モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の銀塩カメラたち【第5回 ニコン F2】

<<   作成日時 : 2007/03/22 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

「我が家の銀塩カメラたち」、第5回は、最強のマニュアル一眼レフと呼ばれたニコンF2です。



画像




ヤフオクにハマっていた影響もあって(笑)、着実に我が家にニコンのカメラ&レンズが増殖していっていました・・・(^_^;

それとともに書籍やインターネットなどでカメラの知識を仕入れていくうちに、「最強のメカニカル一眼レフ」、「メカニカル一眼レフの完成形」などと呼ばれているF2に急速に興味が沸いてきました。

それまではどちらかといえばF2はFとF3の間に隠れて私の中ではちょっとマイナーな存在だったのですが、Fよりも洗練されたデザイン、そして最強のメカニカル一眼レフという言葉の響き(笑)にすっかり翻弄され、いつの間にか私の中で勝手にF2が歴代ニコンF一桁ナンバー1のモデルになっていました(^_^;
(キャッチフレーズに弱い私・・・苦笑)

このF2は2006年4月にヤフオクにて落札したものです。
あのゴツいフォトミックファインダーがどうしても好きになれなかったので、アイレベルしか狙っていませんでしたが、アイレベルで程度のいいのはあまり出てきません。
なので落札するまでにかなりの月日が経っていたと思います。

F2はフラッグシップ機だけのことはあって、見た目のシンプルな外観からは想像出来ないくらいずっしりとした重量感があります(F3もそうですが)。
あくまでも体感ですが、D200よりも持った感じは重いような気がします。

堅牢なボディで、各部が頑丈に作り込まれていることが分かり、さすが数々のヘビーデューティにも耐えてきたプロユースの機体だなと思わせてくれます。

F3、F2と手に入れてきたので、この際Fも、と思ったりもしましたが(笑)、F2が名機Fの弱点を徹底的に突き詰めて作り上げた、非常に完成度の高い機体であることが分かったので、(EMのときの経験から)Fを買っても使うことはないだろうと考えて、Fを探すのはやめました。
(今のところは・・・笑)

さて、このF2ですが、完全メカニカル機ということから、フィルムがこの世からなくならない限り修理して半永久的に使えると思われるので、次回登場する「あのカメラ」とともに、我が家に最後まで残る機体になるのでは、と思っています。


2006年5月に立山にて撮影した写真です。


画像

画像

画像
≪撮影機材:3枚ともNikon F2 + Auto Nikkor 50mm F1.4≫




いよいよ次回はシリーズ最終回です。
最終回はニコンではありません。
「あれ」です(^o^)/




◆Nikon F2◆
発売:1971年
型式 :機械制御式35mmフォーカルプレーン一眼レフカメラ
ファインダー視野率:約100%
露出計:なし
シャッター:機械式チタン幕横走行シャッター
シャッタースピード:1〜1/2000秒、B、T
電源:なし
サイズ・重量:152.5W×98H×56Dmm 720g




Next camera is...
画像




【関連記事】
『我が家の銀塩カメラたち【第1回 ニコン FG】』(2007年3月18日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_13.html
『我が家の銀塩カメラたち【第2回 ニコン F60D PANORAMA】』(2007年3月19日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_14.html
『我が家の銀塩カメラたち【第3回 ニコン F3】』(2007年3月20日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_15.html
『我が家の銀塩カメラたち【第4回 ニコン EM】』(2007年3月21日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_16.html
『我が家の銀塩カメラたち【第5回 ニコン F2】』(2007年3月22日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_17.html
『我が家の銀塩カメラたち【最終回 ライカ M3】』(2007年3月23日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_18.html





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
F2の程度のいいものは、中古カメラ店でも入手がむずかしい感じに
なりつつあるのかな。そして程度のいい物はびっくりするほど高価な
プライスがついてますよね!銀座のお店でたまたまみたものは
F2アイレベルのブラックで28万円(チタンではない!)でした。
びっくりです!このレンズタイプの85mm持ってました!
もちろん中古で購入!ほぼ買った値段で中古で売れました!
でもいまになるとちょっともったいないことしたかなとも。。
フードも見つけて買ったのに。このレンズは大切にしてくださいね!
F2ともども手放すと後悔するとおもいますから!(笑)
次回のカメラの予告がさりげなくされてますね!
ケイ
2007/03/22 22:04
ケイさんこんばんは!
前にケイさんのブログにコメントで書いたと思いますが、私もよく見に行く中古カメラ屋さんで、チタンじゃないF2アイレベルのブラックが新同品とはいえ36万円で売っていてぶったまげました(笑)

次回のカメラはぼんやりと写っていますが、いよいよ「あれ」ですよ(笑)
yamataka
2007/03/22 23:19
なるほどラストは「あれ」ですか?(笑)
いいカメラをたくさんお持ちですね。
F2も渋いですね。
それにしてもこのカメラ本というのが本当に恐ろしいですね。
私も数々のカメラ本でウィルス持ちになり、大変なことになってますから(笑)
広角堂
2007/03/22 23:42
F2、無骨でカッコイイですね!
私が「ニコン」というブランドに持っているイメージはこのようなカメラを作っていたメーカーというイメージです。
魅力的ですね〜。でも私の場合、うっかりF2を購入してしまうとAuto系のニッコールも欲しくなってしまうと思うので自粛しています。
それにしてもカッコイイ!次のアレってひょっとしてアレですか(謎
ささ
2007/03/23 02:32
広角堂さんこんにちは!
いえいえ、持ってるだけでまったく使いこなせていないんです(泣)
このF2と次回紹介の「あれ」は、老後も楽しめそうなので(笑)、ぼちぼち使っていこうと思っていますが。。。

>それにしてもこのカメラ本というのが本当に恐ろしいですね。
おっしゃるとおりです・・・(-_-#
yamataka
2007/03/23 11:59
さささんこんにちは!
F2はFよりは洗練されているとはいえ、それでも最近のスマートな一眼レフと比べるとタフな印象がありますよね。
Autoニッコールがこれまた無骨でこの時代のカメラとほんとよく似合います♪
このレンズ、純正フード付きでヤフオクで6,000円ぐらいでゲットしました(笑)
とてもシャープな写りで気に入っています。
あと28mmも持っていますがこちらも数千円だったと記憶しています。
yamataka
2007/03/23 12:25
初めまして(になるのかな?)。

半永久的と記されてますが、実は私FE2のシャッターユニットを一度積み替えた経験があります。電子式なので壊れたかも知れませんが機械式だとシャッターユニットって壊れないのでしょうか?
凧tako
2007/03/25 09:04
凧takoさんこんにちは!
はじめましてではありませんよ。
以前、一度コメントいただいています^^

機械式でももちろん壊れると思いますが、電子カメラの場合、電子部品の在庫がなくなってしまえばもう修理はできませんが、機械式だったらメーカーでなくても部品を作れないことはないので修理することも可能ということです。
機械式腕時計と同じですね^^

電子式でも電子部品の故障でなければ古いカメラでも修理出来ないことはないんじゃないでしょうか。
メーカーでは受け付けてくれないと思いますが。。。
yamataka
2007/03/25 10:10
初めてでなかったんですね(^_^;)
機械部品、自分で自作するってな話し、腕時計で聞いたことあります。カメラでも出来るんだ!ま、それなりの技術は必要なんでしょうが…
newFM2も持ってるから半永久的!?^^
凧tako
2007/04/02 20:36
凧takoさんこんばんは!
私も実際にカメラを修理に出したことがないので詳しいことは分かりませんが、少なくともFやF2はメーカーでは修理はもう受け付けてくれないと思いますが、関東カメラサービスさんなどではやってくれるみたいですし、newFM2でしたらまだメーカーでも修理可能なのではないでしょうか?
yamataka
2007/04/02 23:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
我が家の銀塩カメラたち【第5回 ニコン F2】 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる