モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤフオク必勝(?)法 (注:昔書いた記事です)

<<   作成日時 : 2007/02/08 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像




≪この記事は2004年3月10日、当時仲間内で作っていたホームページに掲載した記事を掘り起こしてきたものです。原文のまま掲載しています。
現在のYahoo!オークションとはシステムが異なっている可能性もありますのでご了承下さい≫


ここまで来ればもう立派な病気であろう。
また時計を買ってしまった。。。

突然、茶色の革ベルトで金張りの時計が欲しくなった。
まさに突然である。
なぜ「それ」が欲しくなったのか、いまだによく分からない。

ただ、欲しくなったといっても先立つもの(福沢諭吉クン)がない。
ここは得意のネットオークションで探してみるかと、パソコンの電源を立ち上げ物件を探し始めた。

予算は2万円前後。
無駄遣いはしたくないから(笑)、それ以上するようなら買わないと心に決めて探してみた。
値段的に国産だろうと考え、セイコーのアンティークを中心に物色していたが、なかなかこれといったものが見つからない。
セイコーのアンティークは何本か持っているがだいたい黒革ベルトでケースも銀色である。
茶色の革ベルトに金色のケースの時計はほとんどといっていいほどなかった。
あっても金無垢の成金趣味まる出しのやつとか。
 (そもそもそんなのは2万円前後ではないのだが)

海外ブランドでも、パテック・フィリップやバセロン・コンスタンチンなどの超高級ブランドにはそういった時計はあるが、2万円前後という低予算ではなかなか気に入ったものが見つからない。

しかしあった。
ロンジンである。
ロンジンといえば、今でこそちょっとオッサンくさいイメージもあり、時計雑誌などでの扱いも不当に低いが、昔はロレックス(古い人はローレックスと発音する)やオメガ、インターナショナルなどと並ぶれっきとした高級ブランドである。
しかも昔のモデルの方がいい機械を使っていたらしく、現行モデルより評価が高い。
品格もある。
しかも値段はそれほど高くない。

よし、ロンジンにしようと決めて、再度物色を始めた。
しかし、安いといってもさすがに2万円前後ではなかなか落札しないようだ。
1本だけ、11,000円というかなり安い値段で落札していた時計があった。
かなり状態もよさげで俺もちょっと欲しいと思ったのだが(笑)、それは黒革ベルトに銀色のケースのやつだった。
今回のコンセプトからは外れるのでそれは泣く泣く諦めた(笑)。

いくつか目ぼしいものをチェックしていたがどれも予算的に厳しいので、なかば諦めかけていた。

翌日、会社から帰ってきて何気なくオークションを見てみたら、かなりコンディションのよさそうなアンティークのロンジンが落札まであと5分と迫っていた。
しかしその時点で値段は既に38,500円。
予算の2万円から大きくかけ離れている。
当然、その時点で諦めるのが普通であろう。
だがこのときの俺はどうかしていた。
何かに憑りつかれていたとしか言いようがない。
ここまで、この商品は2人の入札者が争って値段を吊り上げていっており、38,500円になった時点で一方が争いから退いた状態であった。
ここでさくっと俺が取ってしまったらこれほど痛快なことはないではないか。
よし、取ってやろう。
 (おいおい!)

もともと私はネットオークションではすぐに入札はせずに、ぎりぎりまで様子を見て、ラスト30秒を切ってからズバッと入札する戦法を取っている。
汚ないと思われるかもしれないが、真剣に狙っているものであればわざわざ途中で自ら値段を吊り上げる必要はないではないか。
安く手に入れる方がいいに決まっているのだから。

今回はその習性が裏目に出た。
ラスト5分という表示を見るとなぜか闘志がふつふつと湧き出てきてしまったのである。
ここで俺が取らなければ、という強迫観念に駆られたとでも言おうか。
ラスト1分、ここでいくらで入札すれば勝てるだろうと考えた。
40,000円ではどうだろうか?
 (もしもーし、予算の倍になっているんですけど・・・)
いや、敵も40,000円までは出してくるだろう。
さらに相手もこちらが40,000円出すことを考慮してぎりぎりのところで40,500円出してくるかもしれない。
では、その裏をかいて41,000円では?
 (あのー、だから2万円越えたらやめるんじゃ・・・?)
いや、敵も当然そこまで想定して、41,000円、いや41,500円まで入れてくるかもしれない。
ならばこちらはさらにその上を行って42,000円で行ってみよう。
もしそれでだめだったら諦めもつくだろう。
 (遅すぎるっちゅうねん!)

上記のことを30秒ほどの間に考え、ラスト30秒を切った時点で42,000円と入力、「入札する」ボタンを押したときにはラスト10秒であった。

結果は、41,000円で俺が落札した。
案の定、敵は40,500円まで入れていた。
ある意味こちらの読み通りだった。
俺は勝ったのだ。
こんなに嬉しいことはない・・・(アムロ・レイ風に)

だが、この勝利の喜びと引き換えに、予算を2万円もオーバーした支払いと、古い腕時計だけが手元に残った。。。

1960年代初期の手巻きのロンジン、なかなかいい味を出している。
40年前の時計とは思えないくらい。
2060年まで大事に使おうと思う。


はぁ、それにしても、あと5分、家に帰るのが遅かったらこんな出費はしなくてすんだんだろうなあ。。。
ちょっと後悔(^o^;


しかし、この後さらに時計を買うことになるとは・・・(゚Д゚;


■今回のお買い物

品名 LONGINES 手巻きのアンティーク腕時計(1960年代前半)
価格 41,000円
購入した場所 Yahoo!オークション

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
入札終了時間間際の攻防の臨場感が伝わってきました(^-^

ネットオークション、もうコイツ無しの生活なんて考えられません。
昔だったら業者に叩かれて大損するようなシチュエーションでも、今なら直接全国の参加者を相手に個人的に売買出来るのですから...
私も車のパーツやカメラのアイテム、マニアグッズ(?)までいろいろと取引しています。
オークションのおかげで、新しいモノを最小の現金持ち出しでいろいろ楽しませてもらっています。


ささ
2007/02/08 17:50
楽しく読まさせていただきました!
私はネットオークションをやらないのですが臨場感が伝わってきました。
ちなみに私の場合、友人に頼んでしまいます。これいくらで落として〜って。大概駄目ですけどね。
ネットオークションがすごいと思ったのは、母の誕生プレゼントに20年前の電子オセロゲームをGETしようと考えた時です。何と新品同様のモノが出品されてる!!
買おうと思う方もどうかしていますが、ある所にはあるもんですね。
この時は残念ながら予算に合わず諦めました。 同額出してDS買いましたから。(脳トレ付き)
Silva
2007/02/08 21:27
へー!!オークションってそういう頭脳プレーの駆け引きがあるんですねー!
文章力に感動しながらワクワク楽しく読みました★
ほんと、欲しいものが簡単に買える便利な世の中になりましたよね(^^)
ひか
2007/02/09 00:02
こんにちは!
さっそく希望にお応えいただけてうれしいです!
ほんとに臨場感を感じながら読ませてもらいました!
でも駆け引きが苦手なじぶんには難しそうです。
いつかは不要なものの処分に使ってみたいのですが、
そのときはテクニックほか伝授をお願いします!
ケイ
2007/02/09 00:19
さささんこんにちは!

私も今は少し沈静化しましたが、一時期はホントにハマっていました。
本当にどうしても必要なものでなくてもつい落札してしまっていました(笑)
おかげで今になって、「なんでこんなもんがうちにあるんだろう??」っていうものが転がっていたりします。

カメラ関係でいえば、親父が昔買ったニコンFGとレンズ2本、それに昨年新品で買ったレンズ2本と今まで買ってきたデジカメ以外のカメラ、レンズはすべてヤフオクで落札したものです(^_^;

でもオークションって見てるだけでも楽しいですよね。
けっこう商品勉強になったりします。

ところでさささんの落札したマニアグッズ、気になる・・・(笑)
yamataka
2007/02/09 13:17
Silvaさんこんにちは!

ネットオークションも沼の世界ですよ(^^;
でもたまに掘り出し物があるのでなかなかやめられないんですよね。。。

あとさささんも書いていますが、自分がモノを売るときにオークションは絶対にお得です。
大儲けしようとさえ思わなければ、お店に下取りに出すよりもはるかに納得のいく価格で落札してもらえますから。。。

と、えらそうに書きましたが、実は私、今まで落札専門で出品したことないんです・・・(^o^;
yamataka
2007/02/09 13:39
ひかさんはじめまして!!
書き込みありがとうございます!

ネットオークションやり始めた頃は、自分が狙っている商品がまだまだ落札時間まで余裕があるにもかかわらずすぐに入札してました。
自分で自分が欲しいものの値段をつり上げてしまってたんですね(^^;

これからもいろんなテーマでモノや趣味にまつわる記事を書いていきたいと思っていますので、是非これからもブログに遊びに来て下さいね(^o^)/!
yamataka
2007/02/09 14:02
ケイさんこんにちは!

きっとあまり参考にならなかったと思いますがいかがでしたでしょうか(^^;?
私もまだ自分から出品したことはないのですが、今年の目標として、「家の中の不要なものをオークションに出品して部屋をすっきりさせる(笑)」というのを掲げていますので、是非取り組みたいと思っています。
そして、ヤフオクネタ第2弾をいつかここで書きたいと思います!
yamataka
2007/02/09 14:25
私の友人は要らないモノを3点くらい売りさばいて、そのお金で欲しいモノを落札しているようです。
ある意味賢い消費者と言えます。
でも、発送の段取りとか面倒くさいから私はパスです。
Silva
2007/02/09 23:08
そうなんですよ。
私もなんで出品したことがないかというと、落札者とこまめに連絡取ったり、商品を梱包して発送の手続きをするのがどうしても面倒くさいなあと思ってしまうからです。
いい加減にすると悪い評価をつけられちゃいますからね(^^;
yamataka
2007/02/10 12:21
さささん

フレンドリクエストありがとうございました。
気づくのが遅くなってしまってすみませんでした。
同じニコンFGユーザーとして、いろいろ情報交換も出来たらと思っています。
これからもよろしくお願いします。
yamataka
2007/02/10 13:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ヤフオク必勝(?)法 (注:昔書いた記事です) モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる