モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の銀塩カメラたち【最終回 ライカ M3】

<<   作成日時 : 2007/03/23 00:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 12

「我が家の銀塩カメラたちシリーズ」、いよいよ今回が最終回となります。
トリを飾るのはやはりこいつしかいないでしょう(笑)



画像




いつかはライカを手にしてみたい、それはずっと以前から思っていました。
使いこなせるかどうか分からない(実際使いこなせていない、笑)、でも、カメラ・写真に興味を持った以上、この世界も知っておきたい、というわけの分からない理屈で自分を正当化し(笑)、例によってヤフオクで網を張りました。

そしてとうとう2004年12月、ヤフオクでよさげなものを見つけて落札しました。

ところが、予算の関係上、そのときはボディしか手に入れることが出来ませんでした。。。
やはりヤフオクで出物といえど、M3は高いです(ToT)

そこで今度はレンズ探しです。
何が何でも早く写真を撮りたい、というんであれば、安いレンズを探すのはそう難しいことではありませんが、私はこのM3を一生ものとして、老後も楽しみたかったので(笑)、焦らず、じっくり探そうと思っていました。

レンズはズミクロン50mmにしようと決めていました。
定番中の定番ですが、ライカのレンズはもともとそんなに何本も買い足せると思っていませんでしたし、1本付けっぱなしでもかまわないと思っていたのでこれでいいかと。
そしてようやく、2005年6月に満足のいくものを落札することが出来ました。

M3を手に入れてから実に半年もの間、ボディだけの状態でうちにあったわけです(笑)



画像




でもようやくこれで写真が撮れるようになりました。
というわけで撮ってみたのが下の写真です。



画像

(2005年9月 兵庫の山里で見つけたヒガンバナ)

画像

(2005年11月 京都にて)

≪撮影機材:Leica M3 + SUMMICRON 50mm F2≫



うちのM3はシリアルナンバーから見て、1957年製のようなのでちょうど50年前のもののようです。
また、レンズも1950年代のものと思われます。
約50年前のカメラ、レンズでも普通にきれいに写りますね^^


最近のカメラと違ってフィルムの装填も大変難しいというか、めんどくさいのですが、出来上がった写真を見ると撮ってよかったなあと思ったりします(^_^)

今度はモノクロフィルムを詰めて街撮りをしてみたいなあと思っています。



ところで余談ですが、1954年にデビューしたM3は、昨年発売された最新のデジタル機であるM8にいたるまで連綿と受け継がれてきたM型ライカシリーズの記念すべき1号機でありますが、なぜか「M1」ではなく「M3」となっています。
しかもM3より後に、M2、M1という機種も発売されています。

なぜ、初代モデルがM3なのでしょうか?

ご存知の方も多いと思いますが、これは「3番目のM」だからではなく、「3つのM」という意味だからです。
その「3つのM」とは、

  More Rapid ・・・ より早く
  More Convenient ・・・ より便利に
  More Reliable ・・・ より確実に

だそうです。

つまり、M3の「3」だけは、それ以降のM型ライカの番号とは意味合いが違うわけで、特別な意味が込められているということなんですね。






◆Leica M3◆
発売:1954年
型式:35mmフォーカルプレーンカメラ 
レンズ:Mレンズ
マウント:Mマウント 
ピント方式(AF方式):マニュアル、2重像合致式 
露出制御:マニュアル  
ファインダー:50,90,135
ファインダー倍率:0.915   
シャッター :1s-1/1000(1,2,5,10,25,50,100,200,500,1000)
フィルム送り:レバー式
大きさ・重量:136W×77H×36Dmm 595g




画像








以上で「我が家の銀塩カメラたち」シリーズは終了です。
長々とおつき合い下さった方々、ご精読ありがとうございました。
これを機に、フィルムカメラの使用機会も増やしていければ、と思っています。




(2008.12.9 追記・2009.2.25 追記)
ブログのお仲間さんのところで私のM3を紹介していただきました。


58Caddyさんのブログ(2008年8月8日)
arcteryx1971さんのブログ(2008年9月4日)





【関連記事】
『我が家の銀塩カメラたち【第1回 ニコン FG】』(2007年3月18日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_13.html
『我が家の銀塩カメラたち【第2回 ニコン F60D PANORAMA】』(2007年3月19日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_14.html
『我が家の銀塩カメラたち【第3回 ニコン F3】』(2007年3月20日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_15.html
『我が家の銀塩カメラたち【第4回 ニコン EM】』(2007年3月21日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_16.html
『我が家の銀塩カメラたち【第5回 ニコン F2】』(2007年3月22日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_17.html
『我が家の銀塩カメラたち【最終回 ライカ M3】』(2007年3月23日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_18.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
自分もいつかは欲しいライカですね。近年のデジタルの一眼とは明らかに一線を画すそのスタイルにはやはり憧れがあります。今のカメラなら買い替えをしますが、これは一生モノになりますからね。
イワン
2007/03/23 15:02
イワンさんこんばんは!
このM3と前回ご紹介したF2はフルメカニカルカメラですから、まさに一生モノになると思います。
自分はまだまだ使いこなせていませんが、これから時間をかけてじっくりとつき合っていきたいと思っています。
yamataka
2007/03/23 23:43
こんばんは!
来ましたねついに。。。
私のM3の思い出はこの写真です。
http://ogaken.at.webry.info/200610/article_20.html
素晴らしいカメラなのですが、出来心で手放してしまいました。。。
ちょっと残念です。
yamatakaさんは大事に使ってあげてください。
広角堂
2007/03/24 00:11
広角堂さん、こんにちは!
お写真、拝見させていただきました。
ハッと息をのむ美しい写真ですね(^o^)!
ランドマークタワーの写真、雲の造形が見事です。
2枚目のおじいさんの背中と子供の表情もとても絵になってますね!
こういう写真を撮ってみたいと常々思っているのですが、自分には被写体を捉えるセンスがないのか、いつも面白味のない写真ばかりになってしまいます。。。
今は広角堂さんはじめ多くの方の写真を見て勉強させてもらっていますので、これからもよろしくお願いいたしますo(^-^)o
yamataka
2007/03/24 10:17
こんにちは!
はやいものでもう最終回ですね!とりはやっぱりこれで
決まりですね!大物役者がとりをつとめるという感じ!
半年がかりで、やっと撮影の準備が完了とは趣味の王道を
行っている感じですね!そろった時には感慨もひとしお?(笑)
今度は「レンズシリーズ」?それとも「再編計画改訂版」?
とにかくまた楽しみにしてます!
ケイ
2007/03/24 19:42
ケイさんこんにちは!
長々とシリーズにおつき合い下さってありがとうございました!
半年かかってやっとでしたが、今になって思えばあっという間だったような気がします。
これも一生モノと考えてあわてず、じっくりと探したからでしょうか(笑)
ライカについてはもうひとつ夢があるのですが(笑)、それはまた機会があれば書いてみようと思っています。

「レンズシリーズ」、「デジカメシリーズ」はたまたカメラ以外のモノなど、ブログのタイトルどおり「モノ」と「趣味」にまつわる話を、今後も折りをみて取り上げていきたいと思っています。
「レンズ再編計画改訂版」も、今年のニコンやレンズメーカーの動向を見て修正計画案をアップしたいと思っていますので、その際にはアドバイスをよろしくお願いいたします!
yamataka
2007/03/25 07:00
カメラの事をほとんど知らない僕でもライカは聞いた事あります。ピント方式の2重像合致式と言うのはライカ独特のものなんでしょうか?
この先、カメラの事を知っていくとyamatakaさんみたいに集めちゃったりするのかな?(^^;)でもフルマニュアルの一生物で使えるようなカメラいずれは欲しいですね。
たっつん
2007/03/26 13:23
フィルム3本めの初心者です。
今までのカメラの写真、記事を拝見して
私もフィルムはじめてよかったとつくづく思いました。
これからも、ご指導くださいませ。
aya
2007/03/26 16:36
たっつんさんこんにちは!
レンジファインダー式というのはライカ独自のものではありませんよ^^
今でも何機種かありますけど、昔はいろんなメーカーから出ていました。
現行機種ではライカの他に、コシナからベッサシリーズやツァイス・イコンなどがあります。
デジタルでもライカM8とエプソンR-D1シリーズが発売されています。

現行ライカは高すぎてとても買えたものではありませんが、中古で古いライカを探すか、現行モデルではツァイス・イコンあたりはいかがでしょうか?

あれっ、これってたっつんさんに買えってそそのかしてます(笑)?
yamataka
2007/03/26 16:38
ayaさん、ご指導なんてとんでもないですよ(笑)
フィルム3本めであんなに素敵な写真を撮れるなんてすごいですよ♪
私なんてカメラ「歴」だけは長いですが腕前は見てのとおり、とても人様に見ていただけるようなレベルではございません(>_<)
でも下手ですけど楽しいからこれからもずっと続けていきたいです(^_^)/
yamataka
2007/03/27 10:33
M3味がありますね♪ところで、M3
の意味てすが、ファインダー枠が3ツ
あるからが、本当の意味ですよ!
1959年製のバースデイライカを持っている1人より!
Nikon党員
2011/10/09 21:46
Nikon党員さんはじめまして!
古い記事にコメントくださり、ありがとうございます!
嬉しいです♪
Nikon党員というお名前ですから、ニコンのユーザーさんでもあるのですね。
ニコンとライカのユーザー、同じですね^^
M3の意味、上の記事を書いてだいぶ経ってから、正式には本文に書いた意味とは違うと言うことを聞いたのですが、正確にはファインダー枠が3つあるから、だったんですか。それは知りませんでした。
情報、ありがとうございました!

私も1969年製のバースイヤーライカを持っております(^^)
yamataka
2011/10/11 16:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
我が家の銀塩カメラたち【最終回 ライカ M3】 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる