モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の銀塩カメラたち【第1回 ニコン FG】

<<   作成日時 : 2007/03/18 20:13   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 12

最近はもっぱらデジタルカメラの出番ばっかりで、うちの銀塩カメラたちもすっかりいじけてしまっています(^_^;
そこで、今日から6回シリーズで、我が家で暮らしている銀塩カメラたちをご紹介したいと思います。

トップバッターは、私が初めて出会った一眼レフカメラ、「ニコンFG」です。


画像



このカメラは1982年に、私の父が購入したものです。
当時私はまだ中学生でしたが、その頃使っていたカメラ(メーカーも機種もまったく覚えていませんが・・・)はフィルム巻き上げこそ手動でしたが、ピントを合わせる必要もなく、フラッシュも内蔵されていて、簡単に写真が撮れるものでした。

それが当たり前だと思っていたので、やけにでかくて重い(そのときはFGでもずいぶんと大きく感じました)し、レンズを付け替えたりしなければならない、しかもフラッシュも付いてない、なんてめんどくさいカメラなんだと最初は思っていました。

ところが実際に写真を撮ってみて、出来上がったプリントを見てびっくり。
今までのカメラとはまったく違った、シャープでクリアーな写真に仕上がっていたのです。
それ以来、一眼レフカメラに対する見方がすっかり変わりました。
購入してから25年が経ちましたが、今でも立派な現役選手です。

ちなみにニコンFGについて簡単な解説を。

「1982年に登場したニコン初のプログラムAEを搭載したモデル。小型、軽量をコンセプトにしたEMの後継機でありながら、絞り優先AEにプログラムAE、1〜1/1000秒の機械式シャッターを組み込んで実用面を強化した、EM系列のなかでも異色の存在である。」
(エイムック『究極のニコンカメラ』より)


下の2枚は、ニコンFGで撮影した写真です。
(2004年11月 京都にて)


画像

画像
≪撮影機材:2枚ともNikon FG + Ai Nikkor 50mm F1.8S≫



このカメラの気に入っているところは、軽量・コンパクトなサイズとシンプルでありながら質感のあるデザイン、そしてなんと言ってもシャッター音です。
「シャリン♪」という、独特のシャッター音は、これから紹介していく我が家の他のニコン一眼レフたちにはない、独特の音色です。
何かの記事で読んだ記憶があるのですが、ニコンFGの開発者はこの音にこだわっていたそうです。
話はそれますが確かNECの携帯電話も、折りたたみの開閉時の「カチャッ」という音にこだわって開発したという話を聞いたことがあります。
こういった気の利いたこだわり、大好きです♪

そんなわけで、私を一眼レフとニコンの世界にいざなってくれたこのFGは、デジタルメインとなった今でも手放すことの出来ない、思い出のカメラとなっています。
これからもときどき、このカメラにフィルムを詰めてお散歩に連れて行ってやりたいと思っています。



◆Nikon FG◆
発売:1982年
型式 :電子制御式35mmフォーカルプレーン一眼レフカメラ
ファインダー視野率:約92%
露出計:TTL中央部重点測光
シャッター:金属羽根縦走行シャッター
シャッタースピード:1〜1/1000秒、B
電源:SR44またはLR44×2、CR1/3N×1
サイズ・重量:136W×87.5H×54Dmm 約490g(ボディのみ、電池除く)




Next camera is...
画像





【関連記事】
『我が家の銀塩カメラたち【第1回 ニコン FG】』(2007年3月18日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_13.html
『我が家の銀塩カメラたち【第2回 ニコン F60D PANORAMA】』(2007年3月19日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_14.html
『我が家の銀塩カメラたち【第3回 ニコン F3】』(2007年3月20日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_15.html
『我が家の銀塩カメラたち【第4回 ニコン EM】』(2007年3月21日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_16.html
『我が家の銀塩カメラたち【第5回 ニコン F2】』(2007年3月22日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_17.html
『我が家の銀塩カメラたち【最終回 ライカ M3】』(2007年3月23日)
http://yamataka320i.at.webry.info/200703/article_18.html




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
名機の肖像 〜Nikon FG〜
LEICA D-LUX 4 ...続きを見る
y's photograph cafe
2011/03/25 12:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
古いカメラで新しいシリーズですね。ニコンの古いカメラでF3を実家に置いてありますが、やはりフルマニュアルというのは難しいですね。なかなか使いこなせないでいます。ニコンFGは面白いシャッター音がするのですね。聞いてみたいものです。写りもなかなかいいですね。あまり銀塩っぽくない写りでデジタルのような感じもしますね。
イワン
2007/03/18 21:38
こんにちは!
とうとう始まりましたね!連載で6回も!期待しちゃいます!
FGのシャッター音に気を使って開発したというお話は
はじめて聞きました。NECは愛用しています!
実際使っていて気持ちいいんですよ!そして長く使っても
全くヒンジが、がたつきません。
25年もの時間の経過を感じさせない超美品ですね!
あと5回なにが登場するのか楽しみにしています!
ケイ
2007/03/18 23:19
おお!楽しみなシリーズ。そしてFG、良いカメラですよね
最近の私の(ほぼ)メインで使用しているフィルムカメラです。
私の場合もyamatakaさんと同じく父が使用していたカメラを譲り受けたものです。
実はこの2年ほど程度の良いMD-14を探していたのですが、先週ようやく新同品を見つけ、またあらたなFGライフがはじまろうとしています。
じゃんけん後出しですが(笑)私も近々ブログでFGを紹介しますね!
ささ
2007/03/19 00:19
イワンさんこんにちは!
そういえばイワンさんはF3をお持ちでしたね^^
FGは名機EMの陰に隠れて地味な存在ですが、EMをベースに改良された完成度の高いモデルだと思います。
シャッター音もEMとは全然違うんですよ♪

写りがデジタルっぽく見えるのは、写真屋で現像してもらうときに焼いてもらうCD−ROMのデータを使っているからなのでしょうか・・・(^_^;?
yamataka
2007/03/19 11:51
ケイさんこんにちは!
ケイさんのブログでも記事の告知くださってありがとうございますo(^-^)o

FGのシャッター音については、だいぶ前に個人で作っておられるホームページに書いてあったのを見たものなので、メーカーが公式に言っていることなのかどうか定かではないのですが、FGの前のモデルであるEMとは明らかに音も感触も違いますよ。
後継モデルのFG20は触ったことがないので分からないのですがどうなんでしょうか・・・(^_^)
yamataka
2007/03/19 11:54
さささんこんにちは!
引越しもようやく落ち着かれたようですね・・・(^-^)
これからまたどんどん新しい記事をアップされること、期待していますよ!
さささんのFGで撮った写真、見てみたいなぁ・・・♪
是非、カールツァイスとの組み合わせでお願いします(笑)!
yamataka
2007/03/19 12:02
おおFGだ〜〜
「シャリン♪」ってひょっとしてFAとかその辺のシャッター音と一緒かな??
それだったら私も好きな音です。
今度中古カメラ屋でほどほどにさわってみます(笑)
Ai Nikkor 50mm F1.8Sとも似合ってますね。
広角堂
2007/03/19 22:42
広角堂さんこんにちは!
FAも「シャリン♪」でしたか(^o^)
私が所有しているマニュアルニコンの中ではFGが一番発売時期が新しいのでそれ以降のマニュアル機は触ったことがなかったのですが、もしかしたらFG以降のマニュアルニコンはみんな「シャリン♪」なのかもしれませんね^^

「シャリン♪」
いい音ですよねー(^_^)♪
yamataka
2007/03/20 14:30
綺麗な写り方!
胸に訴えてくるものはなんでしょう?
歴史を経てきたカメラからの画像は、深みがありますね。
aya
2007/03/26 16:32
ayaさん、ありがとうございます。
このカメラが一番つき合いが長いので、やはり一番手にしっくりくるというか、なじんでしまっているところがあります。
出会ってもう四半世紀ですから・・・(笑)
yamataka
2007/03/26 23:33
いや〜EMは触ったことないので、なんともいえないけど、FM、次F2だったけど、海外でとにかく目立たないカメラという事を念頭に行き着いたのがFG−20。F2は機械的に凄いけど、スナップ撮影には不向き。レンジファインダーかの有名なライカMより、シャッタータイムラグ短いなれど、音はかしましい!
Eシリーズ独特な雰囲気でギミック大いにあり、大好きになりました。
ただ・・・このシリーズ「女性専科」と言われただけあって、内外問わず、若い女性に見せると、触りまくられ(喫茶店店員、あるいは知り合い女性などに無駄なシャッター切られました)ました。
みんみん
2010/03/03 09:47
みんみんさんはじめまして!
古い記事にコメントくださり、ありがとうございます♪
FG-20は触ったことがないのですが、確かEMよりも軽いカメラでしたよね。
(間違っていたらごめんなさい!)
EMから始まるこのシリーズ、今でいうD40〜D3000のシリーズにも通じるコンパクトで魅力的なモデルだと思うんですけど、FG-20以降は後継モデルが出ませんでしたね。FGは今見てもデザイン、サイズ、使い勝手等含めて非常に魅力的なモデルだと思うんですけどね〜

ちなみに、私は、

>若い女性に見せると、触りまくられ(喫茶店店員、あるいは知り合い女性などに無駄なシャッター切られました)ました。

という経験は残念ながら一度もありませんでした(笑)
yamataka
2010/03/03 10:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
我が家の銀塩カメラたち【第1回 ニコン FG】 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる