ「ニコン D5000」の発売について』
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2009/0414_d5000_01.htm
『「AF-S DX NIKKOR 10-24mm f/3.5-4.5G ED」の発売について』
http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2009/0414_afs10-24_02.htm



■デジカメWatch

『ニコン、バリアングル液晶搭載のエントリー一眼「D5000」』
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2009/04/14/10643.html
『ニコン、超広角ズーム「AF-S DX 10-24mm F3.5-4.5」』
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/lens/2009/04/14/10669.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
ニコンさんはいつもキヤノンさんに先手を撃ちますね。バリアングルなんてさっさと実現すればいいのにほんと馬鹿だと思います。APS-Cは望遠撮影やマクロ撮影に向いていると思いますので、バリアングル液晶搭載は私にはとっても魅力的です。ニコンユーザーなら迷いなく買ってますね^^ノ
どりさま
URL
2009/04/14 19:29
こんばんわ〜^^
へぇ〜知らなかったですが、新機種が発売されたんですね〜。D5000って何かネーミングに無理を感じるのはTaneだけでしょうか(笑) ピレリのタイヤかと思いましたよ(爆) 機能については...ん〜よくわかりませんが、液晶が可動するんですね〜。Taneには必要ないかも^^ 使えば便利なんでしょうが、D300でも機能を全く使わないので宝の持ち腐れに終わりそうですしね〜。 あと新しいレンズも出たらしいですね。DX用の広角レンズらしいですが...ん〜10万円Overで需要あるんでしょうかね〜。解像度は高いんでしょうが、1年遅かったような気もします。 そのうちFXフォーマットも汎用化されるでしょうし、そぉ〜なったら出番ないと思うですけどね^^
ということで、今回の2つはパ〜ッスで〜す♪
Tane Mahuta
URL
2009/04/14 21:26
今回も予定通り発表されましたね。
レンズが1本だけだったのが残念ですが、夏ごろにはまたサプライズがありそうですね。
それにしても今回のD5000、ネーミングも思い切りましたが、機能も出し惜しみなく注ぎ込んできたようで発売が楽しみです。
HIDE
2009/04/14 23:06
D5000出ましたね!!ネットではちょっと前からうわさはありましたが。
バリアングル液晶モニター、ライブビュー、動画、ゴミ取り機能、測距点の増加、ISO6400、CMOS化による連写能力の強化など、惜しみなく技術をつぎ込んでいて、好感が持てます。
残念なのはファインダーの倍率低下と価格かな?
でも好敵手KX3と死闘が予想されますので、価格は年末にはかなりこなれてくるでしょう。
ニコンとキャノンが一騎打ちをしている間に、やがてはフルサイズの低価格機種や小型のデジタル一眼(オリンパス)なども出てくるでしょうから、まさにデジタル一眼(レフ)は楽しくなってきますね。
個人的にはエントリー機の方が中級機よりも出番が圧倒的に多いので、フルサイズの動向より、超小型デジタル一眼やDPシリーズに注目しています。
SHIN
URL
2009/04/15 08:16
おはようございます。
フフフ・・・、きっと記事にされると思ってましたよ。で、ついに出ましたねー。これはいいですね。D60の時は測距点の数がライバルEOSKISSX2に比べてひどく見劣りしましたが、ようやく増やしてきましたからね。まあ個人的には測拠点は真ん中一点しかほとんど使わないから三点あればほぼ問題なしなんですけどね(笑)。やっぱりカタログスペックって結構購買心理に影響しますからね。
バリアングル液晶も、先日G1で高い位置から撮る時は、これは便利だなと思いました。でも、接触が悪いのか、ときどきブラックアウトするんですよ・・・。明日にでも修理に出す予定です(苦笑)。
仰るようにこれでEOSKISSX3とがっぷり四つに組めますね。それでD60は今までD40が担当していたエントリー廉価版モデルの位置に落ち着くのでしょう。
今年も一眼レフ市場から目が離せませんね。
ではでは。
almauniski
URL
2009/04/15 09:02
製品写真だけ見るとD700のデザインの流れを汲んでいるせいか大きく立派に見えますね〜。
やはり新製品は新機能を満載してきますね〜。
フィルムカメラ末期は売上げもがた落ちで新製品も何年も出なかった時がありましたが、今のカメラ各メーカーの動きは当時の状況が信じられないくらい活発ですね!。
sonic813
URL
2009/04/15 23:21
どりさまさんこんにちは!
D3/D300のあたりから、ニコンの方がキヤノンよりも革新的なイメージが出てきましたね^^
キヤノンがもともと保守的なのかもしれませんが。
バリアングル液晶も今後は主流となってくるのでしょうか。
個人的にはなくてもいいのではと思っていましたが、昨日、ニコンプラザ大阪で実機を触ってみて、ローアングル撮影のときに便利かもって思いました(^^)/
yamataka
2009/04/16 11:21
Tane Mahutaさんこんにちは!
D二桁の型番がもうネタ切れになってきたのでどうするのかなと思っていましたがまさかそう来るとは(笑)
しかもなぜに「5000」から??すぐにまた番号が涸渇しそう(爆)

可動式液晶、確かにあれば便利だと思います。昨日実機を触りましたが、ウエストレベルの撮影やハイアングル撮影のときなど確かに便利ではありました。でもその分、ボディが分厚くなってしまったのは残念です。ラウンドシェイプなので持ちにくいということはありませんでしたが、手の小さい人、特に女性だと少し持て余す可能性があります。

新しい超広角レンズ、タムロンの同じ10-24mmと比べると倍近い価格、これでせめてF4通しぐらいだったらよかったのですがF値まで同じとくれば、よほど純正でなければという人以外はタムロンを選ぶんじゃないかなと思います。
もしくはFXフォーマット対応だったらよかったんですけどね(^_^;
yamataka
2009/04/16 11:22
HIDEさんこんにちは!
昨年のD700の発表あたりから肩透かしされることが少なくなりましたね(^m^)
レンズは今回は1本だけでしたね。35mmに続くDXフォーマットのコンパクトな単焦点シリーズ、楽しみにしているのですが^^
D5000というネーミング、まさかうわさどおりこの名前で出てくるとはびっくりですね。
機能は満載ですね。D90と比べてもAFモーターがないことと液晶モニターの解像度が低いこと以外はさほど遜色もないのではないでしょうか。

昨日、ニコンプラザで実機を触ってきましたが、カタログ数値(約560g)ほどずっしり感はありませんでした。
少なくとも、カタログ上はほとんど変わらない数値のD80(約585g)よりはかなり軽く感じました。
yamataka
2009/04/16 11:23
SHINさんこんにちは!
以前からニコンは下克上をしてくるメーカーではありますが、今回も思い切って機能満載で出してきましたね。
昨日ニコンプラザで触ってきましたが、バリアングル液晶搭載の影響でややボディが分厚くなってしまったのは否めません。
ただ、エッジを丸めたラウンドシェイプのため、持ちにくいというところまではいきませんでしたが。
男性だとちょうどいいくらいでしょうか。KissX2だとグリップのところがやや細すぎるような気がするので。。。
逆に女性だとKissの方がちょうど手になじむかもしれませんね。
yamataka
2009/04/16 11:23
almauniskiさんこんにちは!
はい、お約束の記事です(爆)!
D60のときはD40xのマイナーチェンジといった感じで、あまり思い切ったチェンジは出来なかったようですが、今回のD5000はネーミングも一新(笑)
機能も満載でスペックでも他社に見劣りのしないものに仕上げてきました。
早速実機を触ってきましたが、バリアングル液晶の影響でややボディは分厚くなってしまったものの、コンパクトであることには変わりなく、バリアングル液晶もハイアングルやローアングルでの撮影時には便利だなと思いました。

個人的に一番残念だったのはその液晶モニターのパネルです。
2.7型というサイズそのものは特に小さいとは思わなかったのですが、23万ドットというのは最新のデジイチたちと比べるとやはり見劣りしてしまいます。
ライバルのKiss X3が可動しないとはいえ3.0型、約92万ドットの液晶パネルを積んできたことを考えると、なんとかならなかったのかなあという気はしました^^;
yamataka
2009/04/16 11:29
sonic813さんこんにちは!
ペンタ部分を見ると特に下部のカーブがD700以降のニコンのデジイチのデザイントレンドに沿っているように思えますね。
個人的にはD700も含め、この部分のカーブはあまり好みではないんですけどね(笑)
D300やD80、D40シリーズみたいに直線になっている方が好きです、もちろん、これはあくまで個人的な好みですが(^_^;

ニコンは昨年も1年で3モデルものデジイチを出してきましたが、今年もD5000で既に2モデル、あと、D300の後継機が年内に出る可能性はありますので、今年も3モデルは出してくることでしょう。ほんとにデジタル時代の製品のモデルサイクルは短いですよね^^;
yamataka
2009/04/16 11:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
いきなり「5000」から始まって大丈夫(笑)? ニコンD5000発表♪ モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる