モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 霧の大台ケ原(その1・う〜ん、真っ白、笑)

<<   作成日時 : 2007/11/12 00:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 36

◆11月10日(土)◆


この日はブログ仲間のたっつんさんにお声をかけていただいて、大台ケ原にオフ会に行ってきました。
メンバーはたっつんさんと、私の友人のtkyk156v6さん、今回初対面のおいなりさん、そして私の4名です。

10日の午前零時に大阪駅前で集合した私たちは、たっつんさんの運転するクルマに乗って真夜中の道を大台ケ原へ向かいました。
途中、5メートル先も見えないような濃霧の中をおそるおそる走らせながらようやく大台ケ原の駐車場にたどり着いたときは既に午前3時半を回っていました。
真っ暗で不気味な駐車場で、私たちはとりあえず車内で仮眠をとりました。

日の出を狙っていた私たちは5時頃にいったん起きたのですが、あまりにも霧が濃く、真っ暗で不気味だったのと、予想をはるかに上回る寒さでこれで上まで登って日の出を待つのはかなり厳しい状況にあると判断、日の出はあきらめて薄明るくなってから登ることに決め、車内に戻って6時までさらに仮眠しました(笑)


そして周囲が薄明るくなってから行動を開始しました。
私たちが選んだコースは東大台コースで、まず最初に向かった先は日出ヶ岳山頂でした。
駐車場からは約2km、ひたすら登り坂で、早くもへばってきてしまいました(^o^;

山頂の展望台からは、天気のいい日は富士山が見えることもあるという、素晴らしい眺望が私たちを待っているはずでした。が、しかし、そこで私たちを待っていたものは・・・

一面の霧、霧、霧でした・・・(>_<)


画像



富士山なんてもってのほか、すぐ目の前の山さえ見えない見事なまでの濃霧でした。。。


画像




撮れたのはこんな真っ白な写真ばっかり・・・(ToT)
おまけに霧でカメラもたちまちのうちにしっとりと濡れてきました(^_^;



画像


画像


画像


画像


画像


画像
≪撮影機材:すべてNikon D80 + AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)≫



う〜ん、こんな真っ白な写真ばっかりで一週間ネタがもつのだろうか(笑)
まあ、ひとつ救いがあるとすれば、多少ピンが甘い写真でも霧のせいということでごまかせるということでしょうか(おいおい!)



オフ会は続きます(?)






【大台ケ原オフ会シリーズ】
『霧の大台ケ原(その1・う〜ん、真っ白、笑)』(2007年11月12日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_7.html
『霧の大台ケ原(その2・この世とは思えない光景)』(2007年11月13日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_8.html
『霧の大台ケ原(その3・大蛇ー−だいじゃぐら−)』(2007年11月15日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_9.html
『霧の大台ケ原(その4・ホワイトバランス遊び♪)』(2007年11月16日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_10.html
『霧の大台ケ原(その5・しおから谷)』(2007年11月18日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_11.html
『霧の大台ケ原(最終回・モノクロの世界に浮かぶ紅葉)』(2007年11月19日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200711/article_12.html

『大台ヶ原オフ その1(たっつんさんのブログ)』(2007年11月12日)
http://blog-main.at.webry.info/200711/article_4.html
『大台ヶ原オフ その2(たっつんさんのブログ)』(2007年11月14日)
http://blog-main.at.webry.info/200711/article_5.html
『大台ヶ原オフ その3(たっつんさんのブログ)』(2007年11月15日)
http://blog-main.at.webry.info/200711/article_6.html

『大台ケ原オフ(その1)(おいなりさんのブログ)』(2007年11月11日)
http://okouchazuke.blog42.fc2.com/blog-entry-391.html
『大台ケ原オフ(その2)(おいなりさんのブログ)』(2007年11月14日)
http://okouchazuke.blog42.fc2.com/blog-entry-393.html

『大台ケ原(前編)(tkyk156v6さんのブログ)』(2007年11月18日)
http://blogs.yahoo.co.jp/tkyk156v6/8251855.html
『大台ケ原(後編)(tkyk156v6さんのブログ)』(2007年12月15日)
http://blogs.yahoo.co.jp/tkyk156v6/10489890.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
いやいや、霧の風景も幻想的で良い感じじゃないですか!
山のひんやりした湿った空気は十分に感じました。

それにしても霧の中の運転って恐いですよね・・・無事でなによりです。
ささ
2007/11/12 00:48
こういう写真が撮ってみたい私としてはとっても羨ましいです^^
どりさま
URL
2007/11/12 01:04
先日はお疲れ様でした!

皆さんとは違う目線で撮ってたつもりですが、ほぼ同じようなカットが多数ありそうですね(笑)
特に1枚目なんて自分の写真かと思ってしまうほどそっくりです。
おいなり
URL
2007/11/12 01:53
yamatakaさん、おはようござます。
大台ヶ原へ行かれたんですね。僕も何年か前のゴールデンウィークに行きましたが、その時期でさえ木の枝先に着氷していました!それくらいここの寒さは半端じゃないです。
霧の中の写真って難しいけど、はまれば綺麗ですよね。シリーズの展開期待しています!
TOM
2007/11/12 06:46
あは、ほんとに真っ白だ。すごい霧ですね。男4人車の中で仮眠はキツくなかったですか?
霧の中の写真、いいじゃないですか。三角点、階段、最後の水滴の三点がこの中では特に好きです。
カメラがジトってなってくるほどとは…私のD40ならアウトだろうな(>_<)防滴使用のカメラ欲しいね〜
凧tako
2007/11/12 08:32
オフ会を楽しまれてますね♪
今度は山登りですか〜。行動派!!

それにしても霧が凄いですね。 霧の写真は撮ったことがないですが、カメラは大丈夫だったんでしょうかね? 次回も霧の中からの写真、楽しみにしていますね。それでは〜
FSK-JP
URL
2007/11/12 09:42
おはようございます。
いやーyamatakaさんはよくオフ会楽しんでいますね。で、大台ケ原ですか。どこかわからないので検索したら奈良なんですね。というかもしかしてyamatakaさんのご実家に近いのかな。それにしても凄い霧ですね。15年ぐらい前、芦ノ湖付近を走っていたとき、凄い霧に包まれて車をゆっくり走らせていた記憶がちょっと甦りました。カメラも濡れてくるというのはちょっと怖いですね。ではでは。
fortunati
URL
2007/11/12 10:27
yamatakaさん

霧の中、お疲れさまでした。
わたしはそのころ、神戸大学「六甲祭」でおネエMANを撮っていました(笑)

霧の中の立体感、空気感は独特で、わたしは大好きです。
次の写真も楽しみです☆
SHIN
2007/11/12 11:49
先日はお疲れさまでした。

遊歩道からしか撮れないんで尚更みんな同じような
カットばかりになっちゃいそうですね(^^;)
僕もyamatakaさんやおいなりさんのようなカットを
blog用に用意したんですが、後出しなんで少し違う
カットにしてみました。どこまで引っ張れるかな・・・
たっつん
2007/11/12 12:33
なんだか写真で見るとメルヘンチックですね。
妖精がどこからかこっちを覗いてそうな。。。
でも、本当に色のない世界でしたね。
またチャレンジしましょう。
tkyk156v6
2007/11/12 12:45
幻想的なお写真とうらはらに、ご苦労された事とコワイ話(霧でカメラがぬれる)ですね〜。
霧の夜道は、実にコワイです。おそらく標識や灯りもない道だったでしょうから、なおさら皆様のご苦労を察します。
その代わりと言っちゃあ何ですが、滅多に撮れないイイ写真が撮れましたね♪ 引っ張って下さい(笑)
昇り龍
2007/11/12 12:54
yamatakaさん

女性ポートレートの構図やライティングなどで参考になるHPはたくさんありますが、これもその一つです。
時間があったら「ロケ」とレフ板の部分だけでも見て置いてください。

http://aska-sg.net/ht_photo/index.html
SHIN
2007/11/12 20:17
お!大台ケ原オフですか〜!!
晴れていても急に雨が降ったり天候が不安定な場所なので悪天候も致し方ないかな・・(笑)
個人的には霧に煙る木立って好きなので霧が出たら喜んじゃうなぁ〜♪
大台ケ原まで家から1時間半程なので時間が空いたら久しぶりに行ってみようかな・・
そう言えば先月知り合いが大台ケ原に紅葉を撮りに行ったとき富士山まで見えたそうです。
年に数回行くらしいのですが初めてだと言ってましたよ!
palms
URL
2007/11/12 21:34
素晴らしい作品ですね。

行きたかったです、こんどこそ!
taka
2007/11/12 21:37
霧に遭遇されたのですね(^^)
ラッキーだったと思います。
別世界のよう、だったでしょ?
天国に近いかな・・・・
という気分で、夢のように拝見しました。
(沈んでしまったのでurlなしで^_^;)
aya
2007/11/12 21:46
こんにちは。
いやいや、霧とはいえ素晴らしい眺めですよ。
画面からマイナスイオンを分けて貰いました^^
続き、ぜひお願いしますよ!
ramagraph
URL
2007/11/12 22:45
予想できない山の天気。
無事に帰ってこられてラッキーv(^^)。
次回の楽しみが出来たと思えば、今回の濃霧も吉としましょう!。
sonic813
URL
2007/11/12 23:17
一枚目、立派な木ですね。
霧の中のシルエットが絵になります。
それにしても7枚目の写真、濡れた木製階段はつるつる滑りそうですね。
やはりいい写真を撮るのには、それなりの苦労が必要なんでしょうね。
てんてこ
2007/11/12 23:55
さささんこんにちは!
私も免許取って間がない頃、山道を走っていて突如濃霧に包まれてしまい、まったく前が見えなくなって死にそうな恐怖を味わったことがあります(^_^;
たまたま対向車が来なかったので事なきを得ましたが、たぶん目の前に接近してくるまでまったく気がつかなかったと思います。。。
yamataka
2007/11/13 11:13
どりさまさんこんにちは!
普段生活しているフィールドでは絶対に撮れない写真ですものね^^
そういう意味では、こういう写真が撮れたというのはとても貴重な体験だったと思います(^o^)♪
yamataka
2007/11/13 11:20
おいなりさんこんにちは!
先日はお疲れ様でした^^
足、大変なことになってしまいましたね、ケガの内容を聞いてびっくりしました。。。
早く治るといいのですが、長引きそうなんですよね・・・

写真ですが、あのシチュエーションではどうしても似通った写真が多くなってしまうでしょうね(^_^;
そんな中でもそれぞれ独自の視点から撮られた写真もあって、楽しく拝見させていただいております♪
また機会があればご一緒しましょう!
yamataka
2007/11/13 11:30
TOMさんこんにちは!
ゴールデンウイークでも氷が残ってたんですか!?
確かにここの寒さは半端じゃなさそうですね。
次は5月か6月、シャクナゲの花が咲く頃に行こうと思っていたんですが・・・(^o^;

家に帰ってから撮ってきた写真を見たとき、あまりにも同じような写真ばかりで、どうやって連載していこうかなって悩みましたが、なんとか頭の中で構成は出来上がってきました♪
yamataka
2007/11/13 11:34
凧takoさんこんにちは!
すごい霧でした(^o^;
車の中ではみんな速攻で寝てしまいましたから、キツくはありませんでしたよ^^
真夏だったらエラいことになっていたと思いますが・・・(笑)
霧の中ではカメラはあっという間にしっとりと濡れてきます。
防滴仕様のカメラ、おっと、もしかして凧takoさんD300狙ってます(爆)??
yamataka
2007/11/13 12:15
FSK-JPさんこんにちは!
最近、山登りが続いています(笑)
今までは近場の神戸の山でしたが、今回はいきなりハードな行程でした(^o^;
晴れた日の大台ケ原も見てみたいですが、今回はこの浮世離れした景色を写真におさめることが出来てよかったと思っています♪
カメラは(たぶん)無事でしたよ〜(^o^)/
それでは、続きもぜひ見てみて下さいね〜♪
yamataka
2007/11/13 12:41
fortunatiさんこんにちは!
確かに最近、オフ会づいていますね(^o^;
写真サークルみたいで楽しいですが(笑)
大台ケ原は奈良県なのですが、かなり奥地の方にあって、私の実家からでもおそらく2時間以上はかかるんじゃないかなと思います。
実は行ったの初めてなんですよ(^_^;

カメラは油断するとすぐしっとりと濡れてきましたが、常にタオルでボディについた水を拭いて、移動するときはそのタオルをカメラにかぶせていたので、おそらく大丈夫だったと思います。
今のところは、ですが・・・(笑)
yamataka
2007/11/13 14:42
SHINさんこんにちは!
「六甲祭」の写真、楽しく拝見させていただきました(^o^)/
六甲台のグラウンド、キャンパス、模擬店、ライブの舞台、どれもこれも懐かしい光景でした。
さすがにおネエMANは私たちの頃はいませんでしたが・・・(爆)

霧って、人を不思議な気持ちにさせる作用があるのでしょうか、なんかその場にいてると現実の世界か幻想の世界か分からなくなってきてしまいました(^o^;
yamataka
2007/11/13 14:48
たっつんさんこんにちは!
こちらこそお疲れ様でした。
たっつんさんにお誘いいただいたおかげで楽しい1日を過ごすことが出来ました、ありがとうございます!
それに、クルマの運転もご苦労様でした。車中では不覚にも寝てしまい、申し訳ありませんでした(^_^;
霧で真っ白で木しかないような場所なのでどうしても同じようなカットが多くなってしまいますよね。
ほんと、どこまで引っ張れるでしょうね(^o^;
yamataka
2007/11/13 15:21
tkyk156v6さんこんにちは!
今回はどうもお疲れ様でした♪
筋肉痛は治りましたか(笑)?
写真で見ると幻想的ですが、実際はどちらかというと淋しい雰囲気でしたよね(^_^;
でも普段の生活ではまず見ることの出来ない景色なので貴重な体験でしたね。
今度はシャクナゲの花が咲く頃に行きましょうか♪
yamataka
2007/11/13 15:28
昇り龍さんこんにちは!
あの濃霧の中、無理に日の出を見に行ったりせず、明るくなるまで待機して正解だったと思います。
車のヘッドライトでも先が見えないくらい濃い霧だったので、我々が持参した懐中電灯など、まったく何の役にも立たなかったことでしょう(^_^;

しかもここ、クマが出るそうですからね〜(>_<)
yamataka
2007/11/13 15:36
SHINさんこんにちは!
参考になるサイトを教えて下さってどうもありがとうございます♪
日曜日、お世話になりますo(^-^)o
yamataka
2007/11/13 15:40
palmsさんこんにちは!
なんと、palmsさんのところからだとそんなに近いんですか!?
それだったら行きやすいですよねー♪
現地に着くまでと、撮影しているときは霧で大変だなあと思っていましたが、あらためて撮った写真を見てみると、なかなかこういう画は普段の生活では撮れないので結果的によかったかなあって思ったりもしています(^-^)
富士山が見えるのは年にほんの数回ぐらいらしいですね。
お知り合いの方は本当に巡り合わせがよかったのだと思います(^-^)♪
もし富士山が見えたら私だったら感動のあまり涙を流してしまうかも・・・(ToT)
yamataka
2007/11/13 16:03
takaさんこんにちは!
ありがとうございます♪
今回はご一緒出来なくて残念でした。
次回は是非♪
京都オフもやりたいですねo(^-^)o
yamataka
2007/11/13 16:07
ayaさんこんにちは!
そうです、まさに現実離れした別世界のようでした。
自分がこの風景の中に身を置いていることがなんだか不思議でした(^_^)
結果的に霧の世界を撮影できてよかったかなと思います♪
ayaさんもお忙しいことと思いますが、お仕事が落ち着いて浮上されるのを楽しみに待っていますね(^_-)-☆
yamataka
2007/11/13 16:11
ramagraphさんこんにちは!
ありがとうございます♪
ここはマイナスイオンは出まくりでしたよ(笑)
写真から感じ取っていただけて嬉しいです^^
続き、似たような写真が多くなると思いますが、ぜひ温かく見守ってやって下さいね〜(^O^)/~~~
yamataka
2007/11/13 16:15
sonic813さんこんにちは!
そうですよね、事故にも遭わず、クマに襲われることもなく(苦笑)、無事に帰ってこられてラッキーだったと思わなければいけませんね(^_^;
濃霧の写真は結果的にいい感じで撮れたと思っています♪
次はお天気のいい日に行ってみたいですね。
yamataka
2007/11/13 16:32
てんてこさんこんにちは!
木の部分もそうですが、岩の上を歩くときが一番滑りそうになりました。
機材がびしょぬれにならないよう、地面に落とさないよう注意しながらなのでなおさらです(^_^;
周りの景色はほんとに不思議な雰囲気で、この景色を写真におさめることが出来たこともさることながら、実際に歩くことが出来たことがとても貴重な体験でした(^-^)♪
yamataka
2007/11/13 16:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
霧の大台ケ原(その1・う〜ん、真っ白、笑) モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる