モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 新年オフ会(その3・フェスティバルゲート)

<<   作成日時 : 2008/01/18 06:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 32

画像




新年オフ会の続きです。
今回はフェスティバルゲートの写真をお送り致します。
ここは是非撮りたいと思っていた場所でした。




画像




フェスティバルゲートがオープンしたのは1997年のこと、ちょうどその頃私は東京に転勤になったばかりで、ここを訪れたことは一度もありませんでしたが、転勤前に建設中のフェスティバルゲートを見て、ビルの屋上にジェットコースターを作るという奇想天外さに驚いたものでした。

そんなフェスティバルゲートも経営不振により、昨年営業を停止しました。
しかし、施設は撤去されずいまだに残ったまま、動くことの無いジェットコースターのレールが宴のあとを思わせる、そんな一種独特の異様な光景でした。



今にも泣き出しそうな空・・・
画像


このときちょうど雨が一瞬だけポツポツと降ったので、レンズを上に向けると水滴が付きました。
画像


画像


画像




フェスティバルゲートは開業初年度こそ、けっこうな入場者数があったようですが、たちまちに飽きられてしまい、4年後には半減したそうです。

第三セクターで総事業費393億円をかけて建造されたこのフェスティバルゲートも、最後にはたった8億円程度で民間企業に売却されることになったとのこと。。。



画像


画像



フェスティバルゲートのマスコットキャラクター「タラッタ」
(って、私も知らんかった・・・汗)
画像



画像


画像


画像
≪撮影機材:すべてNikon D80 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)≫




全国には、このように経営不振で営業を停止したテーマパークがたくさんあるのではないでしょうか。
最盛期にはカップルや家族連れの歓声で賑わっていたであろうこの一角が、まるで時の流れから取り残されたように、虚しく、その姿を横たえていました。


これも新世界の、もうひとつの顔・・・





2008.1.12 大阪・新世界





【関連記事】
『新年オフ会(その1・通天閣)』(2008年1月13日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200801/article_9.html
『新年オフ会(その2・新世界を歩く)』(2008年1月14日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200801/article_10.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(32件)

内 容 ニックネーム/日時
拝見してて、ちょっと寂しさを覚えました(苦笑)
ひっそりと姿を消した遊園地が、私の近くにもありましたよ〜。
私が小学生の頃は、関東地区の民放テレビコマーシャルもバンバンやっていてそこで遊べるのが楽しみでした。
時は流れ、結局私の子供を連れていく前に破綻してしまい、現在はショッピングモールになって跡形もないです。
バブルの頃の計画は、頓挫してしまうものが多いですね〜。
昇り龍
2008/01/18 11:20
オープンした時は、建物の中を走るジェットコースターの
発想にかなりビックリしましたが、同時になんでココに?
と思いました(^^;)
キャラクターは僕も知りませんでした。
たっつん
2008/01/18 13:07
あのジェットコースターは衝撃的でした。あれから水道橋の後楽園にもラクーアの上だか中をジェットコースターが走り騒音問題で近隣住民との闘いがありました。なんせ絶叫マシンは絶叫するわけですから悲鳴が響き渡りっぱなしですからねぇ^^;
どりさま
URL
2008/01/18 14:06
大阪には何度かあそびに行きましたが、このような施設は知りませんでした。
大阪交通局の跡地ということなら、市電博物館的な交通博物館を建設すれば良かったのでは・・・。埼玉の鉄道博物館の好評から考えるとなおさらです。遊戯施設はリニューアルしないと飽きられてしまいますからね〜。

モノクロ写真がとてもマッチするシチュエーションです。
yamatakaさん、ナイスです!!。
太宰府天満宮(sonic813)
URL
2008/01/18 14:14
新世界ってほんと綺麗(?)になりましたよね^^
串カツ美味ですよね〜〜
mayun*
URL
2008/01/18 15:53
yamatakaさん、こんばんは。
まさに「宴の後」の寂しさが漂っていますね。
その寂しさをモノクロ写真を織り交ぜて上手く表現されていますね。流石の構成力に脱帽です。
TOM
2008/01/18 19:57
横を通った事は何度も有るのですが、結局中には一度も入らないままでした。
私の周辺では計画段階から見通しの甘さを心配する声が多かったです。
本来賑わう場所が静まり返っていると余計に寂しさが増しますね・・
palms
URL
2008/01/18 21:03
 なんだかこういうのをこうやって見ると、変な感じがしますね。

 ・・・・・でも、被写体にはもってこい(笑)


 しかし、金額だけ見るともったいないですね〜。
 大阪市民からしたら、もっと別のことにお金使って欲しかったでしょうに・・・・・。
RKROOM
URL
2008/01/18 23:20
フェスティバルゲートって閉鎖されたんですか!?
行ったのは何年前かな、たぶん1999年ぐらいかと。
たった1回だけですが、ちょっと切ない思い出があって。
そんな思い出の地が無くなってしまうのが寂しいです。
HIDE
2008/01/18 23:33
夢の跡ですね。
遊園地って楽しい場所だから尚更
寂しい感じが漂いますね。
涙雨の水滴のボケ、詩情があふれてきます。
アリーヌ
2008/01/19 00:09
その昔 一度だけ子供を連れて行きました
狭いところに 色んなものがあるんだんああ・・・と 圧迫感を感じる遊園地だったのを覚えています  
ぷりりん
2008/01/19 07:47
yamatakaさん

ほんと夢の跡っていう感じですね。

わたしは昨年「廃墟写真」に挑戦しましたが、そういうのも面白いと思いますよ。
SHIN
URL
2008/01/19 11:46
昇り龍さんこんにちは!
関西もたくさんの遊園地が閉鎖になりました。
子供の頃によく連れて行ってもらったとこ、学生時代にデートで行ったとこなど、気がつけばほとんどなくなっています^^;
数少ない、生き残っているエキスポランドがアレですし・・・
このフェスティバルゲートは遊園地というにはあまりにも規模が小さいし、ショッピングモールというには立地も良くないし、コンセプト自体が中途半端な位置づけだったのが一番の敗因かなあと思います。
yamataka
2008/01/19 16:48
たっつんさんこんにちは!
まさに私も同じことを思いましたよ!
なんで「ここ」に作るのって(笑)
どんなに斬新な発想の施設を作っても場所が新世界では家族連れがたくさん来るとは思えませんものね(^_^;
yamataka
2008/01/19 16:52
どりさまさんこんにちは!
私は結局営業中に一度も行きませんでしたが、このフェスティバルゲートも、ある意味隔離された空間をジェットコースターが走行するので悲鳴がものすごく反響しそうですよね。
もう遅いですが、実際の営業中の雰囲気がどうだったのか今になって興味が出てきました(笑)
yamataka
2008/01/19 16:55
太宰府天満宮(sonic813)さんこんにちは!
私も大阪に住んでいながらここには一度も行ったことがありませんでした。
実はUSJもまだ行ったことがないんです(^o^;
行こうと思ったらいつでも行けると思うとつい行かなくなってしまいますね。
でも、このフェスティバルゲートの例もありますから、行っておいた方がいいのかも。。。
(って、USJはそう簡単になくなることはないと思いますが、笑)
yamataka
2008/01/19 17:06
mayun*さんこんにちは!
ほんと、一昔前のことを思うと新世界は綺麗になったし、街全体が明るくなったような気がしますね^^
新世界の串カツ屋、もうずいぶん長いこと行っていませんが、久しぶりに店の前を通ってめっちゃ行きたくなってきました〜(^o^)/♪
yamataka
2008/01/19 17:09
TOMさんこんにちは!
ありがとうございます♪
本当は全編モノクロにしようかなとも思ったんですが、色も見せたかったので2枚だけモノクロにしました(^_^;
カラーの方がかえって寂しさが強調されるかなあと思いまして・・・(笑)
yamataka
2008/01/19 17:15
palmsさんこんにちは!
そうですよねー、私も建設現場の環境をよく知っているので、
「これはハズすんちゃうかなあ」って思っていました^^;
最初のうちは物珍しさで人も集まるでしょうが、はっきりいって1回行ったら十分と言えるでしょう(笑)
それでも立地が良ければ人も集まるでしょうが、ただでさえあまり人が寄り付きたがらない場所でしたからねぇ・・・(^_^;
yamataka
2008/01/19 17:20
RKROOMさんこんにちは!
そうなんです、被写体にはもってこいですよ(笑)!!
巨額の金を使って作った施設が放棄されているのって、全国を探せばいくらでもあるのでしょうね。
ここは営業していないにもかかわらず、エスカレーターが普通に動いていて、コスト意識も何もないねんなあって思いました。。。
yamataka
2008/01/19 17:24
HIDEさんこんにちは!
私も閉鎖されていることを知ったのはつい最近なんですよ^^;
営業が停止したのは昨年のようです。
誰しもこういった遊園地やテーマパークでの思い出ってありますよね。
そういう思い出の場所が無くなってしまうのは寂しいですよね。。。
yamataka
2008/01/19 17:29
アリーヌさんこんにちは!
遊園地って色彩が鮮やかで楽しい造形だけに、人っ子ひとりいなくなるとかえって寂しさが強調されますよね。
そう思ってあえて全編モノクロにするのをやめました(^o^;

この日は午後からは雨がやんでくれたおかげでオフ会できたのですが、このフェスティバルゲートの中に入ったときだけ、一瞬ですがポツリポツリと降ったんですよ。
まさに涙雨だなあと思いました・・・
yamataka
2008/01/19 17:35
ぷりりんさんこんにちは!
私はこのフェスティバルゲートが廃れた原因のひとつは狭さだと思うんですよ。
狭い場所に遊園地的施設とショッピングモールをくっつけたような感じで、圧迫感もあったでしょうし、何よりすぐに飽きるだろうなと思ったんです。
こういう施設はリピーターを作らなければ成り立たないのに、これでは無理ですよね(^_^;
yamataka
2008/01/19 17:40
SHINさんこんにちは!
廃屋や廃墟って写真を撮る者としては不思議な魅力のある素材ですよね。
このフェスティバルゲートは営業中は行きたいとも思いませんでしたが、閉鎖されてから俄然被写体としての魅力が増したように思います(苦笑)
皮肉な話ですよね・・・
yamataka
2008/01/19 17:43
フェスゲですね。。。
私が大阪に住んでいた頃は、人も結構入っていたスポットだったのに、お写真を拝見するに、見るも無残な光景に、正直驚いてます。。。

東京圏であれば、そこそこ人気を維持する事も出来たのかもしれませんが、大阪人は小手先ではすぐに飽きてしまいます。
そのくせに、マンネリズムを好む県民性を持ち合わせている、ある意味不思議な人たちの街だと思います。

3セクで、当時の経営陣に経営スキルが無かったのが一番大きいと思います。
ジェットコースターの一部なんて、建物の外にはみ出してますからね!!
mToTm
URL
2008/01/19 19:14
華やかで派手な分、寂しい雰囲気が増しますね。
まさに夢の跡という感じで…。
マスコットキャラクター、私も気がつきませんでした。
あどけない表情が、よけい物悲しい気分にさせますね。
しかしこの後どうなってしまうんでしょうか。
いつまでもこのままという訳にもいかないでしょうし、やはり取り壊しになるんでしょうね…
てんてこ
2008/01/20 01:32
mToTmさんこんにちは!
10年前でしたら、まだオープンしてそれほど年数も経っていないのでまだそこそこ入場者もいたのでしょうね^^;
人が来なくなったテーマパークってものすごく寂しく感じられますね。
私もある方のブログでここの写真を見て衝撃を受けて、ぜひ自分でもこの目で見てみたい、撮ってみたいって思いました。

大阪人って、嗜好にうるさい日本人の中でも特にうるさい人たちかもしれません。
そのくせ、ひとたび自分のお気に入りとなるととことんそれにつき合うというところがあって、まさにmToTmさんの考察どおりの県民性であると思います^^

そんな大阪人の嗜好を考慮せず、開発当初から見通しが甘かった上に、入場者数が年々減っていっているのになんら対策を講じることもなく、危機感が希薄だったのがそもそもの原因なのでしょうね。。。
yamataka
2008/01/20 07:16
てんてこさんこんにちは!
このマスコットキャラクターはゴミ箱に描かれていました。
去年まで営業していたというだけあってまだ色あせることもなく、あどけない顔で見つめていたのがよけいに哀愁を感じさせられますね。。。
しかしこのキャラクターも大阪人である私でさえも知らなかったぐらいなので、いかにこの施設が注目されていないかということを物語っていますね(^_^;

確かこの施設は民間企業に売却されて、その後となりのスパワールドを拡張するために取り壊されると聞いたような気もするのですが、定かではありません。
いずれにせよ、莫大な費用をかけて建造されたこの施設も、経営陣の見通しが甘かったために無惨にも夢の跡と化してしまうことに。。。
yamataka
2008/01/20 07:25
「建設一生、破壊は一瞬」

私は建設業関係で働いているのですが、先輩達が先の言葉を言っていたのを思い出します。
まだ壊された訳ではないけれど、使われなければすぐに痛むし・・・なんてもったいない!!

槍をもったピンク色の半漁人??
小悪魔的ですね・・・??



みみ
2008/01/20 19:45
こんばんは。
建物の撮り方がうまいですね〜
参考にさせていただきます♪
広角堂
2008/01/20 19:58
みみさんこんにちは!
ほんともったいないですよね(^_^;
貴重な資源を消費して建設するわけですから、経営者はもっと計画性を持って企画してほしいものです。。。
建設業者さんもせっかく作ったものを老朽化したわけでもないのに取り壊されてしまってはあまりに切ないですよね。

半漁人は「タラッタ」という名前なんだそうですが、あどけない表情が余計に哀愁を誘います・・・(ToT)
yamataka
2008/01/21 12:20
広角堂さんこんにちは!
何をおっしゃいますやら(笑)
いつも参考にさせていただいているのは私の方ですよ〜(^_^)

見上げると、ジェットコースターのレールが頭上をぐるんぐるんと回っているので、どういうアングルで撮ればいいかだんだん分からなくなってきていました(^o^;
yamataka
2008/01/21 12:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新年オフ会(その3・フェスティバルゲート) モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる