モノと趣味にまつわるエトセトラ

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成のリトルニコン、D40

<<   作成日時 : 2007/02/02 00:46   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 11

ブログを始めたはいいが、つたない文章と写真で、自分でも後で読んで恥ずかしくなってくるので(苦笑)、ちょっと他の人のブログを参考にしようと思って巡回しておりました(^_^;
みなさん、文章も写真も上手で、思わず引き込まれて読みふけってしまいました。

以前からよく読ませてもらっていたブログに昨日、初めてコメントを書き込みしました。
その方はニコンD40を所有されているのですが、その方のブログを読んでみるとD40に対する感覚が非常に共感できる部分があったので、前から一度書き込んでみたいと思っていたのでした。

私はD80が一番気に入っていたので買いましたが、実はD40もとても気になるカメラでした。
何よりデザインがいい。
D80も最近のニコン一眼レフの中ではとてもいいデザインだと思いますが、D40は小型化された分、ぎゅっと凝縮感があって非常にまとまりのあるデザインになっています。
特にD80からよくなってきて、D40でさらに洗練されてきたなあと思っていたのがペンタ部分のデザインだったので、そのブログの方が私が感じていたこととまったく同じことを書かれていたことから、非常に(一方的に、笑)共感を覚えたのでした。

さて、この優れたデザインのD40は、そのコンパクトでかわいらしいサイズも相まって、雑誌等で「平成のリトルニコン」と呼ばれたりしております。
「リトルニコン」とは、1980年(昭和55年)、当時のニコンが、「女性専科」を合言葉に、女性のユーザーにも好んで使ってもらえるような、小さくて可愛らしい一眼レフを開発しよう、ということで作られた「Nikon EM」というカメラでした。
デザインはほぼ同時期にデビューしたフラッグシップ機、F3と同様、ジウジアーロが手がけています。
なので、F3のテイストも残しつつ、それをふたまわりほど小さくしたことによって、凝縮感が出て、むしろF3よりもまとまりのあるデザインになっていました。




画像
平成のリトルニコン≪D40≫



画像
元祖?リトルニコン≪EM≫




D40を見たとき、最初に感じたのが、「これはデジタル・リトルニコンやなあ」でした。
もし自分がD40を使うとすれば、あえてコンパクトな単焦点レンズを装着して、お散歩カメラにしてみたいですね。
現行のニコンの単焦点のラインナップでは、AF-Sモーターの付いたレンズはほとんどないのでAFは効きませんが、私の場合はマニュアルフォーカスのカメラを使ってきていたので、その点は全然気になりません。
むしろD80にもマニュアルレンズを付けて遊んだりしているので、露出を自分で調節しながら撮るのもおもしろいかなあと思っています。
マニュアルのお気に入りレンズAi Nikkor 50mm F1.8Sを付けたらとても似合いそう(^^)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
純正45mmに決定
 いろいろ迷った末に、純正のAi Nikkor 45mm f/2.8Pに決定した。実は、写真仲間の一人(レンズフェチ!)が新品同様のフォクトレンダーULTRON 40mm F2 SLを格安で譲ってもいいよと言ってくれていたんだけれど、結局、画質よりもD40/70でも露出計が作動することを優先しAi Nikkor 45mm と相成った次第である。 ...続きを見る
郷秋<Gauche>の独り言
2007/02/18 15:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
こちらでは、初めましてですね!
コメントありがとうございました!わたくしもこの記事にとても共感を覚えました!(笑)
D40のデザインに関して同じ感想を持たれているかたがいてうれしいです!記事のアクセスは多かったのですが同じように思っているのか、そんなことないよと思っているのか以外とデザインに関する記事のコメントがないのでした。
ブログのトップページ右側にに「テーマ」という項目がありそこに「ニコン」というカテゴリーからニコン関係の記事一覧ができます。
D40がでるとは思ってなかったので、D80をリトルニコンなんて評も書いてますが、コメント欄でD40が現代のリトルニコンと訂正してたりします。(笑)
ケイ
2007/02/02 21:29
ケイさん、書き込みありがとうございます!
初めてコメントを頂けたので感激です!
そうです、今日の記事はケイさんのブログを読んで、同じことを感じてる方がいたんだと嬉しく思っていつか書きたいと思っていたものなんです。
12月17日のケイさんの記事は読んでましたよ!
あの写真を見て、D40にAi Nikkor 50mm F1.8Sが似合うことを確信しました(笑)
このレンズは、私にとっては最初のニッコールレンズなのでとても思い入れがあるのです。
(上の記事の写真のEMに付けているレンズがそうです)
ここは「モノと趣味にまつわるエトセトラ」ですので、このレンズについてもいつか書きたいと思っています。
是非またときどき遊びに来て下さいね!!
yamataka
2007/02/02 23:13
こんにちは。ケイさんのトコからとんできました(^-^
私もD40と、EMではありませんがFGを愛用しております。
漠然とながら、D40とFGはなんとなく共通性があるなぁなんて感じながら楽しく使っています。

D40は中身が濃くかなりマニアックな楽しみ方も出来て、しかも画質が良いので非常に満足度が高いですよね!
またおじゃまします。

ささ
2007/02/03 09:22
どうもありがとうございます!
17日の記事も読まれてましたか!
50mmF1.8もお持ちだったのですね!
このレンズ自分にも思い入れがあって、
2005年10月30日の記事に書いています!
もしよろしければ!
ケイ
2007/02/03 18:13
さささん、コメントありがとうございます!
私もケイさんのブログから飛んで、さささんのブログも見てました(^^;
ディスタゴン2.8/2.5をお持ちなのですよね?
これ、私も非常に興味のあるレンズです。
うらやましいです(^^)
しかも、FGは私が初めて手にした一眼レフカメラで、今も所有しています。
Ai Nikkor 50mm F1.8Sとともに、私を一眼レフ、しかもニコンの世界へと誘った大切なカメラなのです。
F40は画素数を600万画素に抑えたことがいい方向に作用しているようですね。
一見、初心者向けのように見えて、マニュアルレンズを使用する人にとってはむしろ昔の露出計もない時代のカメラと同じような使い方が出来るので、露出の勉強にもなるし、軽量コンパクトな分、持ち出す機会も増え、結果的にいい被写体に巡り会う機会が多くなるのではないかと思います。
ああ、書けば書くほど、D40、欲しくなってきました(笑)!!
またこのブログにも遊びに来て下さいね。
さささんのブログにもおじゃまさせてもらいますね!
yamataka
2007/02/04 07:44
ケイさん、コメントありがとうございます!
私にとっては親父が買って来たニコンFGとAi Nikkor 50mm F1.8Sが、一眼レフとの出会いでした。
それからはいわゆる「レンズ沼」というやつにも足を踏み入れかけ(苦笑)、ボディもいつの間にか増えていましたが、一眼レフはニコンオンリーで今まで来ました。
このあたりのことはこれから徐々にブログで書いていきたいと思っています。
カメラや写真が好きで、カメラ業界の情報は雑誌やらインターネットやらでいろいろ仕入れてきましたが、ケイさんのブログに出会ってからは、あちこち他を見なくてもだいたい業界の流れが分かるようになりました(笑)
これからも毎日(プレッシャーをかけてるわけではありませんよ、笑)、楽しみにしています!
yamataka
2007/02/04 07:56
上の私自身のコメントで、D40をF40と間違って書いてしまいました・・・(^o^;
yamataka
2007/02/04 10:40
こんばんわ。
ケイさんのブログからやって参りました。
D80をお使いのようですがD40にも気があるようで(笑)
D40は「気軽に使えるお散歩カメラ。でも本格的にも使えるよ。」って感じです。
持ち歩きに邪魔にならないサイズがGoodです。(コンパクトカメラに比べたら駄目ですよ)
Silva
2007/02/04 21:13
Silvaさん、コメントありがとうございます!
実はSilvaさんのブログも以前から見させて頂いていました。
『Capture NX 完全ガイド』の話の最後のオチ、私もあの本を見たとき同じことを思っていましたよ(笑)
D40は大きさもさることながら、何よりモノとして手にとってみたくなるデザインが秀逸だと思います。
しかも画質もいいみたいですし。
D80を買ったばかりだしこれもすごく気に入っているのでさすがに買えそうにないですが・・・(^^;
っていうかもっとD80を使いこなせよって言われそう。。。

まだまだブログにも慣れていないので書き込みも不定期だし文章もお粗末ですが、時間とネタを見つけてどんどん書いていきたいと思っているので、また時々遊びに来て下さいね!
yamataka
2007/02/05 09:43
初めまして。
やはり多くの方がD40にかつてのリトルニコン、EMの
姿を重ねられているようですね。
D40に対しては、特にAF-SレンズでしかAFが作動しな
いことが「非難」されているようですが、EMも絞り
優先AEしか使えないことやニコンとして初めて使った
外皮のプラスチックについて随分と非難の声が上がっ
ていたように記憶しています。
これも名機の宿命と言えるのかも知れませんね。
http://www33.ocn.ne.jp/~musica/essay_blog.html
郷秋<Gauche>
2007/02/18 15:29
郷秋さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
郷秋さんのおっしゃるとおり、D40は単にコンパクトであるということだけではなくて、機能が一部制限されている点や、逆にそれがマイナスポイントとならず、意外とプロ機を使うような人たちからもサブカメラとして使用されたりする点も、EMを思い起こさせる部分があって、まさに「現代のリトルニコン」と言えると思います。

郷秋さんはAi Nikkor 45mm f/2.8Pを購入されたんですね。
これだったらD40やD80でも露出計が作動するから便利ですよね!
D40とEMの2ショット写真、初めて見ました。
こうして見ると、あんなにコンパクトに感じられるD40よりも、EMの方がさらにコンパクトなんですね。。。
yamataka
2007/02/18 17:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平成のリトルニコン、D40 モノと趣味にまつわるエトセトラ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる